ニュース
» 2016年09月09日 20時24分 公開

警視庁Twitterのユルい中の人「甲」さんが異動に 「とうとうこの日が」と別れを惜しむ声も

最後に「ミクさんマジ天使」と意味不明な供述も。

[ねとらぼ]

 フリーダムなツイートで人気を博していた、警視庁犯罪抑止対策本部(@MPD_yokushi)の担当者「甲」さんが、9月9日をもってTwitter担当から離れることを発表しました。突然の告知に、Twitterでは「とうとうこの日が来てしまったのですね」「ほんとにお疲れ様でした」など、別れを惜しむ声や、これまでの労をねぎらう声が多く寄せられています。


警視庁Twitter 警視庁犯罪抑止対策本部(@MPD_yokushi

 甲さんは9月9日、Twitterで警視庁から異動の命令があったことをツイートし、「本日をもちまして本職は閉局いたします」と、フォロワーにTwitter担当を離れることを報告しました。また「ミクさんマジ天使ということで、この曲をお届けしてご挨拶に代えさせていただきます」と、なぜか初音ミクが歌う「蛍の光」の動画も投稿。最後までフリーダムっぷりを見せつけました(ちなみに伴奏のトランペットは甲さん本人によるもの)。




警視庁Twitter 最後になぜか初音ミクの歌う「蛍の光」を投稿

警視庁Twitter トランペットは甲さんが演奏。こ、この音は……

 警視庁犯罪抑止対策本部の公式アカウントが誕生したのは2011年のこと。当初は犯罪情報などを淡々と発信するだけのアカウントでしたが、開設から1年ほどたったあたりから方針を転換し、担当者の日常ツイートも投稿するように。こうしたツイートを主に行っていたのが「甲」さんでした。

 甲さんはTwitterを担当していた4年間を振り返り、「この4年間は、妻の協力なくしてはあり得ませんでした。炎上のリスクと隣り合わせの日々を支えてくれたのは妻でした。これでようやく妻も平穏な毎日を取り戻すことができることと思います」と、陰で支えてくれた妻への感謝も述べています。




 詳しい異動の理由や、今後のアカウント運用など詳細については不明。警視庁広報にも問い合わてみましたが、既に当直の時間になってしまっているため事実確認には時間がかかりそうとのことでした。



追記

 記事掲載後のツイートをいくつか追加しました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」