子どもの頃描いたポケモン151匹の絵、20年ぶりにリメイクしてみた 変わらない情熱と成長した腕前が感慨深い

20年続いたポケモンと、20年描き続けている作者。2つのステキな融合。

» 2017年08月01日 16時25分 公開
[黒木 貴啓ねとらぼ]

 7歳の頃に初代「ポケットモンスター」の151匹を描いたイラストを、20年たった今、自分の手で描きなおしてみた。そんなイラストレーターの2枚の絵が、Twitterで多くのポケモン世代&クリエイターの感動を呼び起こしています。

 20年前のイラストは、鉛筆で1枚の紙に「赤緑」期のポケモン全てをぎっしり描きこんだもの(ちゃっかり「金銀」期も2匹いる)。多少ボディラインが崩れ、カビゴンよりカメックスが大きいなど縮尺も無視しているものの、各ポケモンの特徴をしっかり捉えています。7歳でこの画力は素晴らしい。何より151匹を描き切る熱量にポケモンへの愛があふれ、子どもの頃って好きなものになりふり構わず熱中したよなと共感してしまいます。

ポケモン 20年 イラスト リメイク 7歳の頃(画像提供:@nue_junkさん)

 作者のヌエさん(@nue_junk)は27歳になった今、ポケモンの映画20周年のタイミングに合わせ、こちらの絵をリメイク。各ポケモンの配置や大きさはそのままに、線やバランスをしっかり整え、色を加えながら描きなおしました。今も絵を描き続けている熱意、その画力の上達ぶりには感心せずにいられません。

ポケモン 20年 イラスト リメイク 27歳の今

 この2枚を「当時7歳のぼくよ。お前は休み時間はいつも外で遊ばずに自由帳に絵を描いている子だったね。27歳のぼくも休みの日はいつも外に出ずに絵を描いてはSNSにあげる子に育ったぞ」と投稿。1万回近くリツイートされるなど注目を集めています。2枚を眺めていると、ポケモンというコンテンツが20年以上続いていることへの感慨深さ、昔の思い出に再び息が吹き込まれている姿へのときめき……あらゆる感情が揺さぶられます。

 ヌエさんに取材したところ、今回のリメイクには6、7時間ほどかかったとのこと。

 「配置は既に決まってるし、1匹1匹そこまで丁寧に描いてないのですが、なにぶん量が多かったので。7歳当時は資料を見ないでも151匹描けてたので、もっと時間がかからなかったんじゃないかと思います。中にはとてつもなくひどい扱いのポケモンもいますし。モンジャラとかツルしか見えなかったり」

ポケモン 20年 イラスト リメイク

 7歳の頃はどんな思いでこのポケモンたちを描いたのでしょうか。

 「当時の私は学校の休み時間はいつも自由帳にポケモンの絵を描いていて、興味を持って集まってきたクラスの子となんやかんや話しながら過ごしていました。この絵のコンセプトはおそらく『ポケットに入ったポケモン』で、最初は数匹の予定だったのですが、周りの子からあれがいない、これがいないと指摘を受け続けた結果、結局全部描くことになった記憶があります。今思えば半ばからかわれてたんでしょうね。私は当時もバカでした」

 当時お気に入りのポケモンはカメックスとのこと。絵でも大きく目立っています。

 「最初に選んだポケモンがゼニガメだったので。カメの背中にキャノン砲がついててそこから水が出るってものすごい発想だなぁと。今は、後のシリーズで出てきたチャーレムにほれてから、それ以降ずっとお気に入りです。3Dの姿でクルクル踊ってから合掌するモーションが優雅やらかわいいやら」

ポケモン 20年 イラスト リメイク カメックスが、20年の時を得てさらに進化した

 好きなポケモンタイトルを聞いたところ、「ストーリーを何回も楽しんだ赤、一番友達と遊びあった金、ゲーム内の要素を遊びつくしたルビー、対戦の鬼になったダイヤモンド。シリーズ作品はどれも思い出深いです」と、並々ならぬポケモン愛を披露したヌエさん。イラストへの情熱と、ポケモンというコンテンツ、互いに20年続いたからこそ実現した心染み入るコラボでした。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評