ニュース
» 2017年02月17日 15時15分 公開

なぜ? 米版VOGUE誌で日本人の格好で撮影された写真に批判、モデルが「文化を横取りした」と謝罪へ

「多様性」を打ち出した表紙も人種差別的だと批判されました。

[城川まちねねとらぼ]

 米版VOGUE誌の2017年3月号で、アメリカ人モデルのカーリー・クロスが日本人の格好で撮影した写真が「文化的横取り」と批判されています。クロスはTwitter上で「これらの写真は私とは関係ない文化を横取りしたものであり、文化的に敏感ではない撮影に参加して申し訳なく思っています。私の目標はずっと、女性たちに力を与えインスパイアすること。今後、撮影や企画ではこの使命を守っていきます」と謝罪しています。

 日本で撮影されたという写真では、クロスがおしろいや赤い口紅でメークされ、黒髪にかんざし、着物をイメージしたような衣装をまとった姿に。同誌の過去作品をオマージュしたもので、日本の伝統的な文化が欧米の感覚で解釈された作品という印象です。

米版VOGUE誌でカーリー・クロスの写真が批判に 撮影したのは写真家のマイケル・ヤンソン(画像はマイケル・ヤンソンのInstagramから)

 クロスは謝罪しましたが、日本では「何が問題なのか分からない」ととらえる意見も多くみられます。日本版VOGUE誌の2014年11月号でモデルのミランダ・カーが芸者を思わせる格好で表紙を飾り、さまざまな日本の文化を取り入れたスタイルを披露した際も、日本では特に問題とならず、海外メディアで「文化的横取りでは」と議論されました。このときオーストラリア版The Conversation誌ではその問題点を、「見えない白人の特権で、差別を感じることもなくほかの人種になりきって遊ぶ」「文化の神聖さを消し去り単なるファッションやアクセサリーにしてしまう」などと指摘しています。


 クロスの参加した撮影が批判されたのは、1つはこれがハリウッドでしばしばみられるホワイトウォッシング(主に白人以外の役柄に白人が起用されることを指すことが多い)ではないかというもの。最近では2017年3月に全米で公開される実写版「攻殻機動隊」で草薙素子役にスカーレット・ヨハンソン(関連記事)が起用されたことで議論がわき起こりました。今回は、ハリウッド同様アジア人にチャンスの少ないファッション業界で、アジア人のルックスが求められた企画に白人のモデルが起用されたこと、またVOGUE誌はこの3月号で現代女性の「多様性」を打ち出すとしていながら日本文化をイメージした撮影にアジア人を起用しなかったことが批判の的になっています。


 さらに大きな問題となったのは偏ったイメージによってアジア人の「扮装(ふんそう)」をする“イエローフェース”。以前もフランス版VOGUEが、オランダ人モデル、ララ・ストーンの肌を黒塗りにして撮影し批判を受けたことがありました。ブラックフェースは、かつて白人が顔を黒く塗り侮辱的に黒人をまねたミンストレルショーという背景があるため、現代では広い文化圏でタブーとされています。VOGUEによる今回の“イエローフェース”と過去の“ブラックフェース”を並べ、このように肌色を塗ったり文化を安易にまねることを「白人の遊び」と表現する海外メディアも幾つかみられました。

 日本は黄色人種の割合が圧倒的に多いため、こうしたことをさほど意識することもなく、今回の出来事を不快と感じる人もあまりいないようですが、海外では日本人も黄色人種として意識せざるを得ないさまざまな差別に遭い、それらを見過ごすことの危険性も実感することになります。だからこそ今回のように、当の日本人には過敏に思えても海外で大きな声があがるといったことが起るのかもしれません。

米版VOGUE誌2017年3月号の表紙 表紙も批判の的に(画像はVOGUEのInstagramから)

 また、「多様性」をテーマにしているこの表紙を飾る、7人のモデルのうちアジア人は向かって左端の中国人モデル、リウ・ウェンのみ。さらに向かって右から2、3番目に黒人モデル、残り4人のうち1人はオーバーサイズのモデルとしてふくよかな体形が人気のアシュリー・グラハムが務めていますが、彼女だけが腕をだらりと垂らしています。これに対し「彼女だけほかのモデルと同じように太ももを細くみせるためにそうさせている」と批判するコメントや、グラハムの腰にかかるジジ・ハディットの指が長すぎると画像の修正を疑うコメント、2人の黒人モデルは意図的にかなり肌の色が薄い人を選んでいるとしたり、ラテン系のモデルがいないと指摘するコメントも。「全然多様じゃない」「人種差別の表紙。グッジョブ」「カーリーは謝ったけど、あなたたちはまだだね。待ってるよ」と厳しい意見が並んでいます。


関連キーワード

Instagram | 文化 | 批判 | 写真


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」