ニュース
» 2017年04月11日 15時04分 公開

「鳥との濃厚な接触は好ましくない」 オウム病で国内初の妊婦死亡例、厚労省を取材

野鳥との接し方なども聞きました。

[Kikka,ねとらぼ]

 病鳥のふんなどを介して感染する「オウム病」を罹患(りかん)した妊婦の国内初の死亡例が確認されました。感染経路や野鳥との接触の危険性について、厚生労働省を取材しました。


オウム病 鳥にも人間にも感染する「オウム病」

 「オウム病」はインコやオウムといった鳥のふんなどを介して感染する、人獣共通感染症の一種。感染すると、突然の発熱や咳、頭痛といったインフルエンザに似た症状が出ると国立感染症研究所などが紹介しています。


オウム病 国立感染症研究所の注意喚起(公式サイトより)

 厚生労働省の担当者によると、研究を取りまとめている「日本医療研究開発機構」の研究者から3月上旬に、「オウム病に感染した妊婦が死亡」との情報提供があり、国内初となる妊婦の死亡例が確認されたとのこと。

 オウム病自体は昔から知られているもので、妊婦以外の死亡例も報告されていますが、厚生労働省は「あらためて周産期医療に携わる関係者にもオウム病について注意喚起したい」と3月17日に日本医師会に事務連絡をしたといいます。

 なおオウム病と診断した場合は全ての医師に保健所への報告が義務付けられていて、1999年の感染症法施行から2017年4月10日までに間に388例が報告されているとのこと。ただし、2012年以降の報告例は一桁台に減少しているそうです。

 今回妊婦の死亡時期については、個人の特定につながる可能性があることから現段階では公表しない方針。妊婦が鳥を飼っていたのかは不明で、感染経路などについては、今後専門家が究明していく予定です。

 また4月10日には研究者から新たに、国内2例目となる妊婦の死亡例が報告されたといい、ネット上では「家にツバメが巣を作った場合はどうなるのか」など、野鳥との接触を不安視する声もみられています。これについて質問したところ、「一般的な感染経路は鳥が持つとされる病原体(クラミジア)とされている。野鳥における正確な保菌率については把握していないが、野鳥を含む鳥との濃厚な接触は好ましくない」としました。

 目の前を野鳥が通り過ぎた程度での感染は考えにくいとのことですが、もし鳥を飼育している場合などで、治りにくい咳やオウム病と思わしき症状が現れた際には、医師に鳥との接触状況についても相談してください。

(Kikka)

関連キーワード

感染 | 妊娠 | 厚生労働省 | 注意喚起 | 症状


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」