ニュース
» 2016年11月23日 15時25分 公開

ネット情報の信頼性、10代の多くが判断できず 米大学のメディアリテラシー調査

うそはうそであると見抜ける人でないと……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アメリカのスタンフォード大学が中学生〜大学生7804人を対象にした、メディアリテラシーに関する調査結果を公開しました。そのうち高校生を対象にした試験で、「原発事故の影響」と称する偽画像の真偽を問うた結果、被験者の約40%が真実の画像と信じてしまったそうです。


公式発表 スタンフォード大学の発表

 出題に用いられたのは、「福島第一原発事故の影響で変形したヒナギク」の題で画像掲示板に投稿されたという設定の画像。内容はショッキングですが、デジタル加工で作られた偽の画像です。


ヒナギク 試験に用いられた偽の画像(スタンフォード大学の資料より)

 正解者は「付近の状況が何も示されていない」「投稿者の出自が不明」「花以外に放射線の影響を受けた動植物が示されていない」といった疑問点から、画像を偽物と見抜きました。しかし、被験者の約40%は画像が強力な証拠と主張し、投稿文を額面通り受け止めてしまったそうです。

 中学生を対象にした試験では、ニュースサイトを題材にした問題が出されました。内容は、トップページ上にあるコンテンツが通常の記事か、広告であるか判断するもの。


ニュースサイト 設問1は広告バナー、設問2は通常記事、設問3は記事広告(スタンフォード大学の資料より)

 被験者の多くは、典型的な広告バナーや通常記事について容易に識別しました。しかし全体の約80%は、「SPONSORED CONTENT」と記されているにもかかわらず、記事広告を通常記事だと判断してしまったとのことです。

 その他もろもろの調査結果から、研究者は「若者はデジタルに精通しつつも、偽の情報には簡単にだまされる」と結論づけました。もっとも、研究の目的はメディアリテラシー教育の推進であり、同学は教師向けのカリキュラム開発を計画中。既に地方の高等学校で、試験的に授業を開始しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」