ニュース
» 2017年12月20日 20時00分 公開

亡くなったじいさんの霊を呼び覚ましてみたら……? ハートフルな怪奇漫画に「これは良いオチ」の声 (1/2)

死んでも死にきれないとはこのこと。

[コンタケ,ねとらぼ]

 斉所さん(@hunkotu)がTwitterで公開したハートフル怪奇漫画『かんばせ』が、良いオチで人気となっています。怪奇でハートフルというからには、さぞ感動的な亡霊と遺族の感動の再開が待っているんだろう、と思いきや……?




かんばせ ハートフル 怪奇漫画 怪奇現象に悩まされる女性

 半年前に亡くなった夫の書斎が、無人にもかかわらず荒らされる怪奇現象に悩まされるようになってしまったという女性。そこで相談したのが、“かんばせ”と呼ばれる人たちでした。


かんばせ ハートフル 怪奇漫画 “かんばせ”とは

 この“かんばせ”とは「カンバセイション」(conversation/会話)のことで、霊の顔をよみがらせるというのです。「カンバセイション」するために、この世ならざるモノの目、鼻、口を再び表すとのこと。「かんばせ」が1人でしばらく書斎にこもってから出てくると、そこには亡くなった夫の顔が宙に浮いていました。


かんばせ ハートフル 怪奇漫画 “かんばせ”の力

 体を震わせながら「あ、あんた……」と驚く女性。すると夫の顔は、こう言ったのです。


かんばせ ハートフル 怪奇漫画 ハートフルな展開

 「ワシの棺おけに、タマヒちゃんのサインCD入れてくれ言うたやないけ」

 すると女性は“くわ”っと怖い顔になり、「死んでまで何言うてんの!」と激怒。ここから1人と1霊は「部屋探してもグッズ1個もないど」「捨てたわそんなもん全部!」「なんちゅ事するんじゃ鬼ババァ」「やかましわロリコン! 孫より若い歳のアイドルにデレついてからに! はよ成仏せぇ!」と“かんばせ”たちの前で大げんかを始めてしまいます。ああ、部屋が荒らされてたのってそういう……。

 最後は“かんばせ”たちが酒を飲みながら、「あんまり感動の再開てないなぁ……」と今回の仕事を振り返るところで話が終わります。いやぁ、実にハートフルな話でした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」