コラム
» 2018年01月27日 12時00分 公開

21年前のワープロ「書院」で2018年にインターネットをしたら、無間地獄に突入した (3/3)

[辰井裕紀,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

SNSや動画サイトはどうなる?

 そうしてつないでみたTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSですが、残念ながらどこもページは表示されず。「iPhoneから送信」ならぬ「ワープロから投稿」の夢はあっけなくついえました。

 続いて、動画サイトにも挑戦。しかし当然のごとく、YouTubeのサイトには入れず、どうにか入れたニコニコ動画やGyao、Dailymotionのサイトでも、一向に動画ウィンドウが表示されません。仕方なく「書院で動画」の夢も諦めることに。良い響きなのに。


ワープロでインターネットをやってみた こちらはニコニコ動画だが、動画ウィンドウなどが表示されず

まともに表示されるサイトを発見!

 どこかに正しく表示されるサイトはないのか……。ならば昔からあるテキストサイトはどうか? 試しに、当時人気があって今も存在する数少ないサイト「バーチャルネットアイドル・ちゆ12歳」につないでみると……。


ワープロでインターネットをやってみた 画像の読み込みに時間がかかるも……

ワープロでインターネットをやってみた おお!

 なんとばっちりと表示! 画像もテキストもきれいに読めています! やはりネット黎明期から制作されていたWebサイトとは相性が良いようです。

 同じく、当時のテキストサイトの代名詞的存在でもあった「侍魂」につないでみると、こちらはTOP画像は出なかったものの、テキストはレイアウト崩れもなく、問題なく読むことができました。


ワープロでインターネットをやってみた TOPページ。あの「侍」の画像は出ないが、表示はできた

ワープロでインターネットをやってみた おお、テキストも読める

読めるだけでうれしい、この気持ちはなんだ

 最後に、当サイト「ねとらぼアンサー」に入ってみましょう。ちなみにねとらぼがオープンしたのが2011年4月。さらにアンサーができたのは2017年4月で、まだまだ新しいサイトです。

 そんなサイトが、21年前のワープロで映せるのかどうか……その結果がこれです。


ワープロでインターネットをやってみた ……!

 いけた……! 文字化けもせず、きちんと画像と文字が出ました。こんな身近なところに、21年前のワープロでもしっかり表示できるサイトがあるとは。明らかにレイアウトは崩れていますが、思わず感慨がこみ上げます。

 記事を読もうとすると、やはり文字も画像も大きすぎてめちゃくちゃになっていますが、ここまで散々苦労してきただけあって、読める形で表示されるだけでもうれしくなってしまいます。


ワープロでインターネットをやってみた 記事を読むと、こんな感じ

ワープロでインターネットをやってみた 画像がデカく表示されすぎる

ワープロでインターネットをやってみてのまとめ

  • やっぱりページの表示速度は遅い
  • 多くのサイトは入ることすらできない
  • 入れても、かなりの確率で文字化けする
  • 画像が出ない場合も多い
  • 動画サイトに入っても、動画ウィンドウが出ない
  • Googleの通常検索と画像検索は使える
  • しっかり表示できるのは、昔のテキストサイトなど、数少ないサイトのみ

 一言で言うと「まともなブラウジングはできません」。しかし「21年前のワープロ」が今のサイトをどうにか表示しようとする姿が、けなげでいじらしく感じられます。さらに、たまにキレイに表示されたときは、妙にうれしい気持ちに浸れることも分かりました。


ワープロならではの文書作成機能が豊富だった

 おまけとして、ネット機能だけでなくワープロらしい機能もいろいろと試してみました。辞書機能や表計算ソフト、ファクス、ハガキ・チラシ作成ソフトなど、当時の最新のソフトが並びます。中には、質問に答えていくだけで定型文で文書を自動生成してくれる「自動文書作成」という、いかにも未来的な名前の機能もありました。


ワープロでインターネットをやってみた コレがマジカルファクス。画面にFAXがドーンと出る、ある種究極のGUI

ワープロでインターネットをやってみた 出た、“はがき屋太郎”と“おしゃれ太郎”

ワープロでインターネットをやってみた 「自動文書作成」は、このような文書をすぐ作れる

ワープロでインターネットをやってみた その名も「面白印刷」。ロゴ画像のドット感が良い

 さらに、当時はまだインターネットと並立して存在していた「パソコン通信」の機能も。NIFTY-Serveなどいろいろな通信先に接続でき、フォーラムごとにさまざまな情報交換ができるのが魅力でした。パソコン通信は既に2006年にサービスを終了しており使うことはできませんが、今でもデモ使用ができ、当時の雰囲気を味わえます。


ワープロでインターネットをやってみた 「パソコン通信」への接続ページ

ワープロでインターネットをやってみた このようなターミナル画面が出る

ワープロでインターネットをやってみた 「ホビー館」に入る。各フォーラムのほか、有料クイズコーナーなどもあった


 ワープロの電源を入れれば、今の画一化されたPCのOSにはない、メーカー独自の世界観が広がります。PCではない、もう1つの選択肢が確かに存在していた時代。デジタル家電の青春期とでも言うべき時代の香りを、今回は思い切り感じ取ることができました。


辰井裕紀


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.