他界した猫が生き返って歌い踊る “天国帰りの猫”の音楽家「むぎ(猫)」は、異色なのに優しい(1/2 ページ)

着ぐるみのような猫のアーティストがフジロックに出演し、大評判に。謎の魅力を取材してきた。

» 2017年08月11日 19時30分 公開
[黒木 貴啓ねとらぼ]

 他界したペットの猫が、現世に生き返って歌って踊っている。そんな異色なプロフィールのミュージシャン(?)が、先日行われた音楽フェス「フジロックフェスティバル2017」に出演し、やたらと評判を呼んでいる。


 その名も「むぎ(猫)」。見た目は猫の着ぐるみっぽいけど、これは飼い主が手作りしてくれた“新しい体”。音楽に合わせて歌い、楽器も演奏する、“天国帰りの猫”なのだという。沖縄県うるま市を拠点に活動している。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー フジロックに出演する様子

 ツッコミどころしかないが、現場からは「泣いちゃった」「エモい」と感動の声があがっている。フジロックに出ていた小沢健二やビョークなど名だたるアーティストを差し置き「ベストアクトだった」「今年一番の収穫」と評価する人すらいる。どうなってんだ。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー 大評判だった

 ちょうど下北沢でライブがあったので鑑賞。むぎ(猫)と、活動をサポートしている飼い主・ゆうさくちゃんを取材してきた。それにしても、むぎとゆうさくちゃん、雰囲気がやたらと似ているな。

演奏、MC……いい意味で期待を裏切る天国帰りの猫

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー むぎ(猫)、下北沢に降臨

 下北沢のライブハウスに現れた大きな猫は、登場曲に合わせて何やらステップを踏み、ゆっくり両手を掲げ、不思議なダンスを始めた。

 「むぎ(猫)といいます。最初のはビョークちゃんの踊りです。昨日フジロックフェスティバルに出演したんですが、ただ演奏するだけでなく、ちゃんと他の出演者のライブも吸収してここに来ました!」

 あ、普通にしゃべるんだ。見た目とのギャップ、さらにビョークという世界的カリスマアーティストのダンスを猫がマネしてみせたシュールさに、会場は笑いと動揺に包まれる。

 1曲目の「どんなふうに」ではイントロから巧みな木琴さばきを見せ、場内から歓声が。跳ねるようなドラムとピアノに体を左右に揺らしながら、むぎの柔らかい歌声に耳を傾ける。見てくれだけではない良質な音楽に、観客もみんなにこやかにハマっていた。

野外音楽フェス「りんご音楽祭2016」での「どんなふうに」ライブ動画
むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー お得意の木琴さばき

 ジャンルも幅広く、引き出しも多い。音頭調の「アガってく音頭」では地球の“温度があがっていく”現実を皮肉りながら、祭りばやしのようにスティックでタムをたたく。テクノ調の「履いてくノロジー」ではデバイスが進化していく忙しさを歌い、ロボットダンスと高速の木琴テクを披露。猫離れした芸達者ぶりに興奮しながらも、どの楽曲にも猫らしい要素が盛り込まれており、むぎ独特のライブにどんどん引き込まれていく。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー 「アガってく音頭」でうちわで観客をあおるむぎ

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー 「履いてくノロジー」ではテクノに合わせてロボットダンスも

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー カリプソ調の「友達は食べちゃダメ」で、友達のネズミ・チュータくんのしっぽをくわえる場面

 曲が終わった後も肩で息をしながら「暑いですね……」「はぁはぁしていて心配するかもしれないけど、これが普通です」と、愛嬌たっぷりのMCに笑い声も絶えない。機材から曲を流すときも、その大きな指だと他のボタンに当たってしまうから、バチの後ろを使って慎重にクリックする。無言の数秒を、観客みんなでほほえましく見守る。多少の人間臭さや失敗も気にしない、ほっこりゆるーいやりとりが、猫ならではだ。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー 3回目の給水タイムに歓声をあげるフロア

 最後の「天国かもしれない」ではゆったりしたレゲエ調の音楽に乗せ、「僕はここにいるよずっとそばにいるよ きっとここは天国」と、天国帰りならではの気持ちをひたむきに歌う。終演後、「最高だった」「やばかった……」と感動に浸る声があちこちから聞こえた。

「天国かもしれない」PV
むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー

 ビジュアルがただ猫というだけではない、ライブパフォーマンス、音楽の良さ。それらを含めた「天国帰りの猫」にしか出せない世界観に、みんなほっこり癒やされているようだった。フジロックに出演したのは最終日となる3日目の夜と、参加者が疲労感たっぷりの頃合い……こんな優しいライブに触れたのだったら、泣いてしまった気持ちも大きくうなずける。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評