ニュース
» 2016年09月05日 21時41分 公開

「スペースチャンネル5」がVRで帰ってくる! 「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー」東京ゲームショウに出展決定

チャンネルはそのまま。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 今より約15年前に発売された、セガの音楽ゲーム「スペースチャンネル5」。テレビ局のリポーターである主人公「うらら」が、歌と踊りでさまざまな難(珍?)事件を解決していくという内容のゲームでした。そんなゲームが「あらかた15周年」となった今、VRとして帰ってきます。その名も「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー」。


スペースチャンネル5 モロ星人!モロ星人じゃないか!

 今回のスペースチャンネル5は、いつもながらの音楽ゲームとしてではなく、番組閲覧者の1人として主人公「うらら」のリポートショーを体感するVRコンテンツとなっています。自分の目の前を通り過ぎる「うらら」の姿や、オリジナルゲームでは知り得なかった番組製作の舞台裏が垣間見れたりと、VRならではの新しい楽しみ方を提供するコンテンツにしていきたいとのこと。

 また、セガゲームスは東京ゲームショウ2016内のKDDIブースにてデモ版を展示すると発表しており、ここではいち早くデモ版のVRショーを体感することができます。なお、この「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー」ですが、製品版の発売日及び対応ハードは未定とのこと。


スペースチャンネル5 初代「スペースチャンネル5」(Amazon.co.jpより)

(大里ミチル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声