ニュース
» 2018年01月31日 18時01分 公開

世界最長の「破られることのなかったゲーム内ハイスコア」記録が無効に 36年を経て不正と判定される

5.51秒というハイスコアに対し「事実上再現不可能だ」という論争がプレイヤーの中でたびたび沸き起こることがあった。

[Takayuki Sawahata,AUTOMATON]
AUTOMATON


Twin Galaxies 

 アーケードゲームハイスコア記録組織である「Twin Galaxies」が1月29日、Atari 2600専用レーシングゲーム「Dragster」において、プレイヤーRogers氏が持つ5.51秒の世界記録をレギュレーション違反として取り消したことがわかった。また記録が取り消しとなったことで、記録認定組織であるギネス世界記録にRogers氏が持つ「世界で最も長い間破られなかったゲームのハイスコア」という記録を無効とするよう要請したことも判明した。

 Rogers氏の記録取り消しまでの推移はこうだ。1982年当時、氏が『Dragster』開発元であるActivisionに5.51秒のスコアを写したポラロイド写真を送付したことから始まった。そして2000年、Activisionによって記録されたRogers氏のスコアは、最終的に正式に世界のビデオゲームの記録を記録するグループであるTwin Galaxiesのデータベースに記録されることになる。この経緯を元に、2001年にギネス世界記録組織は彼が持つ5.51秒のハイスコアを「世界で最も長い間破られなかったゲームのハイスコア」として世界記録として認定したのだった。

 しかし、Rogers氏が持つ5.51秒というハイスコアに対し「事実上再現不可能だ」という論争がプレイヤーの中でたびたび沸き起こることがあった。その中でもゲームプレイヤーであると同時にコンピュータエンジニアでもあったEric Koziel氏は『Dragster』のプレイを最適化するプログラムを開発。計算の結果、理論上実機で再現できるハイスコアは5.57秒であるという仮説を打ち立てたが、残念ながらその主張が認められることはなかった。だが彼の仮説を元にDick Moreland氏という名の別のプレイヤーが2017年の8月、記録の認定元であるTwin Galaxiesへ直接疑問を呈したことでこの論争は再び注目を集めることとなる。Moreland氏の訴えにより開始されたTwin Galaxiesによる記録正否の調査は、『Dragstar』のゲームデザイナーであるDavid Crane氏といったRogers氏の支持者を巻き込みながら数カ月もの間続いた。

 2017年末には著名なハード改造系ビデオブロガーBen Heck氏が記録を再現できるかハード検証の段階から挑戦しており、渦中にあるRogers氏本人と共に実証を試みたものの、結局のところKoziel氏の提唱した仮説通り、ベストスコアは5.57秒という結果に終わっている。

 そして最終的な調査の結果、Twin Galaxiesは「当時Activisionによって記録された5.51秒という記録を否定する気は無い」としながらも「当時の状況を確認できるものがない以上、このスコアが正式なものであるとは認められない」として、Rogers氏の記録を取り消すこととなった。

 この発表を受けて、Rogers氏の記録を否定する仮説を打ち出したEric Koziel氏はワシントン・ポスト紙に対し「この判決を長い時間待っていました」「スピードランをしたいと思っている全ての人の励みになれば」とコメントを残している。また、redditのr/speedrunスレッド内ではKoziel氏とMoreland氏両名の働きに対して「よくやった」「ありがとう」という称賛の反応が多く見られる中、今回あやふやな判断を下したTwin Galaxiesに対し、記録の認定基準の不透明性など、組織の運営方式に疑問を投げかける声も少なからず見受けられる。

関連リンク

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  4. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  9. /nl/articles/2205/23/news008.jpg 「あごが床まで落ちたジェリー」「チーズ丸のみタフィー」も登場 「トムとジェリー」のカプセルトイの第3弾
  10. /nl/articles/2205/22/news037.jpg ディズニー+新作「チップとデールの大作戦」のサプライズに「頭がおかしい」「怒られろ」の声 ネタバレ踏む前に冒頭10分だけでも見て!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声