ニュース
» 2016年12月03日 22時00分 公開

有料スケブやイラストカードが普及 ドイツの絵師事情をベルリンのアニメファンイベントで探ってきた(1/2 ページ)

カカオ・カルテ? 有料スケブ? 日本とはちょっと違うドイツのイラストレーターの活動とは?

[Kataho,ねとらぼ]

 日本のコミケなどのファンイベントでは、同人誌が描き手同士またはファンとの主たる交流手段になっていると思います。ドイツにも同人誌は存在しますが、日本では見かけないカルチャーも存在するようです。今回はイラストレーターの交流の模様にフォーカスするべく、ドイツ・ベルリンで10月末に開催されたアニメファンイベント「AniMaCo(アニマコ)」のイラストレーターコーナーを中心にリポートします。

アニメ 会場となった文化施設「Fontane Haus」の入り口の様子

 アニマコはアニメ・漫画ファン向けのイベントで、会場となる文化施設全体を貸し切り、ステージパフォーマンスを催し、会議室を使ってのワークショップやイラストレーターブース、グッズの販売業者のエリアなどを設けます。12年前にスタートし、隔年で開催。来場者は年々増え続け今では1万人を超え、日本が主導する「国際オタクイベント協会(IOEA)」にも加盟しています。

アニメ ステージではドイツ人の歌い手によるアニソンのパフォーマンスも

有料スケブ「コンホン」

 さっそくイラストレーターのエリアへ。アニマコのイラストレーターのブースはおよそ30。販売されているものは、同人誌やポストカードやキーホルダーなどさまざま。しかし、各ブースをじっくり見ていくと、日本では見慣れない表記を何度も目にすることに気づきます。それは「ConHon(コンホン)」と「Kakao(カカオ)」です。

アニメ イラストレーターのブースが並ぶエリアはとても混雑していました
アニメ
アニメ
アニメ

 これらが何なのか、会場のイラストレーターの皆さんに聞いてみました。

 まずは、コンホンから。コンホンはいわゆるスケブ(スケッチブック)です。ブースのイラストレーターが来場者の持参したノートにイラストを描くというものですが、面白いのはそのネーミング。コンホンはコンベンションの「コン」と日本語の本(ホン)とを組み合わせた造語だそうです。サイズはスケッチブックというよりはB5やA6サイズのノートが主流だとのこと。コンホンへのイラストの提供はどこも有料になっていました(日本だとスケブは無料ですよね)。

 1件あたりの料金は5ユーロ(約600円)から20ユーロ(約2400円)程度。価格はイラストがカラーか白黒か、鉛筆書きのみなのか、または上半身だけなのか全体かといった条件によって異なっています。

アニメ コンホンにイラストを描くイラストレーター。皆さん接客の合間に作業しているようでした
アニメ 価格表。このイラストレーターの場合、スケッチが5〜12ユーロ、モノクロだと8〜18ユーロ、色を塗った場合10〜20ユーロという料金設定です

 次に気になったカカオについても聞いて回りました。これは「カカオ・カルテ」(カルテはドイツ語でカードのことです)と呼ばれるもので、大きさがトレーディングカードサイズ(縦8.9センチ、横6.4センチ)に決められた自作のイラスト作品です。基本的にオリジナルの一点ものまたは枚数を限定して印刷したものとなります。集めたり交換したりすることができ、市販のトレカ用ファイルに保管することができます。

アニメ
アニメ トレカ用ファイルに収められたカカオ・カルテ。ドラゴンといったファンタジー系のモティーフもドイツでは人気があります

 もう少し詳しく聞いてみたいと思い、会場内で最も経験豊富だと紹介してもらったマリカ・ヘアツォークさんにインタビューしてみました。マリカ・ヘアツォークさんはドイツで活動するプロの漫画家で、最新作「Demon King Camio」はドイツの大手漫画出版社Egmontから発売されています。

アニメ ドイツのプロ漫画家マリカ・ヘアツォークさん
アニメ スクリーントーンを使用したマリカ・ヘアツォークさんの生原稿

 彼女によるとコンホンやカカオ・カルテはドイツ全体に広く普及しているそうです。日本ではスケブは無料だと話したところ、「アートに対して適切な対価を支払うことは当たり前なのではないですか? アメリカではそうですよ」とのこと。どうやら有料制はアメリカ由来なのかも。

 カカオ・カルテについては、「少額で作品を提供できることも普及した理由のひとつかも、詳しくはカカオ・カルテについてのポータルサイトを読むといいわよ」と教えてもらいました。カカオ・カルテの販売や交換ができるポータルサイトkakao-karten.deによると、カカオとは、「カードアート(Karten Kunst)、印刷(Auflagen)、オリジナル(Originale)のドイツ語表記の頭文字「KaKAO」からなる言葉。スイスのアーティスト、ヴェンチ・シュティアネマンが1996年の展覧会で1200枚のカードを制作し、最終日に同様にカードを来場者と交換したのが始まりなのだそうです。アーティスト・トレーディング・カード(ATC)という呼び方もあるのだとか。

アニメ カカオ・カルテのポータルサイトでは「交換」「販売」といった目的別にたくさんの作品が公開されています
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」