コラム
» 2017年11月01日 11時00分 公開

「この飲み会、手品道具2つ分だな」 手品よりも奇妙な“手品人”たちの世界(2/2 ページ)

[Bee,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

手品専門の「タネ販売所」がある

 かつては「奇術材料店」、最近だと「マジックショップ」と呼ばれる店があります。実店舗は最近はずいぶん少なくなって、首都圏でも4つかそこら、大阪・名古屋でも数軒です。ただ、ネットショップはかなり増えました。

 古い手品人からは、手品との最初の出会いはデパートの手品コーナー、という話をよく聞きました。最近はYouTubeでおぼえました、みたいなケースが多いようで。わたしは書店の手品本コーナーでした。

 手品とのファーストコンタクトはどうあれ、沼に足を入れると、現状では満足できなくなってきます。そこで、次に進むのがマジックショップというわけです。

 これも、かつては実店舗しかなかったので、人づてに情報を聞いてそこへ行く、行ったら廃墟みたいな店で、中にはランニングにステテコ姿の気むずかしそうなおじさんがいる、みたいな、リアルにRPGっぽい話だったわけですが、最近は「マジック 道具」とネットで検索するだけでたくさんのマジックショップの情報が手に入るようになりました。

 実店舗だと、まずは「どういう商品があるのか」を店のひとに聞かなくてはいけません。これも、詳しいひとから商品についての事前情報があると話が早いわけで、やっぱりゲームっぽいですね。

 そのあと、その商品を実演してもらったり、なんとなくの情報をもらったりして、購入する運びになります。

 ネットの場合は、かつては商品名と文字情報だけだったのが、最近は実演の動画も情報として加えられていることが多いです。

 気になるお値段ですが、幅があります。安いものだと2000円くらい、高いものだと天井知らずですが、近距離で見せるテーブルマジック(クロースアップマジック)だと3万円くらいでしょうか。たまに、10万円をこえるものもありますが、まれです。平均価格は3000円から5000円くらいじゃないでしょうか。

 以下の2つの動画の例を見比べてみてください。やっていることはそれほど変わりませんが、上は2000円程度のお手頃な道具を、下は3万円ほどの高価な道具を使っています。


2000円くらいの道具の動画(Impossible Matrix)−−
3万円オーバーの道具の動画(Super Matrix)

 これは極端な例ですが、同じようなことをするのに、これだけの値段の差があるわけです。

 道具の値段は、特殊な素材を使っていたり加工の難易度が高かったりすると、高くなりがちです。が、たまに、厚紙1枚だけの商品で1万円したりすることもあるので、最終的にはクリエイターの気まぐれのような気もします。

 手品道具の多くはアメリカで販売されています。Murphy's Magicという卸業者があって、日本国内のマジックショップも、ここから商品を取り寄せることが多いようです。

 〈クリエイター→卸→マジックショップ〉という経路で商品が流通するので、最終販売価格よりかなり低い価格で、クリエイターは商品を業者に卸さなくてはいけないはずです。そう考えると、「厚紙1枚で1万円」の商品であっても、クリエイターはさほどの利益はない……わけでもないか。

 問題は、高い道具だから良い道具とは限らないことです。ハズレもたくさんあります。わたし自身、2万円や3万円の道具を買って「これはない……」みたいな気持ちになったことも多々あります。

 もちろん、平均的価格帯のものや比較的安価のものにも、ハズレは多くあります。というか、高確率でハズレです。ただ、この「ハズレ」というのは、「まったく使えない」というのではなく、「面白いことは面白いし、1回くらいは使ってみたいけど、何回も演じる気にはならないな」というものを含みます。そのため奇術道具の沼につかったひとは、奇術道具を買う→しまい込む、というルーティンを繰り返すことになります。その結果が、例えばこんなかんじです。

毎月増え続ける奇術道具
奇術関連のDVDだけで棚が埋まる

 引っ越しなどのタイミングで整理をするのですが、引っ越した先でも買い込むので、総量は増え続けます。


手品人の金銭感覚

 お金というのは相対的なもので、金本位制でない今は、今日の1ドルが100円であったのが明日は105円、ということもあります。貨幣間でも相対的ですが、例えば気の進まない飲み会に3000円出すのは無駄だけど、好きなアイドルのグッズを買うのに費やす5000円は安い、というように、同じお金であっても使い方によって感じ方が変わるのも、経験的で普遍的な事実です。

 さて、手品人の金銭感覚ですが、実は得意領域によって変わります。例えば、コインマジックを得意とするひとで考えましょう。こういうひとがトランプマジックの道具を買う機会は少ないと思います。そのため、例えば「2000円の仕掛け付きトランプ」でも「高い」と感じるかもしれません。彼らが買うとしたら、コインマジックを解説している資料か、コインマジックのための特殊な器具、そしてコインそのものでしょう。

 ところで、コインマジックマニアの間では長く、「使うコインは日本円の現行通貨か、アメリカのものか」という問題があります。前者の場合は500円玉などを使いますが、後者は50セントコインか1ドルコイン、いわゆるハーフダラーかワンダラーを使います。さらに、このアメリカコインは時代で全く異なるため、そのうちのどれを使うか、ひとによってちがいます。当然ですが、古いもの=希少価値が高いものほど値段も高くなります。

 気になるお値段ですが、50セントコイン(ハーフダラー)使用者の中でもメジャーな「ウォーキングリバティ」の場合、大体1枚で1500〜3000円です。現在のアメリカのカジノなどで使用される50セントコインはサンドイッチコイン、つまり銀の間に銅を挟んだものですが、ウォーキングリバティはより純度の高い銀貨です。コイン同士を軽くぶつけると、全く音がちがいます。

 また、ウォーキングリバティの特長として、表面の適度な摩耗があります。この摩耗によって、演じやすい手品があるのも、ウォーキングリバティ使用者が多い理由の1つです。

 ウォーキングリバティよりもさらに古い、バーバーと呼ばれるコインを使うひともいます。こちらはさらに摩滅の進んでいるものが多く、ほとんど真っ平らなものが大半です。当然、かなり薄くなっています。こちらは、1枚で3000〜5000円くらいです。

マジックでよく使われるコイン(左から、ケネディ、フランクリン、ウォーキングリバティ、バーバー)。それぞれに愛好者がいる

 こういったコインマジック愛好家であれば、3000円のコインであっても、「高い」とは感じないだろう、と思います。

 一方、わたしのようにさまざまな手品道具を購入する場合は、月あたりいくら、年でいくら、という感じでお金を使うことになります。上記の通り、1つの手品道具が大体3000円くらいだとしたら、月に1万〜3万円くらい、お金を使います。

 そのため、わたしの金銭感覚は大体、3000円=1ギミック(手品道具のことを「ギミック」と呼ぶことがあります)で、「この飲み会は2ギミックか……」と考えたりします。『吼えろペン』の1ガンプラ=300円みたいな感覚だと思っていただければ。


 先日、同じく手品を趣味とする友人と話をしていたのですが、「手品人って、基本的に性格のゆがんでるひとが多いよね」という結論になりました。手品というのはその性質上、演じる側が非常に「閉じた」社会を形成せざるをえません。そういう社会では、ゆがんた性格のひとが多数を占めてしまう、というのも分かる気がします(己を見つめつつ)。

 とはいえ、そういったひとたちの社会を客観視すると、なかなか興味深いものがあるのではないか、と思われるのもまた、事実なのです。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  3. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  4. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  5. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  6. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  8. /nl/articles/2208/14/news008.jpg 人間に育てられた保護カラスに、野生のカラスが近づき…… 友だちになれそうな2羽の出会いにドキドキする
  9. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  10. /nl/articles/2208/13/news063.jpg 「猫が無事で良かった」「世界一バカバカしい事故」 駐車場からバックで出ようとした女性ドライバーが車外へ →盛大にやらかす

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい