ニュース
» 2017年06月06日 11時59分 公開

新潮の中吊り広告を文春側は事前にチェックしていた トーハンが調査結果を発表

中吊り広告を見た上で記事の修正を行っていたかどうかについては文春編集部側は否定しています。

[エンジン,ねとらぼ]

 「週刊文春が『スクープ泥棒』を行っていた」と週刊新潮が声明を発表した問題について、中吊り広告をはじめとする販促物を取り扱うトーハンがその調査結果を発表。「公開前であった当社の中吊り広告を事前に入手していた」という新潮側の訴えの一部が事実であると報告しました。

週刊新潮スクープ トーハンの公式サイトに掲載された調査結果

 この問題は、5月18日発売の週刊新潮5月25日号に掲載された「『文春砲』汚れた銃弾」にて、週刊文春編集部が公開前だった週刊新潮の中吊り広告を入手し、スクープを盗んだと告発を行ったことに端を発しています。この訴えに対し、文春側は「盗用などの事実は一切ない」と否定(関連記事)。トーハンは新潮問題特別調査委員会を設置し、事実関係を調べていました。


週刊新潮スクープ 新潮社の述べた内容の一部が事実と判明

 その結果判明した事柄は、以下の通りです。

  • 週刊新潮の中吊り広告は書店への販促物の1つとして、平成15年(2003年)4月頃より同社から発売日前々日午後には提供されており、平成17年(2005年)春以降にはそれを社内掲出していた。
  • 文藝春秋の営業担当者による「勉強のため」「自社は校了後であり内容変更できない」といった理由での求めに応じ、商談中に机上で同誌中吊り広告のメモをとることを黙認するようになった。
  • 平成23年(2011年)春頃より、発売日前々日午後には同誌中吊り広告を文藝春秋の営業担当者に貸し渡しする仕組みが形成されており、平成29年(2017年)5月8日まで継続されていた。
  • トーハン側の担当者はこの貸し渡しによって内容変更が間に合うとの認識がなく、それを知っていれば貸し渡しは行わなかった。

週刊新潮スクープ 中吊り広告を見た上で文春側が記事を修正したかは不明

 調査結果を受け、トーハン側は「週刊新潮に係る中吊り広告の取扱いの件につきまして、当社の株主の方々や取引先様、関係先様に多大なるご心配をおかけいたしましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪している。


エンジン


関連キーワード

文藝春秋 | スクープ | 謝罪 | 販売促進 | 新潮社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む