ニュース
» 2017年06月27日 17時41分 公開

「ミニスーファミ」出荷台数はどうなる? 「MOTHER2」が入っていないのはなぜ? 任天堂に聞いてみた

「ミニファミコン」の時よりも初回出荷数は増やしたいとのこと!

[ねとらぼ]

 任天堂が本日(6月27日)発表した「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が早くも大きな話題になっています。2016年発売の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」のスーパーファミコン版で、「スーパーマリオワールド」や「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」など21タイトルを収録。カセット不要で、テレビにつなぐだけでこれらのタイトルを手軽にプレイすることができます。


ミニスーファミ ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

 しかし発表後、日本版と海外版で収録タイトルが異なることなどから、一部では「何でこのタイトルが入ってないの!?」といった意見も。特に反響が大きかったのは「MOTHER2」で、海外版では入っているのになぜか日本版には未収録。確かに「MOTHER2」の有無の差は大きい……!


ミニスーファミ 海外版の収録タイトル。こっちには「MOTHER2」が入ってるのに、なぜ……

 気になったので任天堂に問い合わせてみたところ、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の時と同じく、海外と日本では売れているタイトルや、求められているタイトルが違うためです」とのこと。また「MOTHER2」の収録を望む声が多くあがっていることについても聞きましたが、残念ながら個別の収録理由についてまでは回答できないとのことでした。

 また、前回の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」では品薄により手に入らない人が続出していましたが、今回はどうなのか、出荷数についても聞いてみました。

「具体的な出荷数などについてはお話しできませんが、今回は生産体制の整備に努め、ミニファミコンのときよりも、国内向けの初回出荷数は増やしたいと思っています」(任天堂広報)

 ――おおお、心強い言葉! 前回手に入らなかった人でも、今回は少しは手に入りやすくなりそうです。

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売日は2017年10月5日で、価格は7980円(税別)です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン