唯一無二の和風RPG「俺の屍を越えてゆけ」を3倍楽しくプレイする方法芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」(1/2 ページ)

「子供たちよ… 俺の屍を 越えてゆけッ」

» 2018年01月20日 15時00分 公開
[ヤマグチクエストねとらぼ]

 テレビ東京系「勇者ああああ」をきっかけにブレイクを果たしたガチゲーマー芸人・ヤマグチクエスト氏がゲームに関するアレコレを紹介する“芸人ヤマクエの「俺のゲーム愛を笑うな」”。連載第1回で取り上げるのは、ヤマグチクエスト氏が敬愛してやまないゲームデザイナー桝田省治氏の代表作「俺の屍を越えてゆけ」です。斬新なゲーム性で今なおファンの多い作品ですが、今回は「俺の屍を越えてゆけ」を3倍楽しめるようになるプレイ方法について語ってもらいました。


ヤマグチクエスト ボスマジック ゲーム 勇者ああああ 現在、ダウンロード版となる「俺の屍を越えてゆけ PSP the Best」が税込み1440円で販売中(PSP版「俺の屍を越えてゆけ」公式トレイラーより)

 世代交代が一貫したテーマとなっている同作ですが、ヤマグチクエスト氏はこの“3倍楽しめる方法”によってプレイ中に感極まって涙し、母親に「ありがとう」と泣きながら伝えたそうです。母親には「はぁ?」と返されたようですが。また、「いじめっ子の名前をつけたキャラはみんなの盾にして見た目がやばいやつとの子供を作らせる」とも語るなど、「勇者ああああ」の初登場時にMCから「ゲームの知識はすごいけど嫌な奴」と言わしめた人間性も、若干ではありますが見せています(あくまでもいい意味で)。

 ガチゲーマーには周知のタイトルですが、これを見れば未プレイの人はもちろん、既プレイの人でもまた新たな楽しみ方が発見できるかもしれません。なお、ヤマグチクエスト氏は同作を5周するほどの「俺屍フリーク」らしい。

ヤマグチクエスト(@yamaquest

ヤマグチクエスト ボスマジック ゲーム 勇者ああああ

プロダクション人力舎所属のお笑い芸人。「ボスマジック」というコンビを組んでいたが2017年3月からピン芸人に。テレビ東京系「勇者ああああ」のプレゼン企画に登場し、巧みなプレゼンとゲーマーをうならせるソフト選びで支持を集めプチブレイク。現在ではテレビ・ネットのゲームプレゼン企画やeスポーツの解説など多方面で活躍している。「芸人の中でポケモンが一番強い・詳しい」と豪語するポケモントレーナーでもあり、カブトプスの厳選で28時間ぶっ通しプレイしたこともある(関連記事)。



これを知れば3倍面白くなるヤマクエ的「俺屍」のススメ

 皆さまは「俺の屍を越えてゆけ」(以下、「俺屍」)というゲームをご存じでしょうか?

 「俺屍」は1999年にプレイステーション用ソフトとして発売され、その斬新なゲームデザインや深すぎるストーリーなどが口コミで広がって徐々に売り上げを伸ばし、約20年近くたった今でも愛され続ける名作です。

 そして私ヤマグチクエストが敬愛してやまないゲームデザイナー桝田省治が手掛けた唯一無二の和風RPGであり、文字通りの「神ゲー」です。普通にプレイしても十分に楽しめる「俺屍」ですが、今回はより楽しめる、数字で言えばちょうど3倍、ジャスト3倍(※)楽しめるようになる私なりの「俺屍のススメ」を紹介します。

※ヤマグチクエスト調べ

「俺屍」はどんなゲームなのか

 舞台は、平安時代の京都。この京に「朱点童子」という鬼が現れ、街を荒らし回っていました。朱点童子を討つべく多くの兵が討伐へ向かうものの、道中の鬼たちにすら敵わず敗れ去っていくだけ。そんな中で1組の夫婦「源太」と「お輪」が朱点童子のもとにたどり着きます。

 しかし、源太はワナにかかり殺され、お輪は我が子を人質に取られ、手を出せなくなってしまいました。そして、お輪は“自分はどうなっても良いから子どもには手を出さないでほしい”と懇願し朱点童子はそれを承諾しますが、このときに朱点童子は子どもとその子孫に対し、人間同士の子どもを授かれないようにする「種絶の呪い」と、1年半から2年ほどで寿命を迎えてしまう「短命の呪い」という2つの呪いをかけます。



 一部始終を見ていた神々はこの子を憐れみ、子孫を残せないこの子と「交神」することで神様との子を授かれるようにします。そして、交神を繰り返していくことで次の世代へとバトンをつなぎ、一族で復讐することを目指す――これが「俺屍」のストーリーです。

 王道のRPGとは大きく異るストーリーですが、この物語の導入を見ただけでも、ゲームデザイナー・桝田省治という人間が、代表作の1つである「天外魔境」を作っていたころに感じていた「王道を作り続けることのストレス」から、「唯一無二」を作ろうとしているかが垣間見えるかと思います。


「俺屍」唯一無二の魅力

 「俺屍」を唯一無二のゲームにした大きな要因の1つが、「人の死」を何度も繰り返すことで「死」について嫌でも考えさせられるゲームシステム。通常のRPGであれば、どれだけ戦闘中に大ダメージを受け、何度HPがゼロになってもキャラクターをロストすることは(一部の例外はあるものの)ありませんが、「俺屍」には他のRPGでは存在しない「健康度」というパラメータがあり、これがキャラクターの寿命と直結します。そして、死亡したキャラクターは二度と復活することはありません


ヤマグチクエスト ボスマジック ゲーム 勇者ああああ 享年1才6ヶ月

 この健康度チェックをする度に「よかった、また来月も生きてる」と思えたり、「ついに来たか……」と悲しんだり、死を意識することで自分が生きていられることの喜びや覚悟を感じられるのです。少し宗教じみていますが、常に死を意識させるゲーム性によってプレイヤーの人生観を大きく揺さぶるのです。

 では、「俺屍」の概要を説明したところで、ようやく「3倍面白くなるヤマクエ的『俺屍』のススメ」の本題といきましょう。


ヤマグチクエスト ボスマジック ゲーム 勇者ああああ

その1「一族の名前は知人の名を付けるべし」

 「俺屍」では、交神して生まれてくる子どもには好きな名前をつけることができますが、父親や母親、兄弟やいとこの名前を付けることをオススメします。そうすることで、例えば両親の能力を越えたときに、「ああ、あんなに強かった父さん母さんの背中が、今はこんなに小さく見えるよ……」とノスタルジーに浸りながら死を乗り越えることになり、なんだったら朱点童子討伐の暁には親孝行も同時に達成できます。ゲーム内の話ではありますが

 また、逆に嫌いな人間の名前を付けるとそれはそれで楽しく、人間的にも成長できるのでオススメです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」