ニュース
» 2016年08月11日 11時35分 公開

神々しい! 生後2週間のクジャクが象徴的な羽広げポーズを披露

見よ、この気品。

[Kikka,ねとらぼ]

 生後2週間のクジャクが成鳥顔負けの羽広げポーズを披露。Twitterで2900件以上リツイートされるなど話題となっています。


京大クジャク メスも羽をひろげるので性別はまだわからない

 あどけない表情ながらも、立派に羽を広げるクジャクのヒナは京都大学クジャク同好会(@KU_peacock)の皆さんが卵からかえしたもの。「一般人がクジャクを飼えるの?」と思う人もいるかもしれませんが、クジャクの卵はインターネットのオークションなどで売買されており、誰でも飼育することができます。


京大クジャク 生まれたてでも気品が漂っている

 同好会が卵からヒナをかえしたのはこれで3回目だといい、市販のふ卵器に卵を入れて37.8度を保ちながら5〜6時間おきに転卵(卵を回転させること)すれば、28日ほどでヒナが生まれます。ヒナを育てるうえで大切なことは温度管理と適度に遊んであげることで、あまり構ってあげないと人間のことを忘れてしまうそうです。


京大クジャク京大クジャク 自然すぎるコラボ

 まだ名前のないヒナですが先輩クジャクの「サカタニ(オス)」「スカイレインボーハリケーンゴッドフェニックス(メス)」と続けて名前を呼んだ時に、語呂が良い名前にしたいとのことです。なんだかスゴイ名前になりそうですが、元気に育ってね。

画像提供:京都大学クジャク同好会(@KU_peacock)さん

(Kikka)


関連キーワード

たまご | 京都大学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声