ニュース
» 2016年08月25日 22時29分 公開

歩けない人と健常者でタッグを組む「ポケモンGO」イベント開催 チームでポケモンの捕獲数を競う

歩行が困難な人も健常者もみんなパーソナルモビリティ「WHILL」に乗って移動。ポケモンGOの新たな活用例?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 歩行が困難な人と健常者がタッグを組んで、スマホゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」における捕獲数を競うイベント「WHILL DE GET」が、8月27・28日に東京都千代田区で開催されます。

WHILL DE GET イベント「WHILL DE GET」(ロゴにモザイクがかかっていますが、イベントの開催自体にはナイアンティック社から許可をもらっているとのこと)

 ポケモンGOを運営するナイアンティック社の許可と、パーソナルモビリティ「WHILL」を販売するWHILLの協力のもと、NPO法人デジタルウェルネスが企画。イベントでは障害者と健常者1人ずつのチームを作り、2チームで対戦します。4人全員でWHILLに乗りながら周辺を散策し、時間内にポケモンGOで相手より1匹でも多くのポケモンを捕まえたチームが勝利。事故防止のためチームごとにボランティアも1人つきます。

WHILL DE GETWHILL DE GET 「WHILL」(左)とポケモンGO(右)

 「障がい者と健常者が同じモビリティに乗って、『ポケモンGO』のプレイという同じ行動を同じ視点・速度で楽しむことで、仲間意識が育まれるのでは」とデジタルウェルネスの小峯啓友さん。

 もともとTwitterで筋繊維痛症を抱える車椅子ユーザー・@haruumare345さんが、「歩ける人もそうじゃない人も、みんなWHILLに乗ってポケモンGOでわいわい楽しもうよ」と発案しているのを見つけて企画がスタート。WHILLのある担当者も、モビリティに乗ることで健常者もゲームが快適に楽しめるとツイートしていたことから、小峯さんが両者にコンタクトを取り、@haruumare345さんのアドバイスのもと開催に至ったそうです。

 27日と28日それぞれ10時〜、13時〜、16時〜の計6回開催、各回定員は4人まで(歩行困難者2人と健常者2人)。応募や詳細はデジタルウェルネス公式サイトから。ポケモンGOのユニークな活用例として注目したいところです。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響