ニュース
» 2017年10月03日 08時30分 公開

シャープの「RoBoHoN」にWi-Fiモデル登場 かわいいロボホンのお値段が少しかわいくなりました

SHARPさんは、今日も冴えてます。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 シャープは「RoBoHoN(ロボホン)」のWi-Fi専用モデルを発売すると発表しました。発売日は2017年10月6日。

ロボホンの画像 RoBoHoN(ロボホン)

 「ロボホン」は、小型で携帯できるモバイル型ロボット。Wi-Fiモデルでも現行モデルの特長は継続し、二足歩行ができ、持ち歩きができるコンパクトサイズで、カメラ機能、プロジェクター、歌やダンス、専用アプリなど、現行モデルと同様の機能やコンテンツを搭載します。

ロボホンの画像 立ったり座ったり歩いたり、ダンスもできる(RoBoHoN公式サイトより)

 2016年に発売された3G・LTEモデルは、本体価格約20万円に加え、月額980円(税別)の「ココロプラン」への加入が必要で、さらにモバイル通信サービスとしてのSIM契約も必要でした。発売当時はこの値段に「手が出せない」という声も多く、シャープ公式Twitterも「ロボホンかわいいけど、お値段かわいくないのは、否定しません。」と認めていました(関連記事)。

 今回のWi-Fiモデルの本体価格は13万8000円(税別)。3G・LTEモデルよりも約6万円安くなっています。ココロプランへの加入は必要なものの、モバイル通信サービスの契約は必須ではなくなります。なお、Wi-Fiモデルでは本体価格にココロプラン1年分の料金が含まれており、期間内は無料で使用できます。シャープ公式Twitterによると「かわいいロボホンが、Wi-Fi専用モデルとなって、お値段も少しかわいくなりました」とのこと。

 さらに、シャープ公式Twitterは「ただしWi-Fi専用ロボホンは電話機能がないので、ロボホンのホンがなくなります。つまりロボ」と、いつものキレのあるつぶやきをしています。

ロボホンを電話としてつかう画像 Wi-Fiモデルでは、電話はできなくなります

高橋ホイコ

関連キーワード

RoBoHoN | Wi-Fi | シャープ | かわいい


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む