ニュース
» 2017年05月18日 09時00分 公開

「ブオオォォーーッ!!! ブオオォォーーッ!!!」 トイレの音を消す“音姫”ならぬ“音将軍”が「今この中で踏ん張ってます」と言わんばかりの男らしさ

脱糞という名の戦の始まりを高らかに宣言。

[ねとらぼ]

 女性用トイレなどによく設置されている「音姫」の男性版「音将軍」が欲しい――というツイートが少し前に話題になりましたが、本当に試作版を制作してしまう人が現れました。仕事が早すぎる。




 元のツイートでは、男性向けにボリュームを上げるアイデアとして、「ボタンを押したら『(法螺貝)ブオオォォーーーッ!!!(軍の歓声)ワアアアァァァーーッ!!!』というSEを流すのっていうのどう?」と提案されていましたが、公開された試作品ではこのアイデアを見事に再現。ボタンを押すと「ブオオォォーーーッ!!! ブオオォォーーーッ!!!」という法螺貝の音に続いて、「行けぇーッ!」「ワアアアァァァーーッ!!!」という鬨(とき)の声がトイレ中に響き渡ります。これは士気が高まりそう。


音将軍 ポチッ

音将軍 「ブオオォォーーーッ!!! ブオオォォーーーッ!!!(法螺貝)」

 「トイレの音を消す」という本来の目的がもはや行方不明になっている気もしますが、Twitterでは「この中で今踏ん張ってますと言わんばかりの男らしさ」とむしろ好意的な意見も。一方ではやはり「『あ…開門したんだ…』ってなって恥ずかしいw」といった声も見られました。

 開発した「HPPS@平和荘」(@HPPS_HEIWASOU)さんにお話をうかがったところ、制作費は約2000円、製作期間は約3日間とのこと。材料は全て秋葉原のラジオ会館で調達し、「いかにも音姫っぽいケース」に、ボイスレコーダーの電子工作キットを組み込んだそうです。ケースの加工も自分で行い、「いかにも既製品っぽくすることにこだわりました」とのことでした。

 実際使うかどうかはさておき、Twitterでは「ぜひ商品化してほしい」「少しだけ落ち着いた感じの『音之様』も欲しいです」といった声も。意外と需要はある……?

画像・動画提供:HPPS@平和荘(@HPPS_HEIWASOU)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響