ニュース
» 2017年10月26日 19時00分 公開

「超スゲー!!」から「何だこれ!」まで 東京モーターショー2017「とにかくカッコいいコンセプトカー」まとめ(1/2 ページ)

【写真113枚】東京モーターショー2017で見つけた、とにかくカッコいい・未来が見えるコンセプトカーを紹介。その1です。

[八百山ゆーすけ,ねとらぼ]

 2年に1度のクルマの祭典「第45回東京モーターショー2017」が10月27日から11月5日まで、東京・有明の東京ビッグサイトで開催されます。

 カッコいいコンセプトモデルや最新技術、発売間近のニューモデルが展示されるだけでなく、私たちの生活をもっと豊かにしてくれそうな「近未来」の姿、形が具体的に見えるとあって、クルマ好きでなくともワクワクするイベントです。各メーカーが示したのはどんな近未来でしょうか。「見どころ」となる注目のクルマを紹介します。

SUBARU

photo
photo ブースの中央に、かつてFIA世界ラリー選手権(WRC)を席巻したインプレッサWRXラリーカーの再来を思わせる小型マッチョなコンセプトカー「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」が展示されます。SUBARU車共通のデザイン哲学とした「DYNAMIC×SOLID」と「走りの楽しさ」に基づいたスポーツセダンスタイルを採用しています
photo 「DYNAMIC×SOLID」をまず体現したスペシャルな市販車が「S208」です。現行の「WRX STI」をさらに磨き上げたSTIコンプリートモデルで、世界450台限定で販売されます。お値段はなんと、カーボンリアウイング付きの「NBR(ニュルブルクリンク)パッケージ」で710万6400円(税込)。ほしい人は、11月12日までに販売店でまず“商談エントリー”を行いましょう。限定数以上の申し込みがあった場合は商談が“抽選”になるそうです

トヨタ自動車

photo 「TOYOTA Concept-愛i」。さまざまなセンサーとAIで人の心情を理解する「Learn」と呼ばれる技術を備え、車体のいろいろなところを光らせながらドライバーや乗員、周囲の人とクルマがコミュニケーションを取ります
photo
photo Concept-愛iより少し小型の「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は、車いすなどでも楽に乗り降りできるバリアフリーの工夫を設け、車内の座席レイアウトを自在に変えられるようになっています。写真では後部座席を立てて、後部のスペースを確保しています。近未来はまた、超高齢化社会だとも言われます。今、これを読んでいる人が高齢になったときには、こんなクルマに乗って移動しているのかもしれませんね。ハンドルではなく、ひじ掛けの先端にあるジョイスティックで操作します
photo パーソナルモデル「Concept-愛i WALK」も。こちらは「歩行の手助け」や「観光用」が想定されています
photo
photo 「Fine-Comfort Ride」は水素で走る燃料電池自動車。リビングルームのように広々で、居心地が良さそうな車内空間を実現します。完全自動運転が実現できたならば、みんな一様に前を向いている必要がなくなるわけですね。ボックスシートで列車旅を楽しむかのように、クルマでもシートの配置や向きを自在に変えられる機構を備えました
photo
photo スポーツカースタイルを採用したハイブリッドカーが「GR HV SPORTS concept」。スポーツカーと環境技術を融合した、トヨタならではの「クルマで感じる遊び心の再提案」として展示されます。つや消しブラックの精かんなカラーとともに、かつて“ヨタハチ(トヨタスポーツ800)”やスープラに設定されたオープンエアロトップを採用し、AT車ながらマニュアル車のような操作を楽しめるのHパターンシフトを備えています
photo 新型「センチュリー」。トヨタの超VIP向け最高級サルーンの3代目です。威風堂々とした威厳タップリです
photo そのまま発売されそうな完成度のコンセプトSUV「Tj CRUISER」。座席を倒すとまっ平のフルフラットになります

日産自動車

photo
photo 「将来のインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカー「NISSAN IMx」を世界初公開。「自動運転が当たり前になった近未来」を見据えたクルマの在り方を提案しています。完全自動運転モードになると、ステアリングが格納され、シートがリクライニングし、乗員全員がリラックスして過ごせるように車内空間が自動的に変化するそうです
photo 2017年9月に発表されたフルEV車「リーフ」にスポーティな雰囲気をプラスした、「LEAF NISMO Concept」も登場します。「エコだけではなんだか面白くない」と思っている人に向けて、今後、セレナなどのファミリー向けモデルにもこの「NISMOバージョン」を用意していくそうです

三菱自動車

photo
photo 「これからの三菱自動車のクルマづくりの方向性を示唆する」という意欲的なSUV型のEVコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開。小型の高出力モーターを全部で3つ(フロントに1つ、リヤに2つ)搭載する4WDのパワートレインレイアウトと大容量の駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載し、豪快な車体デザインと同様にガッツリとした力強さをEVでも実現しています。また、車載AIが自己学習しながらドライバーの運転技量を把握して、より安全で、より楽しい運転の実現を補佐する「AIコーチング機能」も備えています

メルセデス・ベンツ

photo
photo 「F1のエンジン」を搭載した超絶スペシャルな市販車「Mercedes-AMG Project ONE」がアジアで初めて披露されました。パワーユニットは、1.6リッターのV6エンジン、電動ターボチャージャー、120kWの電動モーターとF1のそれと同じ構成。パワーユニットの総出力はなんと1000馬力です。電動のみでも25キロの距離を走れて、200Vで充電できるプラグインハイブリッド仕様でもあります
photo
photo
photo 「コンセプトEQA」も展示されました。こちらはフルEV仕様のコンセプトカーです。面白いのがヘッドライト。現在主流のLEDではなく、「レーザーファイバー」と呼ばれる仕様のライトを採用したそうです。よく見てください。ライトの中で光源がらせん状になっているのが分かるでしょうか
photo
photo たたずまいからかわいい「smart vision EQ fortwo」。フロントマスクを見てください。「こんにちは(^o^)」と話しかけてきています。ヘッドライトの光り方で表情も変わります

 (続く:この他にもカッコイイコンセプトカーを多数紹介予定。お楽しみに!)



 第45回東京モーターショー2017は、10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催。お台場周辺の3カ所ではサテライト試乗体験プログラムも行われます。「グランツーリスモSPORT」の試遊コーナーやトミカの物販コーナーなど、家族みんなで楽しめる展示もたくさんありますよ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」