ニュース
» 2016年09月13日 18時30分 公開

「バハムート」「イフリート」「アルデバラン」 ホウレンソウの品種名が強そうと話題に なぜこんな名前に?

野菜の土の匂いが皆無なホウレンソウたち。名付けている住化農業資材に理由を聞いてみた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ジャガイモなら「メークイン」「男爵」、トマトなら「桃太郎」「りんか409」など、品種ごとにさまざまな名前が付けられている野菜たち。そのなかでも住化農業資材が開発しているホウレンソウの品種名が飛び抜けて“強そう”だと、先日Twitterで注目を集めた。

ホウレンソウ 住化農業資材のホウレンソウたち。バハムートにチェックメイト、だとぉ!?(住化農業資材公式サイトより

 品種名を並べると、「バハムート」「イフリート」「ルーク」「ビショップ」「チェックメイト」「ペルセウス」「アルデバラン」……神話の魔獣やチェス用語、星座の名前。ゲームやマンガに出てくる召喚獣や敵の幹部みたいで、確かにめちゃくちゃ強そうだ。8月末にあるTwitterユーザーが「ホウレンソウの品種名は皆やたら強そうなのだが、その中でも住友化学は飛び抜けて強い」と指摘したところ、1万5000回以上リツイートされるなど大きく共感を呼んだ。

 野菜の名前ってこんなに自由に付けていいものなの? 住化農業資材に聞いてみたところ、「特に品種の名前について、法律や業界ルールは存在しません。住化農業資材では、品種を開発した担当者がそれぞれのセンスで名付けるようになっています」。

 名前の理由はいずれも、病害への抵抗力や暑さへの耐性など、栽培する上での品種の強さを連想できるものにしているそう。例えば「バハムート」は病害への抵抗性が高い上に茎が折れにくいため、神話の怪獣・バハムートから命名した。「イフリート」も耐暑性が抜群という特長から、炎の魔獣として知られるイフリートに結びついている。確かに、暑さに耐えるどころか炎属性はすべて吸収しそうなイメージ。

ホウレンソウホウレンソウ 「バハムート」に「イフリート」。病害も暑さも跳ね飛ばしそうだ

 にしても、ホウレンソウだけ妙にゲームやマンガっぽい。ほかの住化農業資材の野菜でいうと、にんじんなら「紅ひなた」「愛紅」と和風だし、レタスなら「アスレ」「デローサ」「モデナ」と統一性があまり見られない。業界のなかで知らずの内に「ホウレンソウはかっこよく!」みたいな野菜ごとの暗黙のルールがあったりするのだろうか。

 住化農業資材によると「野菜ごとに名前の方向性が違うのは、最初に付けられていた品種名を参考に、似たような名前を後の開発担当者が名付けている可能性が高いです」とのこと。ホウレンソウでは初期の段階では「ルーカス」という品種を開発していたが、それから開発者の趣味趣向が働き、「バハムート」や「ルーク」のような方向性になったのではないかと推測していた。

ホウレンソウホウレンソウ 病害への強さをイメージした「スタウト」は「stout(丈夫な、頑丈な)」から、厳寒期の栽培に適した「ノルディック」は「nordic(北欧の)」から命名するなど、シンプルな名前もちゃんとある

ホウレンソウホウレンソウ 似たような名前は同時期に開発されたもの

 また同時期に品種を複数開発したとき、その当時の開発担当者がまとめて同じような名前を付けることが多いのだそう。「バハムート」「イフリート」、「ルーク」「ビショップ」「チェックメイト」はそれぞれの同じ時期に開発。ホウレンソウは今まで神話や星などロマンチックな名前で来ているから、今度の3種は全部チェスから名付けよう! みたいな発想で、「強そうなホウレンソウ」グループが形成されていったようだ。

 企業ごとにルールは違うだろうが、命名の自由度がかなり高い野菜の品種名の世界。ユニークな名前を見つけるたび、名付け親の意図に思いを張り巡らせると楽しそう。とりあえず先ほどのホウレンソウを使って「バハムートのおひたし」とか「イフリートのごまあえ」を作ってみたい。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」