ニュース
» 2017年08月13日 13時00分 公開

「プロゲーマーって引退したらどうするの?」 現役プロゲーマーにeスポーツの将来について聞いた(1/3 ページ)

「プロゲーマーってモテるの?」など、いろいろな話を聞いてみました。【訂正】

[イッコウ,ねとらぼ]

 日本で初めてプロ格闘ゲーマーが誕生したのは2010年。カリスマプレイヤーである梅原大吾(ウメハラ)がゲーム関連機器メーカーのスポンサードを受けたことがきっかけだった。その後日本でも数々のプロゲーマーが誕生したが、国内では高額賞金がかかった大会が開かれないこともあり、プロゲーマーにスポットライトが当たることは少ない。EVO2017での日本人優勝が話題になるなどeスポーツへの注目度が年々高まる一方で、一部の熱心なゲーマーを除いた多くの人にとって「プロゲーマー」という存在はまだまだ不透明だ。

【2017年8月14日15時15分:当初「日本で初めてプロゲーマーが誕生したのは2010年」と記載していましたが、「日本で初めてプロ格闘ゲーマーが誕生したのは2010年」に訂正しました】

 日本におけるプロゲーマーとeスポーツは今後どうなるか――今もなお、「ゲーム」という言葉には「遊び」のイメージが付きまとい、「競技」として考える人は多くない。そんな中で「ゲームで身を立てる」という前例の無いチャレンジを続けるプロゲーマーは、自身の将来、そしてまだまだ未熟な国内eスポーツの未来をどう考えているのだろう。

 競技者であればいずれ必ず訪れる引退、eスポーツの未来、海外との環境の違い、そして「プロゲーマーはモテるのか」など、レッドブルからスポンサードを受け、格闘ゲーム「ストリートファイターV」の世界で闘うプロゲーマー「ボンちゃん」に率直な質問をぶつけてみた。


ボンちゃん プロゲーマー e-sports イースポーツ

ボンちゃん(@katitagaribon

レッドブルに所属し、「ストリートファイターV」の舞台で闘うプロゲーマー。強固な守りと的確なタイミングで撃つ飛び道具に定評があり、今年は既に世界大会で3度優勝。弱いとされるキャラクター・ナッシュを使いながらも好成績を残し、「ラストナッシュ」とも呼ばれていた。世界最大の格闘ゲーム大会「Evolution 2017」(EVO2017)では9位。ストリートファイターIV時代はサガット使いの強豪として知られ、EVO2014では2位に輝いている。



プロゲーマー養成学校は“何教えてんの?”って感じ

―― 年齢とゲーム歴を伺いたいのですが。

ボンちゃん: 今30歳です。ゲームを始めたのは小学校高学年くらいですかね。デパートにあるゲームコーナーから始めて、後から家庭用のゲームを買った感じです。レッドブルのスポンサードを受けたのは2年前くらいです。

―― プロゲーマーとしての仕事だけで生活できてる人ってどのくらい居るんでしょう。

ボンちゃん: 国内では10人くらいですかね……。他タイトルのことなどはあまり分からないのですが、企業からスポンサードを受けるストリートファイターVのプロプレイヤーなら、ほとんどの人が食えてるはずです。

―― 収入はどういう形で得ているんですか?

ボンちゃん: 僕はまとめて半年に一回振り込まれていて、そこからマネジャーを通じて毎月もらってます。年俸制に近い感じですね。あとは別途大会で活躍すれば賞金がもらえます。僕は本を出したり、講演したりってことはやってないです。

―― 講演は依頼があればって感じですか?

ボンちゃん: いやー……どこから依頼が来るかによりますね。今だったら、例えばプロゲーマー養成学校ができたりしてるじゃないですか、そういう所から依頼があっても現状は受けないですね。

―― 「プロゲーマー養成学校」についてはどう思います?

ボンちゃん: “何教えてんの?”って感じですね(笑)。プロゲーマーになってる人たちって、そういう学校出てる人はいないので。もちろん僕も格闘ゲームしかやってないので、他のジャンルははよく分からないんですが、僕らの周辺の視点で言わせてもらうと、前例が無いので“誰が教えてんの?”みたいな。そこに行ってどうこう、というのはやるつもりはないです。つながりもないですし絡んでいくつもりもないですね。寄らないでくれ、ぐらいの(笑)。


引退後のビジョン

―― 今年の大会結果ってどうですか?

ボンちゃん: いやー、僕のゲーム人生でこんなに弱いキャラクターを使ったことがないのでよく勝ってるなって感じですね。結果を出さなきゃいけない立場になったのが、ここ数年のことなんですけど、IV(ストリートファイターIVシリーズ)の頃は恵まれたキャラクターを使ってたので、今はスゴい壁にぶち当たってますね。ただ、幸い大会の結果だけはそこそこになってるので、ツイてるなと思ってます。


ボンちゃん プロゲーマー e-sports イースポーツ ボンちゃんの使用キャラクターはナッシュ(取材日・8月2日時点)。発売当初は最強クラスとされていたが後に大幅な弱体化を受け、現在ではナッシュを使うトッププレイヤーはほぼ居ない(画像はストリートファイターVのサイトより

―― プロゲーマーの将来について伺いたいのですが、ご自身は今後も結果を残し続ける自信はありますか?

ボンちゃん: します。そこはできると思っています。

―― 年齢的な反応速度の低下や、体力の低下による影響は感じますか?

ボンちゃん: 僕は全然です。もともと反応速度はいい方なんですよ。でもストリートファイターVになってゲーム性が変わったのに合わせて、“見てから反応する”という練習をしなくなったんです。結果的に反応できないという事は増えましたけど、それは鍛錬をしていないから衰えているように感じるだけであって、思考速度が遅くなっている訳でもないしプレイそのものが衰えてるって感覚はないですね。年齢的にも“さすがにまだ大丈夫じゃねーの?”って感じで(笑)。

―― 引退後のビジョンってあります?

ボンちゃん: 現状、格闘ゲームの中で「コーチ」っていませんよね。……でも自分がコーチになりたいかと聞かれたらそれはNOなんですよ。別に教えるのは苦手じゃないんですけど、教わる側だったら「昔強かった人」に教わりたいかなというのは疑問なので自信ないですね。それこそ、会社に属するんだろうなぁ……。

―― トッププレイヤーがゲームメーカーに入って、ゲームバランスの調整役として勤めるという例もありますが。そういう道は?

ボンちゃん: それは全然やってみたいなと思います。今は開発に携わったゲームをプレイする訳にはいかない環境だと思うので出来ないですが。

―― ゲームを作りたいという思いはあるんですか?

ボンちゃん: 全然ありますね。自分が長く関わっているのがストリートファイターシリーズなので、同系統のゲームなら理解できているつもりです。歴は浅いですが、別系統の格闘ゲームでもいい意見は出せるんじゃないかな。結局ゲームって面白いか面白くないかだと思うんですけど、“何が面白くて、何がつまらないのか”というのを提示できれば、良い物ができそうな気がします。


ストリートファイターVは賞金が高いからやらざるを得ない

―― やはり、プロである以上は結果が求められると思うんですけど……。

ボンちゃん: 間違いない。

―― スポンサーから結果を求められるというプレッシャーはありますか?

ボンちゃん: 僕も“恐縮です”って感じですけど、ウチ(レッドブル)はないです。もちろん結果を出したほうがいいと思うんですよ、日の目を見ることになるし、こうやって取材も受けられるし。でも、例えば「この大会で何位以内に入らないと終わりです」みたいなのは全く無いです。

 なんなら出る大会もこっちが勝手に決められますし。言われたとしても「Evolution(世界最大の格闘ゲーム大会)は出て欲しいですね〜」くらいです。それはもう言われなくても全然出ます、っていう(笑)。そういう点ではかなり気楽ですね。

―― では、他のプロゲーマーから「スポンサーのプレッシャーがきつい」みたいな話は聞きます?

ボンちゃん: そりゃあるんじゃないですか、お金もらってますからね。それこそ「結果出さないと終わり」って言われたという話も聞いたことがあります。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい