ニュース
» 2017年06月06日 11時59分 公開

新潮の中吊り広告を文春側は事前にチェックしていた トーハンが調査結果を発表

中吊り広告を見た上で記事の修正を行っていたかどうかについては文春編集部側は否定しています。

[エンジン,ねとらぼ]

 「週刊文春が『スクープ泥棒』を行っていた」と週刊新潮が声明を発表した問題について、中吊り広告をはじめとする販促物を取り扱うトーハンがその調査結果を発表。「公開前であった当社の中吊り広告を事前に入手していた」という新潮側の訴えの一部が事実であると報告しました。

週刊新潮スクープ トーハンの公式サイトに掲載された調査結果

 この問題は、5月18日発売の週刊新潮5月25日号に掲載された「『文春砲』汚れた銃弾」にて、週刊文春編集部が公開前だった週刊新潮の中吊り広告を入手し、スクープを盗んだと告発を行ったことに端を発しています。この訴えに対し、文春側は「盗用などの事実は一切ない」と否定(関連記事)。トーハンは新潮問題特別調査委員会を設置し、事実関係を調べていました。


週刊新潮スクープ 新潮社の述べた内容の一部が事実と判明

 その結果判明した事柄は、以下の通りです。

  • 週刊新潮の中吊り広告は書店への販促物の1つとして、平成15年(2003年)4月頃より同社から発売日前々日午後には提供されており、平成17年(2005年)春以降にはそれを社内掲出していた。
  • 文藝春秋の営業担当者による「勉強のため」「自社は校了後であり内容変更できない」といった理由での求めに応じ、商談中に机上で同誌中吊り広告のメモをとることを黙認するようになった。
  • 平成23年(2011年)春頃より、発売日前々日午後には同誌中吊り広告を文藝春秋の営業担当者に貸し渡しする仕組みが形成されており、平成29年(2017年)5月8日まで継続されていた。
  • トーハン側の担当者はこの貸し渡しによって内容変更が間に合うとの認識がなく、それを知っていれば貸し渡しは行わなかった。

週刊新潮スクープ 中吊り広告を見た上で文春側が記事を修正したかは不明

 調査結果を受け、トーハン側は「週刊新潮に係る中吊り広告の取扱いの件につきまして、当社の株主の方々や取引先様、関係先様に多大なるご心配をおかけいたしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪している。


エンジン


関連キーワード

文藝春秋 | スクープ | 謝罪 | 販売促進 | 新潮社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた