ニュース
» 2017年02月23日 14時23分 公開

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら?

意外と知らない噴火の被害。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 2月23日は「富士山の日」です。毎年20万人以上の登山者がおり、2013年には世界遺産登録もされた富士山。しかし忘れてはならないのが、富士山が“活火山”であるということ。火山が噴火したらどうすれば良いのか? 普段はあまり考えないシチュエーションかもしれませんが、「富士山の日」という良い機会にちょっと考えてみましょう。


 日本には実に110の活火山が存在します。その内、気象庁が「火山防災のために監視・観測」しているものは50。まずは自分の生活圏にどんな活火山があるのか、調べてみるのが良いでしょう。

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら? 「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」(画像は気象庁公式Webサイトより)

 火山が大噴火した場合、落下してくる岩石や高温な「火砕流(かさいりゅう)」などが襲ってくる火山付近からの避難が必要になるのはもちろんですが、より広範囲に被害をもたらすのが火山灰の「降灰」になります。火山は一回の噴火で数万〜数十万トンの灰を降らせるといわれており、1707年の「富士山宝永大噴火」では実に10億5000万トンの火山灰が降ったと考えられています。内閣府によると、これは東日本大震災において発生したがれき総量の約65倍。除灰作業が一筋縄には進まないことが容易に想像できます。

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら? 富士山が大きな噴火をした場合、降灰は広範囲に及ぶと予想されている(画像は内閣府公式Webサイトより

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら? 噴火がもたらすさまざまな被害(画像は内閣府公式Webサイトより

 いざ火山が噴火したときに、降灰量を知るために無くてはならないのが気象庁による「降灰予報」です。降灰予報は2008年にスタートしましたが、実は2015年に大幅にパワーアップ。以前は約6時間先までの予報でしたが、現在は18時間先までの予報が「定時」「速報」「詳細」の3段階で詳細に発表されるようになっています。

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら? 降灰予報は3段階でアナウンス(画像は気象庁公式Webサイトより

 気象庁は降灰時の対応について、0.1ミリ未満の降灰でも窓を閉め、0.1〜1ミリの降灰ではマスクを着用するよう呼びかけています。また、1ミリ以上の降灰がある場合は外出を控えるよう呼びかけています。過去には降灰が0.1ミリ以上だった地域でぜんそく患者の40%以上が症状悪化したというデータや、6ミリ以上で喉、鼻、眼の異常を訴える人が増大したという報告があります

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら? 火山灰の影響ととるべき行動(画像は気象庁公式Webサイトより)

 火山灰が積もった状況では、厚みが1ミリ以下でも車道のセンターラインは見えにくくなり、雨が降れば車がスリップする危険性が格段に上がります。晴れていても1〜2センチで運転に支障が出始め、5センチ以上で通行不能に。また、雨天時は5ミリの降灰で除灰用の車が走行できなくなり、通行不能状態になってしまいます。鉄道も5ミリ程度の降灰で運行停止と想定されるなど、大きな影響が考えられます。仮に富士山が大きな噴火をした場合、場所によっては100キロ以上離れていても2センチ以上の降灰が予想されます。案外ひとごとではないのです。

2月23日は「富士山の日」 もしも噴火したら? 約1ミリの降灰があった際の車道の様子。白線がまったく見えない(画像は気象庁公式Webサイトより)

 もしも富士山が噴火したら、交通の復旧にはどの程度の時間がかかるのでしょうか? また、具体的な除灰作業の方法は? ねとらぼ編集部では内閣府、国土交通省、JR東日本に取材を行いましたが、いずれも「どのくらいの時間がかかるかは分からないし、具体的な除灰方法も決まっていない」という回答でした。交通網に混乱が生じることが予想される以上、やはり非常食の備蓄や、付近の避難場所の確認など、日ごろからの備えが重要となりそうです。


関連キーワード

富士山 | 気象庁 | ぜんそく


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」