涙を流した沼ちゃん(森川葵)、大丈夫じゃない伊達さん(高橋一生) ドラマ「プリンセスメゾン」6話ねとらぼレビュー

元乃木坂46の深川麻衣演じるえっちゃんが、ひと波乱起こします【やわスピ×ねとらぼ】※更新あり

» 2016年11月30日 14時30分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 もっさり系女子、26歳の沼越さん(役:森川葵、以下沼ちゃん)が、マンションを買うために不動産屋に通うドラマ「プリンセスメゾン」は、NHK BSプレミアムで放送中(ネット配信は翌日から)。Webでも公開中。マンガ原作はやわらかスピリッツで連載中、スクロールしていくとここでも読めますよ!


プリンセスメゾン ドラマ「プリンセスメゾン」


「さっちゃんだけ ずるいよ」

 今回は、沼ちゃんの従姉妹、両親を亡くした沼ちゃんを引き取った叔父・叔母の娘えっちゃん(深川麻衣)が、唐突にやってきた話。多分同い年。

 えっちゃんは今、静岡の田舎のほうで、結婚して子育て中。沼ちゃんは、えっちゃんに特に何を言うでもなく、上京して一人暮らしをはじめました。


プリンセスメゾン 不思議な女性沼ちゃんを、昔からしっている友達の登場。出会いは、両親の死

 「わかんない……さっちゃん(沼ちゃんのこと)何も言わないからわかんないし! 何も言わないで東京行っちゃったし!」「普通、ずっと普通。何も起こらない。なのに、さっちゃんだけずるいよ」

 このドラマって、人間関係のいい悪いが軸の話ではないです。自分個人の価値観探しのドラマ。だからこの感情のぶつけあいは、仲たがいというよりも、沼ちゃんとえっちゃんが「自分はどう生きたいのか」を見直すものでした。

 えっちゃんは何も言わない彼女に不安を感じていた。一人でひょろっと東京に行った沼ちゃんを見て、モヤモヤしていた。自分も東京に出たかったからです。でも彼女は出なかった。


プリンセスメゾン 「スカイラウンジ」の意味も説明できないくらい、言葉での表現が苦手な沼ちゃん。自分の感情を表に出すのも得意じゃない

 「わからないのは、東京で家を探すってことです。家は代々受け継いだ土地に建てるものだし、ましてや女性が考えるものじゃないと思ってて」

 オープニングのモノローグ。「何物にもとらわれず、自由であっていい」と考える沼ちゃんと、考え方は全く違います。

 地元に住んで、家族を守って、子を育てる。ものすごく幸せなこと。「家族で生きること」と「一人で生きること」どちらでも、幸せはつかめる。ただし、どちらかを羨んだ瞬間に、迷いが生まれる

 今回のえっちゃんの訴えは、原作にはありません。夫とケンカしたとウソもついていない。追いかけてきた沼ちゃんと腹を割って話してもいない。今まではっきりと描かれなかった沼ちゃんの心を、ここで出しておきたかったのだと思います。

 いつも裏表ない沼ちゃん。とはいえ彼女は語彙力が少ない、自分の感情をどう言葉にすればいいか困惑することがある。両親を亡くした話も含め、きっちり表現しています。


プリンセスメゾン まわりの人の心理は細かく描かれてきましたが、主人公沼ちゃんの心や過去はほとんど描かれてこなかった

伊達さんが、大丈夫じゃない

 まさか、不動産屋の伊達さん(高橋一生)が、他のお客さんを「沼越様」と間違って呼び続けちゃだめだよ……。見ていてこっちが赤面。

 伊達さんは、このドラマのヒロイン。だって誰かのことを考え続け、そのために全力を尽くそうとするなんて、ヒロインじゃん。沼ちゃんに恋をしてはいないだろうけど、「沼ちゃんが家探しをする思い」に恋をしているとしか思えない。

 んっ、完璧な執事にも見える? それはそれで萌えますね。

 最初は冷静沈着に、家を完璧にすすめる人でした。けど沼ちゃんの、家を買うことの「幸せ」のパワーに当てられ続け、4話で伊達さんは、人に幸せを提供する仕事がしたいのだ、という本心がよみがえり、今はすっかり人間臭い雰囲気になりました。

 もっとも思いが強くなるのと、器用になるのは別なもので。かぶっていた「完璧営業マン」の皮を一度脱いでいるだけに、5話・6話の空回り感がすごい。

 沼ちゃんが従姉妹のえっちゃんと見学に来た時、お客さま以外とどう接したらいいかわからないと言う理由で、問答無用で要さん(陽月華)を召喚。すごい形相でにらみつける要さん、横で見ていて笑いが止まらない阿久津さん(舞羽美海)。

 最終回のあとに特別枠で、伊達要漫才を1話やってくれませんかね。

 ちょっと滑稽に見えるほどに、必死に家探しに助力してくれる人。ステキじゃないですか。

 んなもんで、次回予告の沼ちゃんの「伊達さん!」という叫びがなんなのか。伊達さんの泣きそうな声はなんなのか。あと要さんのジョジョ立ちみたいな謎ポーズはなんなのか。気になって来週まで、落ち着きません。

プリンセスメゾン

漫画 第6話

12月7日更新:掲載期間が終了しました

(C)池辺葵/やわらかスピリッツ/小学館

たまごまご



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」