コラム
» 2017年12月16日 11時00分 公開

【マンガで雑学】静岡県には住める「新幹線」がある

ごみ収集日もある新幹線。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

静岡県には住める「新幹線」がある



解説

 静岡県函南町(かんなみちょう)には、「新幹線」という地名があります。同町のWebサイトを見ると「新幹線」のごみ収集日、水道検針などの生活情報が掲載。当然、「新幹線公民館」だって存在します。同町には、東海道新幹線が通過する新丹那(しんたんな)トンネルがあり、その工事関係者の宿舎があった場所が不思議な地名の由来になったとか。

 なお、函南町には、新丹那トンネルよりも先に、丹那トンネルが作られました。このトンネルは、工事中の崩落事故などにより67人もの犠牲者が出てしまったことで有名。「新幹線」は、鉄道を走らせることの難しさを知っているからこそ生まれた呼び方なのかもしれません。


線路のない場所に「新幹線」(Googleマップより)


看板にもちゃんと「新幹線区」と書かれています(Googleマップより)


函南町のWebサイト上でも「新幹線」が地区名として登場(B地区の10番目に記載)

参考


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」