ニュース
» 2016年10月15日 11時30分 公開

ややグロ注意 リアルすぎる“溶けた”ハロウィンメイクが海外で話題に

幽霊もドン引きしそう。

[菊次郎,ねとらぼ]

 Instagramに投稿された「溶ける顔のメイク」が新しいハロウィンメイクのトレンドをつくるかも――と話題です。海外のニュースサイトなどでも紹介されるなど、一部では既に流行の兆しも。



制作過程を動画で解説

 美容ブロガーのDesi Perkinsさんは、顔の半分が溶けて頭蓋骨が丸見えになった写真をInstagramに投稿。さらに自身のYouTubeチャンネルで、このメイク過程を投稿したところ、120万回以上再生されるなど大きな注目を集めました。動画によると、皮膚が溶けたように見える部分は「3Dジェル」なるものを使っているそうです。


溶けるメイク 最初にまず骨の部分を描いていきます。この時点ではまだ立体感なし

溶けるメイク そこに3Dジェルを垂らしていく

溶けるメイク 溶けた

 3Dジェルの用途はまさしく顔への特殊メイクのためのもの。日本でも同じ商品を輸入している商社から購入することは可能ですが、まだ一般的とはいえません。中にはもっと簡単に手に入る、市販の材料で作っている人もいました。

 メイクアップアーティストのDaniさんは、ゼラチンとグリセリンと水から作った手製のジェルを使い、顔の半分がチョコレートのごとく溶けているメイクを製作しました。このお手製ジェルはその気になれば、市販のシールなどを使うよりも、はるかにリアルに傷跡などを再現できるようです。特に主要素材であるゼラチンは、お菓子作りなどでおおなじみの材料。お菓子の素材だけに、このような顔を作ったのでしょうか。



 ゼラチンを使った溶けるメイクは他にも複数投稿されており、いずれもかなり立体感のあるとろけ具合が表現できているようです。リアルすぎて思わず幽霊もドン引きしそう。




 スウェーデンのSFXのメイクアップアーティストグループが運営するサイト「ellimacs」では、顔が溶けるメイクが出来上がるるまでの工程を紹介しています。ここでも溶けた顔の部分は、ゼラチンとミルクを混ぜたものを電子レンジでチンして作成。仕上がりにこだわるプロほど、市販品より手作りを重視している様子がうかがえます。


メイクの過程を知りたい方はこちら

 日本でもゼラチンと入れ歯安定剤などを使ってリアルな傷口の皮膚感の作り方を紹介している動画があります。これまでの市販のツールや化粧品によるメイクでは物足りないという人が、ハロウィン人気の高まりとともに日本でも増えていくでしょう。近い将来、溶けた顔の人々が、ハロウィンの街角に現れるようになるかもしれません。


日本人による解説動画

(菊次郎)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響