ニュース
» 2016年09月29日 09時00分 公開

中国、普通大学にe-Sportsの専門学部設立へ。分類上は「体育」に

一部では、10代プロの多いe-Sportsの世界で競技者として学び始めるのが大学というのは遅すぎるという批判も。

[AUTOMATON]
AUTOMATON


 日本では考えられない程のスピードで発展を続けているアジア圏のe-Sports。中国教育部が9月6日に発表した、2017年度普通大学で新設される予定の専攻科目13学部の募集内容に、電子競技「e-Sports」が含まれていることが分かった

 分類上は「体育」とされ、中国においてe-Sportsは今回公的にスポーツと位置づけられたといってよく、国家戦略としてスポーツ振興、育成に力を入れている中国においてe-Sportsという1ジャンルがその名を連ねたことは、今後の業界全体に少なからず影響を及ぼすと思われる。

 世界的にもe-Sportsに対する認知は近年急速に一般化の方向へシフトしている。

 米国市民権・移民業務局は2013年、PCゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、LoL)の大会 「League Championship Series」をプロスポーツとして認定。プロゲーマーにアスリートビザ(P-1)の発給を開始した。e-Sports後進国と言われる日本においても今年3月、プロゲーマー団体「DetonatioN Gaming」所属の韓国人選手に対して、プロスポーツ選手に与えられる「興行ビザ・基準三号」が認可された。さらにアジアもう1つのe-Sports大国である韓国では、2015年より私立大学とはいえ韓国中央大学がスポーツ科学部の入学選考基準にe-Sportsを採用。大会等での実績を元に判断する方式を用いている。

 今年8月には世界で最も盛んなe-Sports競技の一つである『Dota2』の世界大会「The International2016」において、中国チーム「Wings Gaming」が優勝、賞金約9億円を手にしている。一方で現状プレイ人口が7000万、同時接続人数が300万人を超えるモンスタータイトル『LoL』では、同じアジア圏の韓国に一歩譲っており、中国がアジアおよび全世界のe-Sportsの覇権を完全に握っているわけではない。中国国内のチームですら、韓国人の選手やスタッフの手を借りながら運営している側面もあり、より盤石な地位を築くため自国のe-Sports産業を本腰を入れて強化することは理解できる。

 さらに先日、『LoL』の運営であるRiot gamesは、DLCの売り上げを大会賞金に上乗せするという、『Dota2』の高額賞金を支えてきたモデルと同様の施策を採用することを発表。プレイ人口比で考えれば『LoL』の賞金が今後跳ね上がる可能性も大きく、中国としても国内での人材育成は急務といえる。もちろん『LoL』だけを見越したことではないだろうが、専門学部の募集を始める背景には、そういった中国の思惑もありそうだ。

 今回の発表に対しては、10代プロの多いe-Sportsの世界で競技者として学び始めるのが大学というのは遅すぎるという批判も一部ではされてはいる。

 それでもなお、中国が国として真剣にゲームをスポーツとして推進していく姿勢を明確に打ち出しているのが、今回の学部設立の動きであるのは間違いない。その真摯さの余波がアジアのe-Sportsシーンにどう影響を及ぼしていくのか興味深く注視したい。

関連リンク

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」