ニュース
» 2017年04月01日 08時00分 公開

大阪から最短30分で行ける廃線ハイキング 「福知山線廃線敷」が最高だった

ちょっとした冒険気分が味わえます。

[エンジンねとらぼ]

 長かった冬もようやく終わり、いよいよ春がやってきました。「どこかハイキングへ行きたいな、でもどこがいいかな?」と悩んでいたときに知ったのが「福知山線廃線敷」なるスポット。


福知山線廃線敷 こんなトンネルにも入れる

 なんと、昔電車が走っていた川沿いの道をそのままハイキングすることができるのです。鉄橋を渡ったり、トンネルなどにも入ることができてしまいます。しかも、大阪駅から電車で最短30分という驚異的な近さ。

 これは身近かつ面白そうだと、早速お昼のカップヌードル(カレー味)と懐中電灯をリュックに入れ、出発しました。


福知山線廃線敷 好物のカレー味

JR生瀬駅より目的地へ

 ハイキングの出発点は、兵庫県西宮市にあるJR生瀬(なませ)駅。平日だというのに、ナップサックを背負った方がちらほらと見受けられます。


福知山線廃線敷 コンビニがないので要注意

 廃線まではここから徒歩7〜8分。少々歩きますが、一定間隔で標識が設けられているので迷いません。


福知山線廃線敷 案内に従おう

 そうして到着したのが、福知山線廃線敷(別名:福知山線廃線跡、武田尾廃線跡)。ここはもともとJR武田尾駅につながる線路だったのですが、さまざまな事情から1986年に廃線。それ以来「廃線を歩ける秘密の観光スポット」としてハイカーや廃墟マニアが多数訪れるようになったのです。

 JR側は一時期立ち入り禁止措置もとりましたが、開放を求める声に押され、2016年5月に本格的な整備を開始。そして同年11月、誰でも入れるハイキングコースとなりました


福知山線廃線敷 入口の注意事項を必ずチェック

福知山線廃線敷 こんな感じのルート。今回はJR生瀬駅からJR武田尾駅までを歩きます(画像は西宮市のサイトより)

トンネルに入り、鉄橋を渡る

 この場所の魅力のひとつは、なんといっても廃線をお手軽に歩けること。例えば足元を見てみると、線路に使われていた枕木が残っています。


福知山線廃線敷 この上を電車が走っていた

 また、周囲を見回せば、駅として使われていたころの遺構が。これは廃墟マニアでなくとも興味が沸いてきますね。


福知山線廃線敷 すっかりさび付いた看板

福知山線廃線敷 まだ土台は残っている

 さらに、鉄橋を渡ることもできます。整備前は端しか歩けなかったのですが、今は堂々と中央を渡ることが可能に。風に揺られながら激しく流れる武庫川の上を歩くのはちょっぴりスリリングですが、滅多にできない体験ですよ。


福知山線廃線敷 真下からは激流の音が

 滅多にできない体験といえば、忘れてはいけないのがトンネルくぐり。この廃線には6つのトンネルが存在しています。


福知山線廃線敷 トンネルは全部で6つ

 自動車のそれとは違って、中は電気が一切なく真っ暗。ひとたび足を踏み入れれば、距離感が失われてしまいます。懐中電灯の心許ない光だけを頼りに歩き続けていると、気分はあたかも暗い海の底を歩いているかのよう。足音と水音だけが響きわたる空間を、ひょっとするとこのままさまよい続けるのではないかと、不思議な気分になってしまいます。


福知山線廃線敷 懐中電灯は必ず持っていくようにしましょう

 その分、出口の光が見えたときは、達成感ひとしお。ものすごい大冒険をしたような感覚が味わえます。この怖さにもよく似た面白さ、ぜひ体感していただきたいですね。


福知山線廃線敷 出口の光が眩しい

武田尾の大自然を楽しみながらカップヌードルを

 そして、もうひとつのみどころがその風景。中山連山と武庫川に面したこの廃線は景色も見応えがたっぷり。


福知山線廃線敷 そびえたつ連山

福知山線廃線敷 川のところどころに巨岩が

 廃墟マニアだけでなく、ハイカーにも人気の高い理由はこれです。秋には紅葉一色の眺めを、春には一面の桜を楽しむことができます。3月末に私が訪れたとき、まだ桜は開花していませんでしたが、既につぼみが開きかけている状態でした。4月の上旬から中旬が見所的にベストです。おいしい空気を存分に楽しんでいただくことができるでしょう。

 さて、福知山廃線での風景をオカズに、ランチと行きましょう。


福知山線廃線敷 醤油に白だし、みりん、ごまだれで味付け

 献立は、カップヌードル(カレー味)に加え、自家製の焼おにぎり。いずれも簡単なものばかりですが、外で食べるとより一層おいしくなります。


福知山線廃線敷 青空とカレーヌードル

 みごとな眺めを前によく焼けたおにぎりを頬張り、スパイスの効いた麺をすする。ささやかながらも味のあるぜいたく。これもまた、ハイキングの楽しみですよね。


電車ですぐ行ける大自然と廃墟

 以上、福知山線廃線敷を楽しんできました。出発点となるJR生瀬駅やJR武田尾駅へはJR宝塚駅からそれぞれ5分、10分程度、JR大阪駅からでも30分ほどと非常に近いです。都会からこれだけ近くて大自然や廃墟が楽しめるスポットはなかなかありません。

 この記事をお読みのあなたも、休日を利用してこの場所へハイキングに行ってみませんか? その際、お弁当と懐中電灯の用意を忘れないようにしましょう。


エンジン


関連キーワード

電車 | マニア | 人気 | 観光地


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」