コラム
» 2017年07月01日 11時00分 公開

ゴキブリ対策完全版! 人類 VS ゴキの戦いに終止符を打つ「殲滅法」をアース製薬に聞いてきた(1/4 ページ)

夏が勝負。

[中山順司,ねとらぼ]

 ♪夏が来〜れば思い出す〜 はるかなゴキ〜 黒いゴキ〜

 夏です。ゴキブリ対策やってますか? にっくき奴はどうすれば殲滅(せんめつ)できるのか? 根絶やしにする方法はないのか? 人類が月にロケットを飛ばす21世紀に、たかが黒いゴキを退治できないとはなんなのか?

 というわけで、ゴキブリ対策のプロともいえるアース製薬さんに根掘り葉掘り質問しまくってきました。

 (((┌(┌ ^o^)┐カサカサ……

「1匹見たら30匹いる」はほんと?

筆: 今日は、人類とゴキブリの果てしなき戦いに終止符を打つためにやってきました……! よろしくお願いします。

ア: こちらこそ。まず私から質問をさせてください。ご自宅でどんな対策をされていますか?

筆: 大したことはしていないですよ。設置型の毒エサ剤をところどころに置いて、あとはたまに姿を見せたときに退治するスプレー式との併用ですね。

ア: 十分ですよ、ゴキ対策の中級者と呼んでいいレベルです。

筆: ほんとですか。たったそれだけで?

ア: プロは煙タイプを使いますが、一般家庭であれば設置型とスプレー式だけでも事足りますよ。

筆: でも、それでも年に何回かは目撃します。もっと一網打尽にしたいんです。

ア: お教えしましょう。なんでも聞いてください。

筆: まず、「1匹見たら30匹は潜んでいる」とか、「氷山の一角だ」的なことはよくいわれますが、事実ですか?

ア: 事実です。

筆: では、本丸はどうやってたたけばいいんです? というか、本丸はどこにあるんでしょう?

ア: 狭くて、暗くて、ジメジメしてて、暖かい場所ですね……つまりキッチンが最有力候補。

筆: キッチン以外でも、床下とか壁の間とか、家電の側とか、そういう場所にも潜んでいますよね。

ア: いますね。奴らはどこにでもいます。

本丸への攻撃の仕方

筆: 仮にわれわれに透視能力があったとしてですよ? 「あ! あそこにいる! わぁココにも!」みたいな状態になるんじゃないですか。

ア: なるでしょうね……その能力のせいで、落ち着いて生活できなくなるかもしれません。

筆: 透視能力があってもバラ色の人生にはならなそう……。で、本丸はどう攻撃したらいいですか。

ア: 設置型の毒エサ剤は本丸攻撃型です。毒エサをかじったゴキブリが巣に帰ってから吐いたり、フンをすると、それを食べた仲間も死にます。

筆: おー!

ア: 巣に帰ってそいつが死ぬと、死体を仲間が食べるのでまとめて死にます。つまり、餌を食べた1匹が爆弾となって、本丸攻撃につながるんです。

筆: うわぁ……共食いするんだ……。

ア: その習性を利用してのアタックですね。

筆: 設置型があればまずまずの攻撃力になる、と。で、たまに現れる奴をスプレー式で倒せばいいわけですね。

ア: そうです。夜行性なのでふつうは姿を現さないものなんです。人に発見されている時点で、かなりマヌケなゴキブリ。もしくは、よほど切羽詰まっていたか。

筆: 腹ペコすぎて、つい姿を見せてしまった的な?

ア: ですね。ただ、ゴキブリはそもそも警戒心の強い生き物なので、基本は姿を見せません。メスはとくに警戒心が強い。

筆: 見かけないから安心して良いってわけじゃないんですね。そういえばですが、ゴキブリって家の外で見かけることってあまりないような。

ア: いや、外にもいますよ。ふつうにそこらを歩いていたりすることも。

筆: 要は、家の中のほうが快適だから外で見かけにくいってこと?

ア: もともとは屋外で生息していたのですが、快適な場所を求めて移動した結果、人の住処がよいと判断したんでしょう。

高層マンションなら安心?

筆: 家から家に移動することもあるんですか?

ア: 今の住処が住みにくい(つまりゴキ対策を十分にやり、清潔に保った家)としたら、引っ越すことはあり得ます。

筆: 高層マンションであれば、ゴキブリはいないんじゃないかなって期待があるんですが。さすがに何十メートルも高い場所には飛んでこれますまい。

ア: バッサバッサと飛んで来ることはないです。そういう意味では確率としては低いです。が、残念ながら奴らはそれでも現れます。

筆: どうして!?

ア: 低階層から侵入し、餌を求めて上に登ってくるんです。

筆: エイリアンかゾンビみたいだ。

ア: 数ミリの隙間があれば入ってきますので、どんなに注意しても完全シャットアウトは事実上不可能です。

筆: たったの数ミリで侵入してくる?

ア: 成虫はムリですけど、幼虫は入れます。そして成長サイクルは数カ月単位なので、あっという間に成長してしまう。まあ、クロゴキブリはチャバネゴキブリより成長スピードはやや遅いですが、それでも数カ月の差しかない。

筆: しかも、なんだって食べますよね、髪の毛、せっけん、共食いもするくらいだし。

ア: 塩は食べないらしいですが……まあなんでも餌になりえます。高層マンションならゴキブリを見ない、と安心するのは間違いです。

筆: 地球上において、奴らがゼッタイにいない安住の地はないんでしょうか。

ア: アラスカとか南極大陸であれば。

筆: そういうのじゃなくって、もっと現実的な話を……。

ア: 奴らはどこにでもいるという事実をまず受け入れてください。人がいる=餌があって暖かく、住みやすい場所だから。家に入ってくる前提で戦うのです。逃げちゃダメ。これから、理想の攻撃スケジュールをお伝えします。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」