ニュース
» 2017年03月09日 12時00分 公開

新海誠「好きです」、樋口真嗣「本当に凄い」 SF映画「メッセージ」を日本映画監督らが絶賛

巨大飛行体がばかうけにしか見えないなんて言ってすまない。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「ブレードランナー2049」の監督としても注目されているドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める映画「メッセージ」(5月19日公開)に、「君の名は。」の新海誠監督や「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督など日本の映画監督たちが続々と絶賛のコメントを寄せています。

「メッセージ」ポスタービジュアル 「メッセージ」ポスタービジュアル

 同作は、テッド・チャンの有名SF短編小説「あなたの人生の物語」をベースとしたもので、突如出現した巨大な球体形飛行体に全世界が混乱するなか、言語学者のルイーズは“彼ら”がどこから何のためにやってきたのかを知るために、その言語を解読し探っていく物語。日本では、巨大飛行体の革新的(?)なビジュアルが「もうずっと“ばかうけ”にしか見えない」「多分、アメリカンサイズの柿の種」「ハッピーターンが映画化」などネット上で話題になっています。

エイミー・アダムスらが出演 エイミー・アダムスらが出演

 社会現象となった大ヒット作「君の名は。」を手掛けた新海誠監督は同作を「想像よりもずっと誠実な映画化。ヘプタポッドのあの表義文字がスクリーンに現れたときの感動……! とてもすてきな映画でした。良かった。好きです」と手放しで称賛。また、先日の日本アカデミー賞で最優秀監督賞も受賞した「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督も「凄い。物語の紡ぎ方、語り方、物語の中に込める正しい志。どこをとっても未来を向いている。本当に凄い」と、“凄い”を連発し完成度の高さを表現しているほか、押井守さん、前田真宏さん、大友啓史さんら日本を代表する名監督たちも同作を高く評価するコメントを残しています。

SFというジャンルでしか実現できないどうしても巧く語れない感動というものが確かにあります。どうやら今年の映画はこの一本で終わった気配です 押井守

わたしのことば あなたのことば ことばは橋かな それとも暗い穴かな それはあなたの世界の広がり それはわたしのこころの深さ これは、あなたの物語 これは、私たちみんなの物語 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」前田真宏監督

未知の言語体験から人類は何を発見するのか。ドゥニ・ヴィルヌーヴが、断絶と対立の時代に向けて放つ渾身の「メッセージ」 「るろうに剣心」大友啓史監督


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐