ニュース
» 2017年10月27日 19時17分 公開

実在の住職と息子が説法ラップバトル! 京都のお寺の“寺主制作”映画「DOPE寺」の予告編が公開

お寺のミュージカル映画祭「テ・ラ・ラランド」で上映された異色作、YouTubeに予告が登場。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 本物の住職とその息子である副住職が、親子で“説法ラップバトル”をした――京都のお寺・月仲山称名寺(久世郡久御山町)が自主制作ならぬ“寺主制作”したミュージカル映画「DOPE寺」の予告編がYouTubeで公開されました。

 DOPE寺は、10月1日に称名寺が開催したミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」で上映された作品(関連記事)。称名寺とその周辺を舞台に、住職はもちろん実際の壇家までが出演しています。イベント名のはっちゃけ具合とお寺の既成概念を覆す作品内容に、ネットで注目が集まっていました。

DOPE寺 テラランド 称名寺 「DOPE寺」(予告編より)

DOPE寺 テラランド 称名寺 上映されたイベント「テララランド」

 地元で閉塞感や葛藤を抱いているお寺の跡取り息子が、住職の父親と仏像の前で説法ラップバトルを繰り広げるというストーリー。音楽には暗黒舞踊も使用するなどタイトル通りいろいろとドープな映画となっています(ドープ:ヒップホップのスラングで「ヤバイ」「すごい」等の意)。

 予告編では鬱蒼(うっそう)とした表情で町を自転車で駆けながら、「しみったれた町、しみったれた人間、しみったれた寺。南無阿弥陀仏、この全てに南無阿弥陀仏」と反骨精神を燃やす息子の姿が。ラップバトルシーンの一部も公開され、“白紙”の町に“革新”をもたらすとラップする息子に対し、「のう、お前何言うとんや」と住職が厳しい目つきで返していきます。最後はラップバトル中に息子がバリカンで坊主にされていくシーンも……早く全編見たい。本編もYouTubeで公開予定です。

DOPE寺 テラランド 称名寺 お寺でシーケンサーからトラックを流しだす

DOPE寺 テラランド 称名寺 説法ラップバトル開始

DOPE寺 テラランド 称名寺 壇家が見守る中、バリカンで坊主にされるシーンも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響