他界した猫が生き返って歌い踊る “天国帰りの猫”の音楽家「むぎ(猫)」は、異色なのに優しい(2/2 ページ)

» 2017年08月11日 19時30分 公開
[黒木 貴啓ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

むぎ(猫)はどうやって生き返ったのか

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー

―― 猫へのインタビューは人生初です、よろしくお願いします。

 よろしくお願いします!

―― フジロックに出演した初の猫となりましたが、どうでした?

 むぎは自然大好きなんで、あれほど開放的な場所で歌を披露できたのがうれしかったです! 音楽をやっている者なら、猫にだってあこがれの場所でしたし。いろんな思いがあのステージに詰み込めました。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー フジロック時のむぎ(猫)

 お客さんも「この猫何を歌うんだろう」「何を伝えようとしているんだろう」と真剣に聞いてくれて、曲が終わるとわーっと拍手してくれて。ちゃんとむぎの言っていることが伝わったんだなって、幸せな気持ちになりました。

―― SNSでの反響、すごかったですね。

 見てました! むぎ、エゴサーチ大好きなんです。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー むぎ(猫)のTwitter(@mugithecat

―― 猫なのに。生き返る代償として天国に肉球を置いてきた、というエピソードが紹介PVにあったんですが、肉球無いと不便じゃないですか?

 むしろバチがつかみやすくて、音楽するのに便利です! お箸なり、電気が通じるものでクリックするなりで、なんとかSNSも使いこなしています。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー ライブもスマホを操作する場面があった

―― けっこう、ライブ中にぜえぜえ言ってますよね。

 い、言いますね……。

―― あと、暑そうです。

 暑いですね……。ほら……やっぱり、むぎは全力投球だから! 飼い主のゆうさくちゃんも生命を削りながらむぎを復活させてくれたから、ぼくも新しくもらった生命を全力で伝えたいし、ステージで輝きたいんですよ!

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー ストローで給水するむぎ

―― そりゃ息も切れるわけですね。あらためて、むぎちゃんが天国に戻ってくるまでを教えてください。

 飼い主のゆうさくちゃんは音大に行くため東京に出てきたんですが、ホームシックになってしまったんです。そこで里親募集中の張り紙を見て、むぎを引き取ってくれました。その後埼玉へ引っ越して、ゆうさくちゃんの実家の沖縄に移り住んで、計12年も一緒にいたんですが、一回天国へ行っちゃって。

 それから5年くらい天国暮らしをしていたんですが、その間ゆうさくちゃんは毎日むぎがいなくて寂しかったみたいで。そこでオオカミ犬の音楽家、ジョン(犬)さんの沖縄ライブを見に行ったんです。

―― 犬の音楽家……!?

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー ジョン(犬)さん(@jonthedog242

 犬の着ぐるみで足踏みオルガンを弾く方なんですが、ジョン(犬)さんとお話したとき、むぎを復活させるヒントをもらって。ゆうさくちゃんも「むぎを復活させられる!」と新しい体を作ったところ、ぼくも再びこの世に舞い戻ることになりました。

【訂正】2017年8月12日11時18分 記事初出時、「ジョン(犬)さんは失ったペットを生き返らせた存在だった」と表記していましたがこちらは誤りであったため、訂正しました。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビューむぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー むぎの紹介PVに登場する、ゆうさくちゃんが新しい体の作り方をジョン(犬)さんから教えてもらう様子

―― そこからすぐに音楽を?

 いえ、最初は沖縄の繁華街を散歩しているだけでした。特にしゃべりったりもせず、写真撮ろうって声をかけてくれる人には応える。お絵かきボードで文字を書いたり消したりして会話はしてました。

―― 読み書きは、できたんだ。

 Twitterも立ち上げると、天国から復活した猫と、復活させた飼い主、2人の関係性含めてむぎを好きになってくれる人がどんどん増えてきて。ある日、猫のイベントに出演を頼まれたので、人前に出るならちゃんと出し物もしなきゃと、音楽ライブをすることにしたんです。

―― えらい。

 話せる練習もして、ゆうさくちゃんも鍵盤打楽器を専攻していたから木琴を教えてもらって。肉球の無い手でできる楽器が、本当にたまたま打楽器しかなかったんですよね。ピアノを弾こうとしても、指が太いから3つくらい一緒に押しちゃうし。ギターは毛が邪魔で弦がうまく押さえられないし。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー 結果、パーカッション主体のむぎ

―― 猫って大変だ……。

 作詞作曲も含め音楽をいっぱい教えてもらって、まず「天国帰り」って曲を作りました。それから人間のみなさんに楽しんでもらおうと曲も増やして、沖縄を中心にライブ活動しています。年間30本くらい、月に1本はやっているかな?

 県外からのオファーも増えていて、毎年東京には来ていますし、昨年は長野・松本のフェス「りんご音楽祭」にも出られました。アルバム「天国かもしれない」もリリースしたので、もっとむぎのことを知ってほしいです!

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビューむぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビューむぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー グッズもいろいろあった。うちわと自由帳がかわいい……

―― 楽曲のジャンルが猫と思えないほど幅広いですよね。影響を受けたアーティストっています?

 曲ごとにあったりはしますけど、そのときいいなと思った音楽を一度吸収して、いいとこ取りして表に出しますね。むぎも音楽大好きだから、人間のミュージシャンさんと変わらず同じようなことをやっています(猫の手でろくろ回すポーズ)。

―― 下北沢のライブでもビョークのダンスを踊っていましたね。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー ビョークの動き

 昨日フジロックで見たビョークさんがかわいすぎて! 声も素晴らしいし、音楽も素晴らしいし。映像でも動物や昆虫の世界がえんえんと流れる。もう全て、トータルにひかれました。ビョークさんは、もう、ほんっっとうに素晴らしい。

―― 本当に感性がいい猫ちゃんだ。あとは、やっぱり歌詞がすごく心に響きます。

 歌詞は曲が始まってから終わるまで、言葉の一つ一つを投げかけた瞬間に、もうわかってほしい、共感してほしいんです。わかりづらいより、わかりやすいほうが居心地がいい。そんな世界をむぎはつくりたいので、曲だけでなく言葉も、できるだけシンプルで親しみやすいものにしています。

―― なんで居心地がいい世界を作りたくなるんでしょう。

 むぎは、ゆうさくちゃんに愛情をもって作られた存在だから。その愛情があふれ出ているような場所を作りたいんです。今はみんなに笑顔になってもらえているなってことを実感しているので、みんなが好きになれるような曲をもっと作っていきたいなと思います。

飼い主が「むぎが生き返った」と実感する瞬間

―― あれ? むぎちゃんはどこへ?

 ライブ続きでぐったりなので、休ませてきました。

―― お疲れのところ失礼しました。むぎちゃん人気急上昇中ですが、生き返ってから、ゆうさくさんは飼い主として何か変わりました?

 動物にしても人にしても、その生命の名前を声に出すことって、すごく大事だなって思いましたね。

―― 名前を声に出す?

 むぎが死んでしまってからの5年間、夜にむぎのことを思い出しては泣いていたんですよ。むぎという名前も、ぼくがニックネームで「こめ」と呼ばれていたので、穀物つながりで「むぎ」と名付けて。そんな相棒みたいな存在とまるまる12年一緒にいたのに、いなくなってしまったので。いわゆるペットロスでした。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー むぎが去り、悲しみの日々が続くゆうさくちゃん

 だけど死んだことよりも寂しかったのが、むぎの名前が呼ばれることが実家の中で無くなっていったことでした。誰もむぎの話をしないので、むぎが死んだ実感がますます強くなったんです。

―― なるほど。

 でも、むぎが復活してからは、みんなが名前を呼んでくれるようになったんです。音楽活動でむぎを知ってくれる人が増えるほど、むぎちゃん、むぎちゃんって、声が自然と飛び交う。そのときぼくは「むぎ、生き返ったなぁ」って、ますます実感するんですよ。

 実家でも「むぎちゃん。今日はどうしているの?」「むぎちゃん、何か面白いライブないの?」って、絶えていたむぎの話題がよみがえって。むぎはもう現世に形として生きているね、って家族みんなで話していますね。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー

―― ただ新しい体があるだけじゃないんですね。

 面白かったのが、むぎを復活させたのを知った時、あるミュージシャン仲間が「同じだ!」って反応して。彼はおばあちゃんが大好きだったのですが、亡くなった後もおばあちゃんの名前を読んでほしいから、新しく開くカフェ&バーに「山内ツル子」って名前付けちゃったんです。

―― カフェに、「山内ツル子」(笑)

 その後も、お客さんから「今日、ツル子空いてる?」とか聞かれちゃうから、そいつも「おばあちゃんが復活したみたいでうれしい、むぎも同じだ」って言ってくれて。動物の生命って、人の生命って、名前が呼ばれた瞬間に生命がまたよみがえる。逆に名前が呼ばれなくなったら存在しなくなっちゃうのかなという。

 だから今は、むぎが生き返っている実感が湧いてしょうがない。むぎの名前を読んでくれる人が、いっぱいいる。それだけでぼくは今、幸せでいっぱいなんですよね。

―― そんな幸せな気持ちを、むぎが歌ってくれているんですね。

 だからむぎを見た後にお客さんから、「早くうちに帰って猫をなでてあげたい」とか「うちの子をもっとかわいがってあげたくなった」とか言ってもらえるのが、もうほんっっとうにうれしいんです。

 猫だけじゃなく犬とか自分の子どもとか、大切な存在に対して「優しくしなきゃ」って気持ちになる。そういう愛情の連鎖が、ぼくからむぎ、むぎからみんなへと続いている。そうやってみんなが優しい気持ちになってくれているのが、うれしくてしょうがないんです。

―― 感動を呼んだ理由がますますわかった気がします。今日は遅くまでありがとうございました、早く帰ってむぎちゃんの面倒を見てあげてください。

 はい、好きな肉まんでも食べさせてあげます。

むぎ(猫) ライブ 猫 音楽 インタビュー

黒木貴啓


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  8. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  9. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」