コラム
» 2017年10月24日 11時00分 公開

統計学で分かる「選挙の『当確』がめちゃくちゃ早く出てしまう理由」

いくらなんでも開票直後に分かるのは早すぎると思いませんか?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 10月22日の投開票により、衆議院選挙が幕を閉じました。

 開票の日にはあらゆるテレビ局が特番を組み、選挙結果を逐一報告しますが、いつも不思議に思うのは、開票直後に「当確(当選確実)」の報が出るのは、さすがに早すぎないかということ。

 わずか数分間で、数万とある票全てを確認できるわけがありません。それでもなお「○○さんが当選確実です!」といえるのはなぜなのでしょうか。そこには誰かの勘でも下馬評でもない、れっきとした裏付けがあります。

 当選が確実ということは、ある候補者への票が過半数を占めることが確実ということ。

 例えば、ある候補者の全体での得票率が60%だったとしましょう。票が全部で1000票投じられたとすれば、600票入っていることになります。この場合、得票数が半数を超えているので、もちろん当選します。

 さてここで、全ての票がしっかり混ざっていたとします。ランダムに100票調べた場合、57票だったり62票だったりと多少のズレはあるかもしれませんが、その候補者への票はおよそ60票(100票の60%)出てくるはずです。

 しかし、調べるのが10票だけだったら、5票や7票という結果になるかもしれません。調査数が少なくても全数での値に近づくことはできますが、割合的には50%や70%に振れてしまいます。

 ここから以下のようなことが分かります。

  • 「開いて調べた割合」は「真の得票率」に近い
  • そのブレ(大きく外れる確率)は開く票が増えるほど小さくなる
本当の得票率を60%としたとき、10票、50票、100票開けた時点での得票率の確率分布。確率なのに1を超える理由は高校数学の範囲を超えるので割愛

 先ほど述べた1000票中600票という前提を思い出してください。1000票全てを確認すれば、得票率が60%であることが確実に分かります。しかし、最初の10票を開いた時点では、まだ得票率が40%であるかのように見えてしまう可能性もそれなりにあり、50票開けるとその確率が半分以下に。100票開けたころにはほとんどゼロになります。

 グラフ「開票中の得票率の確率分布」ではこのようなことを曲線で表しており、票を開ければ開けるほど、その時点での得票率が、真の値である60%に近づいていくということが一目で分かります。

 何票か開けてみたときの得票率を横軸、その得票率になる確率を縦軸にとったとき、投票総数が多い場合、グラフはきれいな山型を描くとされています(正規分布)。

 開ける票が増えれば増えるほど曲線で描かれた山は高くなっていきます。そうすると、「本当の得票率」に合致する確率は上がり、大きく外れる確率は下がっていきます。

 さて、話が難しくなってしまうので細かい計算過程は省きますが、統計学でこの正規分布を使うとおもしろいことが分かります。

横軸がn(開けた票)、縦軸がr(途中の得票数)。nが大きいほど判定ラインが下がる

 全1000票のうち100票だけ開き、Aさんが60票を獲得していた場合、同氏が当選する(つまり過半数の票を得る)確率は97.5%。また、票の総数がもっと多く、1万、10万だったとしても、100票開けた時点で60票取っていれば「当選確実」ということができます

 100票見るだけでいいなら、開票者が10人もいれば1人あたり10票で完了します。実際に当確を出す各報道機関が、このような判定基準を使っているかどうかは分かりませんが、大まかな理屈は変わらないはず。国政選挙ほどの規模でも極めて短時間で当確が出てしまう背景には、統計学的な根拠があるのです。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声