ニュース
» 2016年11月06日 15時58分 公開

外務省が「メールごと削除」と注意喚起 外務省職員を詐称したウイルスメールが相次ぐ 

不審サイトへのリンク誘導も。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 外務省職員を詐称したウイルスメールが相次いで確認されていると、外務省が注意喚起しています。


外務省のwebサイト 外務省のwebサイト

 外務省職員をかたるメールに、ウイルス付きファイルが添付されていたり、不審サイトへのリンクが記載されていたりする事例が相次いで確認されているとのこと。



 発信元や内容に心当たりのないメールを受信した場合は、添付ファイルを開いたり、リンクをクリックせずにメールごと削除することをすすめています。


標的型攻撃メールの例 思わず開いてしまう「標的型攻撃メール」の例(情報処理推進機構より)

 詐欺メールに関しては、LINEをかたるメールが問題になったばかり(関連記事)。独立行政法人の情報処理推進機構によれば、実在の企業名や官公庁名を詐称する「標的型攻撃メール」はメールの表題や内容がメール受信者に関係のあることが多いようです。

 「標的型攻撃メールの例と見分け方」では、メールアドレスやURL、添付ファイルの種類などに不審な点がないか確認する方法を紹介しつつ、組織内・組織間での情報共有が重要としています。

関連キーワード

メール | 詐称 | 注意喚起 | ウイルス | 官公庁


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する