ニュース
» 2019年01月10日 11時30分 公開

十日戎に行く前に! “二次創作”された神「エビス様」誕生の秘密(2/3 ページ)

[植田麦,ねとらぼ]

かわいそうなヒルコ

 まずは、ヒルコを見ることにしましょう。この神は『古事記』でも『日本書紀』でも、「流される神」です。とくに『日本書紀』では、アマテラス・スサノオ・ツクヨミと同時に誕生しているにもかかわらず、「三年の間、一人で立つことができなかったため、船に乗せて流した」とあります。ほかの三柱(神を数えるときは、「○柱」とします)が有名なだけに、哀れさが際立ちます。

 平安時代になると、「ヒルコかわいそうブーム」がおこります。きっかけは、大江朝綱の詠んだ歌でした。

 かそいろは 哀れと見ずや 蛭の児は 三歳(みとせ)になりぬ 脚立たずして
(両親はあわれと思わなかったのだろうか。ヒルコは三歳になっても、一人で立ち上がることもできなかったのに)


 この歌を詠んだ大江朝綱は、「天皇の命により、三年の間、出仕を差し止められていた」と『俊頼髄脳』にあります。つまり大江朝綱は、「三年で捨てられたヒルコかわいそう」と歌うことで、「三年もほったらかしの自分もかわいそう」と、ヒルコに我が身をなぞらえた、と理解されたのです。

 この歌と朝綱の境遇についてのエピソードは、ほかの文学作品にも影響します。例えば『源氏物語』でも、中央で失脚し、三年の間、須磨で隠居していた光源氏が再び中央に復帰する段で、天皇に歌を送ります。

 わたつ海に しなえうらぶれ 蛭の児の 脚立たざりし 年は経にけり(光源氏)


 この場面は、先にみた朝綱のエピソードが下敷きになっています。つまり、ヒルコが「三年の間、一人で立つことができなかった」ことと「三年の間、須磨で隠居していた自分」が重ね合わされているのです。

 こうして、『日本書紀』では捨てられた子、流されるだけの存在であったヒルコについて、二次創作の生まれる素地が整いました。


二次創作されるヒルコ

 ヒルコかわいそうブームの結果、「海に流されたヒルコが龍神に拾われて、エビスになった」という二次創作が行われます。例えば、鎌倉時代末期から南北朝期にかけての歴史を描いた『太平記』の中にも、「蛭子と申すは、今の西宮の大明神にてまします」と、ヒルコが今の西宮神社にまつられる神であることが示されます。『神道集』という書物にも、

 此ノ御子ハ三歳マデ身打ナヘテ、蛭ノ如クシテ在ス。此ヲ成長テ何カハセントテ、楠椌船ニ入リテ、大海ニ流ケリ。此ノ船浪ニ漂ハサレ、自然ニ龍宮ニ下ダリテ、龍神此ヲ取テ養フ程ニ……(中略)……今ノ代ニ西宮ト申スハ是ナリ。海人共ガ大ニ営ミ秋ノ祭ヲ成ス、即恵美酒トハ申是ナリ。
 (このヒルコという御子は、三歳まで身体が成長せず、まるで蛭のような姿形であった。そのため、成長の見込みもなく、船に乗せて海に流した。その船は波にただよい、ついに龍神の宮にたどりついた。龍神がこのヒルコを養い、(中略)いまの西宮にまつられているのが、この神である。漁師たちが秋の祭りで崇めるのが、このエビスという神である。)


 とあります。

 こうして、流されたヒルコは海の神である龍神に養育されて、成長したのでした。海の神の養子ですから、海の幸を保証する神としてお祭りされることになります。こうして、福の神としてのエビス=ヒルコが誕生します。


西宮神社に残されている「蛭子(ヒルコ)宮御宝前」と書かれた灯籠

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」