ニュース
» 2017年06月02日 19時00分 公開

本当に怖くておいしい友食いのお話 『人魚姫のごめんねごはん』エラ姫の憂鬱あのキャラに花束を

今日もまた、大好きなお友達を食べてしまった……。

[たまごまご,ねとらぼ]

 おいしいものを食べると、人間は幸せになるようにできています。けれども人魚姫のごめんねごはんは、食べれば食べるほど悲しみに満ちていくマンガ。今回は涙にくれながら友達を食べる人魚姫エラ姫をご紹介。


画像 『人魚姫のごめんねごはん』(原作:野田宏/作画:若松卓宏) 白い部分と黒い部分の比較がホラー

 1話目が公開されたとき、ネットでの反響は絶大で、瞬く間に2万7000RTされました。「面白いからこれちょっと見てよ!」って言いたくなる、インパクトがある。

 海の底のお魚たちの王国。人魚姫のエラは、お友達である魚たちと仲良く暮らしていました。リトルなマーメイドでアンダーのシー。それはそれは幸せでした。

 ある日、カツオの鰹男がいなくなってしまいました。釣られてしまったのです。魚たちは口々に言いました。「お別れくらい言いたかったね」「誰にも弔われぬとはさぞ無念でござろう……」


画像 彼女の目の前にいるのは、いつも仲良く遊んでいた友達の屍(カツオのたたき)(P15)

 エラは、せめて鰹男を弔いたいと願います。陸上の料理屋に行くと、そこにはたたきになった鰹男の姿が……あな悲しや、手を合わせるエラ姫。食べようとしない彼女に、何も知らないとなりのおじさんは、言いました。

「これじゃあ釣られたカツオも、成仏できねぇな」

野蛮で冷酷な人間の所業……ッ!

 弔いたい。その一心で、カツオのたたきにエラ姫、箸をすすめる。口に入れる。その瞬間、電撃が走りました。いいお味ですーー!!


画像 鰹男、あなたこんなに、おいしかったのね(P20)

 エラの口は人間の形で「魚を食べる」ようにはできています。この1ページだけ見ると、普通の人間のグルメ漫画のよう。

 問題は、仲間の魚たちと情愛を交わしてきたこと。飼っていた鶏やブタを食べるのと、だいぶ違う。意思疎通し、会話をし、一緒に友情を育んできた相手を、彼女は食べている。

 友食い(「共食い」ではない)です。魚が人間的な考え方をしている分、どうにもカニバリズムを想起させられて、ギョッとしてしまう。


画像 お友達、食べちゃった!!(P27)

 1話のエラは「お友達を食べてしまった」ことへの恐怖心と、おいしく感じた罪悪感に押しつぶされます。

 2話では、かつてエラが片想いをしていた(重要)マグロの鮪郎が、その場で解体(殺魚!)され、極上の寿司に。「こいつは、姉さんに食われるために生まれてきたのかもな」という、すしざんまい的な顔の職人の言葉が、刺さる。そんなこと言われたら、食べるしかないじゃない!(涙)

弔う人魚姫様

 アイヌの人々は鮭を「神の魚(カムイ・チェプ)」と呼び、捕まえたときは身体を全て捨てることなく、大切に食しました。敬意と感謝です。ならば丁寧に調理された友達の魚たちも、敬意を払っておいしくいただくのなら、罰当たりじゃないでしょう?

 いやいや待てよ、じゃあぼくら人間は家族や友達が亡くなったら、礼儀を払って食べるのか。そういう地方も世界にはあるかもしれないけど、ちょっと考えたくない。

 エラ姫の食は加速。一度食べてしまった禁断の果実=仲間の肉の魅力に、もうあらがえない。だんだん「食べたい」気持ちが先走りはじめる。まるで、血の味を知ってしまったクマのよう。


画像 ごめんねみんな、ごめんね……(おいしかった)(P109)

 次第に、周りの友達がみんな食べ物に見えてしまうようになります。

 注目したいのは、タラの鱈淵くんに「一番ヤバい奴」と言われたり、マタギの千代バァさん(人間)に「ケダモノを感じる娘」と称されていること。ひょっとして、エラ姫の中には残虐な何かが最初からあったんだろうか?

ポンコツ姫エラ

 エラの本来の性格は、明るくて純粋で、ものすごくポンコツ。記憶喪失になったとき、彼女はなぜか選挙に立候補し、当選してたりします。なんでだ。やっぱカリスマがあるのか?


画像 『ごめんねごはん』1巻の中でもトップクラスの迷シーン(P125)

 何もかも忘れて振り切って人間になれれば、思いっきりおいしいお魚食べられるのにね。でもあなたは、魚でも人でもないんだ。

 彼女が1つ絶対変わらないのは、魚への冒涜(ぼうとく)を許さない姿勢。魚たちは幸せなことに(?)、魚を愛する人々に丁寧に料理され、おいしく食べられています。だからこそ、魚への向き合い方が失礼な人のことは、許さない。

 そもそも海の中も弱肉強食。マグロなんかはイカとかサンマとかを食べています。だからひょっとしたら、「弔い」という真意を説明をすれば、彼女は海の仲間にも認められるんじゃないかな。エラの血肉となって、友達がいっぱい生きているのですし。ただし距離は置かれるかもしれない。

 なお1巻最後で「釣り」に誘われるという過酷な試練が。自分の手で仲間を殺すのは、ちょっと!

 ごめんねと言いながら、いいお味の魚を食べ続け、苦しみがつもっていく彼女の葛藤は続く。踊り食いとか生け作りとか見たら、彼女のメンタルどうなっちゃうんだろう。



(C)Hiroshi Noda・Takahiro Wakamatsu 2017

たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」