Special
» 2016年12月26日 10時00分 公開

スマホの画面がバキバキなまま使ってるのは「若い女性」が多いってホント? → 確かめてみた

アンケート、インタビューを実施してデータから分析してみました。

[マッハ・キショ松,PR/ねとらぼ]
PR

 少し前、ネット上で「若い女性には、スマホの画面が割れている人が多い」といううわさが話題になりました

 Twitterでは、このテーマが大きな波紋を呼び「男性に比べて手が小さいから端末を落としやすい?」「女性はハンドクリームをよく使うから滑りやすいのでは」などさまざまな説が浮上。「ダメージジーンズならぬ『ダメージスマホ』がはやってる?」と謎のムーブメントを主張する人まで現れる不思議な事態に発展しました。


スマホバキバキ調査 なぜ若い女性に「画面の割れたスマホ」の所持率が高いのか…その理由が考察されていた(Togetter

 しかし、そもそもこの議論にはデータがなく、イメージだけで語られているという指摘も。果たして本当に「画面が割れたスマホを使っているのは若い女性が多い」のか、実際にアンケート調査を行い、真相を確かめてみることにしました。


スマホバキバキ調査 本当に画面バキバキは若い女性に多いのか?


本当にスマホの画面が割れている若い女性が多いのかアンケートしてみた

 ねとらぼの運営元であるアイティメディア社員を対象にアンケートを実施したところ、20〜40代の男女を中心に48人から回答が得られました。

 「過去にスマホの画面を割ったことがありますか」という質問に「ある」と答えた男性は41%、女性は37%。男性のほうが少し数値が大きく、どうやら必ずしも、女性だからといってスマホの画面を割りやすいというわけではないようです。

 それにしても驚きなのは、男女ともに約4割が画面を破損したことがあるということ。みんな画面割りすぎだろ……。


スマホバキバキ調査 男性:29人(20〜60代)、女性:19人(20〜40代)が回答

スマホバキバキ調査 男女ともにスマホ画面を割ったことがある人は、けっこう多いようです

 しかし、別の項目でははっきりとした男女差が現れました。「画面が割れたスマホをそのまま使っていたことがあるか」と質問したところ、男性は27.5%が使用経験アリと答えたのに対し、女性は36.8%と約10ポイントの開きが見られます。破損させる割合は男性の方がやや高いものの、その状態のまま使い続ける傾向が強いのはむしろ女性のようです。

 また、画面が割れたスマホについて「今まさに使っている」と答えた男性は3.4%しかいなかった一方で、女性は15.8%という高い数値が出ました。世代別で見ても20代女性が17%、30代が22%、40代が0%となっており、サンプル数が少ないので偶然かもしれませんが、うわさ通り「若い(20代〜30代の)女性に多い」という結果になりました。もしかして本当だったのかも……!?


スマホバキバキ調査 「今まさに使っている」男性は3.4%(青い部分)

スマホバキバキ調査 女性のほうが、画面が割れた後もそのまま使い続ける傾向が強いもよう

スマホバキバキ調査 年齢別で分けるとこんな感じ(男性の場合)。男性の場合、40代〜50代がやや多い

スマホバキバキ調査 こちらは女性の年齢別調査結果(50代・60代はサンプルなし)。確かに20代〜30代に多い


画面が割れているスマホユーザーに理由を聞いてみた

 さて、もうひとつ気になるのはどうして画面が割れたスマホを使い続けるのか。「今まさに使っている」と回答した男女数人にインタビューを行い、その理由を探ってみました。


Hさん(女性・30代)

  • 症状:右下から左上方向にかけて細い亀裂が1本。操作や表示にはほぼ支障なし
  • ケース:なし
  • 保護フィルム:使用

スマホバキバキ調査 けっこう大きなヒビが1本

―― どんなシチュエーションで割りましたか?

 私はしょっちゅう落とすので、よく覚えてません。3カ月くらい前だったかな?

 充電中にコードを引っ張っちゃったり、子どもが落としたり、置いてあるのを取ろうとしたらツルンといったり……。ハンドクリームを塗ってて手が滑るわけでもないのに、なんでそんなに落とすんでしょうね。あと、服のポケットが浅くてしゃがんだときに落ちちゃうこともあります。これは女性ならではかも。

―― なるほど、落とし方に男女の服装の違いは出るかもしれませんね。ちなみに、画面を直そうとは思いませんでしたか?

 使う分にはぜんぜん影響ないので、直す予定はないです。ヒビがあるのは端っこで、角度によっては見えませんし。


スマホバキバキ調査スマホバキバキ調査 画面割れよりも、保護フィルムがはがれかけているのが気になる……


Fさん(男性・40代)

  • ケース:背面だけカバーするプラスチック製のもの
  • 症状:画面に細い亀裂が3本くらい

スマホバキバキ調査

―― どんなシチュエーションで割りましたか?

 電車を待ってるあいだとか、電車に乗るときとかスマホいじるじゃないですか。それで、コートから出そうとしたらポロッと。これくらいの高さから落とすことは多いんですけど、家とかだと床が柔らかいから大丈夫なんですよ。駅は足元がコンクリートだから割れちゃったんだと思います。

 それが1年くらい前。通算で3回目です。

―― 直そうとは思いませんでした?

 使うのに支障はないし、画面の見え方も特に問題ないので。壊れたというよりは“スマホの外観がちょっと変わった”くらいの認識です。

―― 「外観がちょっと変わった」って「スマホがモデルチェンジした」みたいな考え方ですね。割れててもまったく気にならないんですか?

 そりゃあ割れてない方がうれしいですよ(笑)。

―― ところで、そのスマホはどこに……?

 持ってくるのを忘れました。


スマホバキバキ調査 写真を撮らせてもらおうとしたら、携帯を携帯してないまさかのトラブル

 お二人に話を伺ってみて印象に残ったのは、細かいところを気にしない性格。Hさんのスマホは画面の小さなヒビよりも保護フィルムのはがれが目立ち、キレイとは言いがたい見た目でした。Fさんには「確かにちょっと画面が割れてるくらいなら機能に影響はない。でも、持っていなければ使えないのでは?」とツッコミが入れられそうです。

 お二人ともスマホを落とすことが多いようだったので、もしかしたら「大ざっぱな性格の人は、スマホをよく落とす。よく落とすから画面が壊れる。壊れるけど、大ざっぱだからあまり気にしないと連鎖した結果、画面が割れたまま使うユーザーが現れる」という仮説が立てられるかもしれません。若い女性がこれに該当するとすれば、うわさの原因が説明できるはず!

 ……すいません。次の人にインタビューするまではいい考えだと思っていたのですが、どうやら勘違いだったようです。残念ながら、1回落としただけでスマホの画面が大破するケースもあります。



Aさん(女性・20代)

  • ケース:あり(革の手帳風のもの)
  • 症状:右上を中心にバキバキ。中のパーツも見えており、重症

スマホバキバキ調査 内部が露出するほどの激しい割れ方。問題なく動作しているのが不思議です

スマホバキバキ調査 ジャンク品ではありません

―― どんなシチュエーションで割りましたか?

 9月初旬、映画「君の名は。」を新宿の「TOHOシネマズ」に見に行ったときです。時間をつぶすために低い植え込みに座ってスマホを見ていたら、突然、足元にゴキブリが現れて「ギャーッ!!」と。慌てて立ち上がったら、その拍子に落としちゃって……。

 マーフィーの法則じゃないですけど、こういう時に限って会心の一撃が決まってしまうものらしくて。ケースを付けてたんですけど、端末右上部の角が地面にぶつかって破損しちゃいました。

―― 不運でしたね。直そうとは思わなかったんですか?

 あのころはちょうど最新機種が発表される前だったんですよ。今使っている端末が容量の少ないタイプ(16G)だからというのもあって、最新機種に買い換えるためにちょっと我慢しようと思ってました。だけど、いざ発表されたら個人的にイマイチな仕様で……。

 あと金欠も重なって、修理したいけどどうしようかと悩んでるうちに、使い慣れちゃいました。

―― 不便じゃないですか?

 意外と使えるもんですよ。バッテリー残量はよく見えませんが、さすがに20%切ると分かります。赤くなるから、そろそろ充電だなって。時間もホーム画面を出せば、確認できます。

 Kindleで小説を読むときは、右上に来るページの出だしの文字が読めません。でも、前後の文脈からなんとなく分かりますし、そのままでもいいかなという感じです。


スマホバキバキ調査 バッテリー残量は数字が読めないので、色で判断

スマホバキバキ調査 小説のページ初めの文字は文脈で判断できるとのこと。……でも、右上以外も読みにくそう

 中のパーツが露出した衝撃的な見た目ですが、慣れてしまえばそれなりに使えるとのこと。同じ意見は、先に紹介したHさん、Fさんも主張していました。どうやら画面が割れた状態で使い続けるかどうかは、この"足るを知る"の精神に左右されるようです。「住めば都」ならぬ「動けばスマホ」といったところでしょうか。



そもそも画面が割れないスマホを使えばいいのではないか説

 母集団が小さいので一般的に当てはまるか分かりませんが、今回の調査結果をまとめてみましょう。スマホ画面が割れたあと、お店に行くなどしてきれいな状態に戻すのは主に男性、「機能的には問題ない」と考え、そのまま使うのは主に女性(少なくとも今回の結果では)。どちらもちょっぴり面倒な気がしますが、仕方ないことなのです。男女ともに約4割がスマホの落下をはじめとした原因により、画面を破損させているのですから。

 もっと楽ちんな選択肢を提示するとしたら、そもそも画面が壊れにくいスマホを利用することではないでしょうか。落下させたとしても、堅牢な端末ならどうということはありません。


スマホバキバキ調査 ドコモスマホで最も厳しい水準の落下試験をクリアしたという「arrows NX

 「arrows」シリーズから新たに登場した「NX F-01J」は「SOLID SHIELD」構造を採用することで落下時に画面が割れにくくなっているのに加え、画面のガラス周囲に0.3ミリ前面に突き出た「画面保護フレーム」を備えることで、画面が地面に直撃しにくい設計を実現しています。


動画が取得できませんでした
arrows challenge episode1「点圧迫」<arrows NX F 01J special movie>

スマホバキバキ調査 スマホユーザーなら思わず「やめて!」と叫んでしまうようなシチュエーションでも……(arrows NX特設サイトより

スマホバキバキ調査 arrows NXなら大丈夫(arrows NX特設サイトより

動画が取得できませんでした
arrows challenge episode2「落下」<arrows NX F 01J special movie>

スマホバキバキ調査 肩ほどの高さから思いっきり落としても……(arrows NX特設サイトより

スマホバキバキ調査 arrows NXなら大丈夫(arrows NX特設サイトより

 1.5メートルの高さから26方向でコンクリートに落下させ、画面が壊れるかどうかを確認する富士通独自試験をクリアしており、これはNTTドコモから販売されるスマホの中で最も厳しい水準。つまり、「arrows NX F-01J」は他のスマホよりも画面がバキバキになりにくい! 画面が割れたスマホをそのまま使っているみなさん、次回はarrows NXへの機種変更を検討されてみてはいかがでしょうか(宣伝)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2016年12月31日