ニュース
» 2016年08月22日 08時00分 公開

【閲覧注意】サンゴが膨れ上がって共生生物を噴き出していく…… 「白化」を豪大学が映像にとらえる

サンゴの死につながる可能性のある現象。海面水温の上昇により生じます。

[ねとらぼ]

 オーストラリアのクイーンズランド工科大学が、サンゴの「ブリーチング(白化)」と呼ばれる行動を初めて撮影したと発表しました。

 ブリーチングは、熱ストレスに対するサンゴの物理的な反応。同大学が公開したタイムラプス動画では、「パラオクサビライシ」(イシサンゴの一種)が膨らんだり縮んだりし、色を変えながら何かを出しているように見えます。サンゴの体内に住んでいる共生生物(褐虫藻)を噴出していると、研究者は説明しています。

パラオクサビライシのブリーチング(論文より)

 実験では、10リットルの水槽にサンゴを入れて12時間かけて26度から32度まで水温を上げ、海面の水温上昇をシミュレート。サンゴは最大で8日間、水槽に入れられました。水温を上げてから2時間で、サンゴは褐虫藻を噴き出し始めます。通常のサイズの340%にも膨れ上がり、突然乱暴に収縮して藻を噴き出したと研究者は報告しています。

 サンゴは褐虫藻を保護し、褐虫藻は生成した糖の余りをサンゴに提供するという共生関係にあり、ブリーチングは海水温の上昇によって両者の関係が崩壊したときに起きることが知られていました。環境が急速に通常の状態に回復すれば、サンゴは再度褐虫藻を取り入れるかもしれませんが、褐虫藻を失ったままだとサンゴは死んでしまうとのこと。

 4月には豪ジェイムズクック大学が、グレートバリアリーフの93%がサンゴのブリーチングの影響を受けているとの調査結果を報告しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声