ニュース
» 2016年11月30日 14時30分 公開

涙を流した沼ちゃん(森川葵)、大丈夫じゃない伊達さん(高橋一生) ドラマ「プリンセスメゾン」6話ねとらぼレビュー

元乃木坂46の深川麻衣演じるえっちゃんが、ひと波乱起こします【やわスピ×ねとらぼ】※更新あり

[たまごまご,ねとらぼ]

 もっさり系女子、26歳の沼越さん(役:森川葵、以下沼ちゃん)が、マンションを買うために不動産屋に通うドラマ「プリンセスメゾン」は、NHK BSプレミアムで放送中(ネット配信は翌日から)。Webでも公開中。マンガ原作はやわらかスピリッツで連載中、スクロールしていくとここでも読めますよ!


プリンセスメゾン ドラマ「プリンセスメゾン」


「さっちゃんだけ ずるいよ」

 今回は、沼ちゃんの従姉妹、両親を亡くした沼ちゃんを引き取った叔父・叔母の娘えっちゃん(深川麻衣)が、唐突にやってきた話。多分同い年。

 えっちゃんは今、静岡の田舎のほうで、結婚して子育て中。沼ちゃんは、えっちゃんに特に何を言うでもなく、上京して一人暮らしをはじめました。


プリンセスメゾン 不思議な女性沼ちゃんを、昔からしっている友達の登場。出会いは、両親の死

 「わかんない……さっちゃん(沼ちゃんのこと)何も言わないからわかんないし! 何も言わないで東京行っちゃったし!」「普通、ずっと普通。何も起こらない。なのに、さっちゃんだけずるいよ」

 このドラマって、人間関係のいい悪いが軸の話ではないです。自分個人の価値観探しのドラマ。だからこの感情のぶつけあいは、仲たがいというよりも、沼ちゃんとえっちゃんが「自分はどう生きたいのか」を見直すものでした。

 えっちゃんは何も言わない彼女に不安を感じていた。一人でひょろっと東京に行った沼ちゃんを見て、モヤモヤしていた。自分も東京に出たかったからです。でも彼女は出なかった。


プリンセスメゾン 「スカイラウンジ」の意味も説明できないくらい、言葉での表現が苦手な沼ちゃん。自分の感情を表に出すのも得意じゃない

 「わからないのは、東京で家を探すってことです。家は代々受け継いだ土地に建てるものだし、ましてや女性が考えるものじゃないと思ってて」

 オープニングのモノローグ。「何物にもとらわれず、自由であっていい」と考える沼ちゃんと、考え方は全く違います。

 地元に住んで、家族を守って、子を育てる。ものすごく幸せなこと。「家族で生きること」と「一人で生きること」どちらでも、幸せはつかめる。ただし、どちらかを羨んだ瞬間に、迷いが生まれる

 今回のえっちゃんの訴えは、原作にはありません。夫とケンカしたとウソもついていない。追いかけてきた沼ちゃんと腹を割って話してもいない。今まではっきりと描かれなかった沼ちゃんの心を、ここで出しておきたかったのだと思います。

 いつも裏表ない沼ちゃん。とはいえ彼女は語彙力が少ない、自分の感情をどう言葉にすればいいか困惑することがある。両親を亡くした話も含め、きっちり表現しています。


プリンセスメゾン まわりの人の心理は細かく描かれてきましたが、主人公沼ちゃんの心や過去はほとんど描かれてこなかった

伊達さんが、大丈夫じゃない

 まさか、不動産屋の伊達さん(高橋一生)が、他のお客さんを「沼越様」と間違って呼び続けちゃだめだよ……。見ていてこっちが赤面。

 伊達さんは、このドラマのヒロイン。だって誰かのことを考え続け、そのために全力を尽くそうとするなんて、ヒロインじゃん。沼ちゃんに恋をしてはいないだろうけど、「沼ちゃんが家探しをする思い」に恋をしているとしか思えない。

 んっ、完璧な執事にも見える? それはそれで萌えますね。

 最初は冷静沈着に、家を完璧にすすめる人でした。けど沼ちゃんの、家を買うことの「幸せ」のパワーに当てられ続け、4話で伊達さんは、人に幸せを提供する仕事がしたいのだ、という本心がよみがえり、今はすっかり人間臭い雰囲気になりました。

 もっとも思いが強くなるのと、器用になるのは別なもので。かぶっていた「完璧営業マン」の皮を一度脱いでいるだけに、5話・6話の空回り感がすごい。

 沼ちゃんが従姉妹のえっちゃんと見学に来た時、お客さま以外とどう接したらいいかわからないと言う理由で、問答無用で要さん(陽月華)を召喚。すごい形相でにらみつける要さん、横で見ていて笑いが止まらない阿久津さん(舞羽美海)。

 最終回のあとに特別枠で、伊達要漫才を1話やってくれませんかね。

 ちょっと滑稽に見えるほどに、必死に家探しに助力してくれる人。ステキじゃないですか。

 んなもんで、次回予告の沼ちゃんの「伊達さん!」という叫びがなんなのか。伊達さんの泣きそうな声はなんなのか。あと要さんのジョジョ立ちみたいな謎ポーズはなんなのか。気になって来週まで、落ち着きません。

プリンセスメゾン

漫画 第6話

12月7日更新:掲載期間が終了しました

(C)池辺葵/やわらかスピリッツ/小学館

たまごまご



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する