ニュース
» 2016年08月22日 08時00分 公開

【閲覧注意】サンゴが膨れ上がって共生生物を噴き出していく…… 「白化」を豪大学が映像にとらえる

サンゴの死につながる可能性のある現象。海面水温の上昇により生じます。

[ねとらぼ]

 オーストラリアのクイーンズランド工科大学が、サンゴの「ブリーチング(白化)」と呼ばれる行動を初めて撮影したと発表しました。

 ブリーチングは、熱ストレスに対するサンゴの物理的な反応。同大学が公開したタイムラプス動画では、「パラオクサビライシ」(イシサンゴの一種)が膨らんだり縮んだりし、色を変えながら何かを出しているように見えます。サンゴの体内に住んでいる共生生物(褐虫藻)を噴出していると、研究者は説明しています。

パラオクサビライシのブリーチング(論文より)

 実験では、10リットルの水槽にサンゴを入れて12時間かけて26度から32度まで水温を上げ、海面の水温上昇をシミュレート。サンゴは最大で8日間、水槽に入れられました。水温を上げてから2時間で、サンゴは褐虫藻を噴き出し始めます。通常のサイズの340%にも膨れ上がり、突然乱暴に収縮して藻を噴き出したと研究者は報告しています。

 サンゴは褐虫藻を保護し、褐虫藻は生成した糖の余りをサンゴに提供するという共生関係にあり、ブリーチングは海水温の上昇によって両者の関係が崩壊したときに起きることが知られていました。環境が急速に通常の状態に回復すれば、サンゴは再度褐虫藻を取り入れるかもしれませんが、褐虫藻を失ったままだとサンゴは死んでしまうとのこと。

 4月には豪ジェイムズクック大学が、グレートバリアリーフの93%がサンゴのブリーチングの影響を受けているとの調査結果を報告しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」