ニュース
» 2017年02月21日 18時51分 公開

「完璧にバランスが取れているゲームは触られすらしない」 格ゲ―でどういう調整をするべきなのか分析した動画が話題

「なぜ弱体化よりも強化調整をするべきなのか」

[ねとらぼ]

 「なぜ弱体化よりも強化調整をするべきなのか」――格闘ゲームにおけるバランス調整に関する分析動画がYouTubeの「Core-A Gaming」チャンネルに投稿されました。元は英語の動画ですが、日本語の翻訳を元にした日本語字幕付き動画もニコニコ動画に投稿され、反響を集めています。

 格闘ゲームで行われるバランス調整は、主に2つの方法に分けられます。1つは「キャラクターの弱体化」、もう1つは「キャラクターの強化」です。基本的には弱いキャラクターの強化によってバランス調整することがプレイヤーの理想で、弱体化は好まれる傾向にありません。

 バランスをよくする目的であっても、愛着をもったキャラクターの弱体化は受け入れられづらいですが、これは失ったものは良くなったものと比べて2倍の苦痛を感じるという「損失回避」という考え方が影響しているもの。つまり使用キャラが1つ弱体化されるた場合、同じくらいの強化を受けたとしても、2倍の苦痛を感じることになります。

 ただ動画では、バランスがとれてさえいれば良いわけではない、とも指摘しています。バランスだけを追求すれば「初代ストリートファイター」や「対戦空手道」のように1キャラしか選べないゲームこそが“最善のバランス”となりますが、現在そういったゲームはあまり好まれません。


バランス調整 やっぱ強化された方がプレイヤーは楽しい(以下、画像はYouTubeより)

 強化を繰り返したゲームとして取り上げられているのは「ストII」の海賊版として知られる「ストIIレインボー」。張り手で波動拳が出すことができ、移動スピードが非常に速くなるなど、全てのキャラクターが大幅に強化されたゲームでした。一部では「クソゲー」と呼ばれ、バランス以外の面でもさまざまな問題をはらんでいたものの、キャラクターに新しい選択肢と能力を与えたため、面白く魅力的なゲームとされていました。


バランス調整 全キャラが強化されまくった「ストIIレインボー」

 一方弱体化が受け入れられた珍しい例として、ストリートファイターIVシリーズのリュウの強昇龍拳が挙げられています。この技はシリーズが進むにつれて外れた時のリスクが増加していったものの、ダメージを増やすなどの調整も加えられ、プレイヤー側が「相手を恐れていないこと」「相手の動きが読めていること」などを表現する手段ともなり、弱体化の中でも印象に残る例となったようです。


バランス調整 プロゲーマーとの対戦時に強昇龍拳を連発した梅原さん。この対戦は「神試合」と表現されることも

 また、ストリートファイターVシリーズのリュウの昇龍拳(他キャラクターの同性質の技を含む)も、それまでの昇龍拳の大きな特徴だった「無敵(相手の攻撃が当たらないこと)」が削除されるという大幅な弱体化を受けました。このことはさまざまな議論を呼び、動画では“この調整によってゲームがより面白くなったかどうか”“戦略に創造性を与えたか?”と調整方法に疑問を呈しています。また、この調整については韓国のプロゲーマー・Infiltrationも「このような調整は好きではない」とコメントしていた件にも触れられています。


バランス調整 大幅な弱体化を受けたストVの昇龍拳。これで「ウメ昇龍」は見れなくなりました……

 e-Sportsの発展と共に、度々議論にのぼるようになったバランス調整。1月には日本人初のプロ格闘ゲーマー・梅原大吾さんが「操作していて気持ちいい部分があるかが重要。むしろバランスが悪い方が流行る」と発言し話題となりました(関連記事)。動画でも「壊れたゲームでも楽しむことはできるが、完璧にバランスが取れているゲームは触られすらしない」とされており、梅原さんの意見と共通する部分があるようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する