ニュース
» 2019年01月10日 11時30分 公開

十日戎に行く前に! “二次創作”された神「エビス様」誕生の秘密 (2/3)

[植田麦,ねとらぼ]

かわいそうなヒルコ

 まずは、ヒルコを見ることにしましょう。この神は『古事記』でも『日本書紀』でも、「流される神」です。とくに『日本書紀』では、アマテラス・スサノオ・ツクヨミと同時に誕生しているにもかかわらず、「三年の間、一人で立つことができなかったため、船に乗せて流した」とあります。ほかの三柱(神を数えるときは、「○柱」とします)が有名なだけに、哀れさが際立ちます。

 平安時代になると、「ヒルコかわいそうブーム」がおこります。きっかけは、大江朝綱の詠んだ歌でした。

 かそいろは 哀れと見ずや 蛭の児は 三歳(みとせ)になりぬ 脚立たずして
(両親はあわれと思わなかったのだろうか。ヒルコは三歳になっても、一人で立ち上がることもできなかったのに)


 この歌を詠んだ大江朝綱は、「天皇の命により、三年の間、出仕を差し止められていた」と『俊頼髄脳』にあります。つまり大江朝綱は、「三年で捨てられたヒルコかわいそう」と歌うことで、「三年もほったらかしの自分もかわいそう」と、ヒルコに我が身をなぞらえた、と理解されたのです。

 この歌と朝綱の境遇についてのエピソードは、ほかの文学作品にも影響します。例えば『源氏物語』でも、中央で失脚し、三年の間、須磨で隠居していた光源氏が再び中央に復帰する段で、天皇に歌を送ります。

 わたつ海に しなえうらぶれ 蛭の児の 脚立たざりし 年は経にけり(光源氏)


 この場面は、先にみた朝綱のエピソードが下敷きになっています。つまり、ヒルコが「三年の間、一人で立つことができなかった」ことと「三年の間、須磨で隠居していた自分」が重ね合わされているのです。

 こうして、『日本書紀』では捨てられた子、流されるだけの存在であったヒルコについて、二次創作の生まれる素地が整いました。


二次創作されるヒルコ

 ヒルコかわいそうブームの結果、「海に流されたヒルコが龍神に拾われて、エビスになった」という二次創作が行われます。例えば、鎌倉時代末期から南北朝期にかけての歴史を描いた『太平記』の中にも、「蛭子と申すは、今の西宮の大明神にてまします」と、ヒルコが今の西宮神社にまつられる神であることが示されます。『神道集』という書物にも、

 此ノ御子ハ三歳マデ身打ナヘテ、蛭ノ如クシテ在ス。此ヲ成長テ何カハセントテ、楠椌船ニ入リテ、大海ニ流ケリ。此ノ船浪ニ漂ハサレ、自然ニ龍宮ニ下ダリテ、龍神此ヲ取テ養フ程ニ……(中略)……今ノ代ニ西宮ト申スハ是ナリ。海人共ガ大ニ営ミ秋ノ祭ヲ成ス、即恵美酒トハ申是ナリ。
 (このヒルコという御子は、三歳まで身体が成長せず、まるで蛭のような姿形であった。そのため、成長の見込みもなく、船に乗せて海に流した。その船は波にただよい、ついに龍神の宮にたどりついた。龍神がこのヒルコを養い、(中略)いまの西宮にまつられているのが、この神である。漁師たちが秋の祭りで崇めるのが、このエビスという神である。)


 とあります。

 こうして、流されたヒルコは海の神である龍神に養育されて、成長したのでした。海の神の養子ですから、海の幸を保証する神としてお祭りされることになります。こうして、福の神としてのエビス=ヒルコが誕生します。


西宮神社に残されている「蛭子(ヒルコ)宮御宝前」と書かれた灯籠

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた