ニュース
» 2016年09月09日 14時14分 公開

フランス・ウドン城でうどんを食べるイベント開催 うどん県がうどんで世界へ羽ばたく

仏料理のシェフによるフレンチ風うどんも振る舞われます。

[コンタケ,ねとらぼ]

 JALパック・パリ支店は9月10日〜9月11日まで、フランス西部・ナント近郊のウドン市にある中世の古城、ウドン城(OUDON フランス語での発音はウドン)で日仏文化交流イベントを開催します。日本の食文化の紹介を軸としたイベントで、日本のうどんを食すというイベントです。駄じゃれじゃねえか。


ウドン城 ウドン城(画像はJALパック公式サイトより)

 同イベントは、フランス・ロワ−ル・アトランティック県アンスニ&ウドン市観光局・ウドン城、CLAIR 自治体国際化協会パリ事務所の他、香川県が支援して実現しました。うどん県の野望が、ついにここまで。

 日本サイドからは香川県観光誘致ブース設定、うどんに関するパネル展示、特産品の紹介に加え、パリ・シャンゼリゼの手打ちうどん“喜心”が参加し、現地でのうどん販売とうどん作りのアトリエ設定を行います。同時に、ナント地区で活躍する仏料理のシェフによる、フレンチ風うどんも振る舞われます。うどんがどのようにアレンジされるのか、興味深いですね。

 今回は記念すべき1回目のイベントとして、特別にウドン城の中庭を開放してイベントが催されます。和食ブームであるにもかかわらずフランスではあまり知られていない”うどん”を現地の人々に知ってもらうことが目的。また、うどんを食べるだけでなく、ウドン城見学や、ロワ−ル川クル−ズも催されます。


ロワール川 ロワール川

 料金などは、以下の通り。

  • 一般参加料:110ユーロ(約1万3000円)、12歳未満80ユーロ(約9200円)
  • JAL FAMILY CLUB会員:80ユーロ、12歳未満70ユーロ(約8000円)
  • うどんセット券:23ユーロ(約2700円/うどん1食・ロワ−ル川クル−ズ・ウドン城見学)
  • うどんクーポン:8ユーロ(約900円/うどん1食)

 フランスではカニカマが多く消費されているため、うどんも期待できそうです。数年後には、フランスでうどんをすするのが一般的な光景になっているかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」