ボーカロイドの未来はどうなる? 「つま恋」最後のボーカロイド大会リポート(1/2 ページ)

今年いっぱいで営業終了となる「つま恋」リゾートでボカロファンイベント「ボーカロイド大会」が行われた。「ボカロ未来予想」が語られるなどの企画が。

» 2016年11月02日 22時00分 公開
[松岡洋ねとらぼ]

 10月29〜30日の両日、静岡県掛川市のヤマハ「つま恋」リゾートでボーカロイドファンイベント「第2回世界ボーカロイド大会」(VOCACON2016、通称ボカコン)が開催された。

ボカコン

 つま恋は今年いっぱいで営業終了となるため(関連記事)、この場所でのボカコンの開催はこれが最後となる。今回は宿泊(2日通し)参加者が175人、両日の日帰り参加者を含めるとのべ299人が参加した。

ボカコン 開会式でのボカコンブラス・ライブ

未来のボーカロイドは?

 2日間でトークセッションやライブ、展示などさまざまな企画が行われた。1日目の目玉企画「ボカロ未来予想」では、産業技術総合研究所(産総研)の後藤真孝首席研究員、同じく産総研の梶田秀司主任研究員、SF作家の野尻抱介氏を招いて、「近い未来、ちょっと遠い未来、そして、めっちゃ遠い未来」のボーカロイド文化について三氏の予想が披露された。

ボカコン 左から司会の中林まさる、後藤真孝、野尻抱介、梶田秀司、敬称略

 後藤氏は歌声合成技術「ぼかりす」など音楽情報処理に関する研究を長く続けており、梶田氏が開発したロボット「HRP-4C(未夢)」に、人の歌い方をまねる顔表情合成システム「VocaWatcher」を使って歌わせる研究について紹介した。

 奇しくも産総研の両氏は、ボーカロイドの未来を描いた野尻氏のSF小説「南極点のピアピア動画」に同名の人物のモデルとして描かれており、これは「研究人生で最も想定できなかった出来事」と後藤氏は語っていた。

ボカコン

 10年後の近未来のボーカロイドは今の技術の延長線上にあり、かつてのシンセサイザーのようにボーカロイドが楽曲の制作に使われることが当たり前の状態になると後藤氏。その先の未来でコンピュータが歌詞の意味を理解し感情を込めて歌いだしたとき、私たちはその歌に感動することがあるのだろうか? もし、歌っているのが人間ではなくコンピュータだと分かったときに、感動できなくなるのか?――後藤氏は、チューリングテスト(人間とコンピュータを識別できるかというテスト)的な研究者としての問いかけた。

ボカコン

 SF作家である野尻氏は、「シロアリの巣(排熱のため空気循環する構造)を見つけると近くへ行って歌う歌唱装置(ボカロロボット)」を語った。歌唱装置は巣の形から自動で作曲。歌がよく響く巣は空気循環の効率がいいという仮定のもと、よく響く巣の形が自然選択され、新しい巣に合わせて歌も変わる――アリが知性を持った映画「フェイズIV 戦慄!昆虫パニック」を彷彿(ほうふつ)とさせる未来だった。

ボカコン
ボカコン

 梶田氏は、人類が滅びているかもしれない10億年後の未来では、初音ミクの化石が発見され、掘り出された初音ミクが「ハジメテノオト」を歌い出すという、映画「AI」的な未来を提示した。その歌を聞くのは果たして人類の末裔なのか?それとも太陽系を訪れた宇宙人なのだろうか?

ボカコン

帰ってきた「ゆかり温泉」やVR体験、企画いろいろ

 つま恋が夕闇に包まれると、ゴスペルクワイア(合唱)がチャペルで行われた。チャペルということで、センターには天使のミクさんが降臨、このような場所での合唱はなかなか体験できるものではなく、日帰り参加者も交えて64席のチャペルには立ち見も含めて100人近い観客が詰めかけ、歌声に魅了された。

ボカコン
ボカコン クワイアと実体化したミクさん
ボカコン チャペル外観

 夕食後は宿泊したホテルで、前回話題となった「ゆかり温泉」がバージョンアップして帰ってきた。浴室に入浴中のシルエットを写したり、脱衣所に匂いつきのタオルを置いたりなど、リアル空間にさまざまな演出を施すことで、バーチャルアイドルとの温泉旅行を体験できる仕掛けだ(関連記事)。宿泊している野尻抱介氏こと尻Pも体験後は笑顔。翌日ミニライブを行うデッドボールPは「衝撃が強すぎた」とのこと。

ボカコン
ボカコン 親指を立ててゆかり温泉に沈んだ(撃沈された)尻P
ボカコン デPも体験後にタオルをクンカクンカ
ボカコン 本来はもっと刺激の強い状態になっていました
ボカコン 仕掛け人・あしやまひろこ氏と質疑応答する産総研の後藤氏。「エンターテイメントの仕組みを考察している」という立場から議論していたもよう
ボカコン はじめてゆかり温泉を体験する参加者も、前回の記事で予習してきたものの、完全にノックアウトされていました
ボカコン Webラジオでのゆかり温泉の体験実況中継も!
ボカコン Webラジオ移動スタジオ

 ホテルの1階談話スペースでは「ボカロ未来予想延長戦」がデッドボールP、オトマニア、以前に初音ミクの人形浄瑠璃(関連記事)を企画した福岡俊弘氏を加えて熱い議論が交わされた。ホテルは傾斜地に階段状に建てられており、ここに宿泊者のうち約80人が集結したために熱気がこもり、10度前後の外気温に対して室温が30度近くまで上がるという熱気に包まれた延長戦となった。

ボカコン ボカロ未来予想延長戦
ボカコン 左からデッドボールP、尻P、後藤、オトマニア、福岡俊弘(敬称略)
ボカコン 階段状のホテル外観
ボカコン AKIRAなどに登場する斜行エレベーター!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」