ニュース
» 2016年08月22日 08時00分 公開

【閲覧注意】サンゴが膨れ上がって共生生物を噴き出していく…… 「白化」を豪大学が映像にとらえる

サンゴの死につながる可能性のある現象。海面水温の上昇により生じます。

[ねとらぼ]

 オーストラリアのクイーンズランド工科大学が、サンゴの「ブリーチング(白化)」と呼ばれる行動を初めて撮影したと発表しました。

 ブリーチングは、熱ストレスに対するサンゴの物理的な反応。同大学が公開したタイムラプス動画では、「パラオクサビライシ」(イシサンゴの一種)が膨らんだり縮んだりし、色を変えながら何かを出しているように見えます。サンゴの体内に住んでいる共生生物(褐虫藻)を噴出していると、研究者は説明しています。

パラオクサビライシのブリーチング(論文より)

 実験では、10リットルの水槽にサンゴを入れて12時間かけて26度から32度まで水温を上げ、海面の水温上昇をシミュレート。サンゴは最大で8日間、水槽に入れられました。水温を上げてから2時間で、サンゴは褐虫藻を噴き出し始めます。通常のサイズの340%にも膨れ上がり、突然乱暴に収縮して藻を噴き出したと研究者は報告しています。

 サンゴは褐虫藻を保護し、褐虫藻は生成した糖の余りをサンゴに提供するという共生関係にあり、ブリーチングは海水温の上昇によって両者の関係が崩壊したときに起きることが知られていました。環境が急速に通常の状態に回復すれば、サンゴは再度褐虫藻を取り入れるかもしれませんが、褐虫藻を失ったままだとサンゴは死んでしまうとのこと。

 4月には豪ジェイムズクック大学が、グレートバリアリーフの93%がサンゴのブリーチングの影響を受けているとの調査結果を報告しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む