ニュース
» 2018年01月31日 18時01分 公開

世界最長の「破られることのなかったゲーム内ハイスコア」記録が無効に 36年を経て不正と判定される

5.51秒というハイスコアに対し「事実上再現不可能だ」という論争がプレイヤーの中でたびたび沸き起こることがあった。

[Takayuki Sawahata,AUTOMATON]
AUTOMATON


Twin Galaxies 

 アーケードゲームハイスコア記録組織である「Twin Galaxies」が1月29日、Atari 2600専用レーシングゲーム「Dragster」において、プレイヤーRogers氏が持つ5.51秒の世界記録をレギュレーション違反として取り消したことがわかった。また記録が取り消しとなったことで、記録認定組織であるギネス世界記録にRogers氏が持つ「世界で最も長い間破られなかったゲームのハイスコア」という記録を無効とするよう要請したことも判明した。

 Rogers氏の記録取り消しまでの推移はこうだ。1982年当時、氏が『Dragster』開発元であるActivisionに5.51秒のスコアを写したポラロイド写真を送付したことから始まった。そして2000年、Activisionによって記録されたRogers氏のスコアは、最終的に正式に世界のビデオゲームの記録を記録するグループであるTwin Galaxiesのデータベースに記録されることになる。この経緯を元に、2001年にギネス世界記録組織は彼が持つ5.51秒のハイスコアを「世界で最も長い間破られなかったゲームのハイスコア」として世界記録として認定したのだった。

 しかし、Rogers氏が持つ5.51秒というハイスコアに対し「事実上再現不可能だ」という論争がプレイヤーの中でたびたび沸き起こることがあった。その中でもゲームプレイヤーであると同時にコンピュータエンジニアでもあったEric Koziel氏は『Dragster』のプレイを最適化するプログラムを開発。計算の結果、理論上実機で再現できるハイスコアは5.57秒であるという仮説を打ち立てたが、残念ながらその主張が認められることはなかった。だが彼の仮説を元にDick Moreland氏という名の別のプレイヤーが2017年の8月、記録の認定元であるTwin Galaxiesへ直接疑問を呈したことでこの論争は再び注目を集めることとなる。Moreland氏の訴えにより開始されたTwin Galaxiesによる記録正否の調査は、『Dragstar』のゲームデザイナーであるDavid Crane氏といったRogers氏の支持者を巻き込みながら数カ月もの間続いた。

 2017年末には著名なハード改造系ビデオブロガーBen Heck氏が記録を再現できるかハード検証の段階から挑戦しており、渦中にあるRogers氏本人と共に実証を試みたものの、結局のところKoziel氏の提唱した仮説通り、ベストスコアは5.57秒という結果に終わっている。

 そして最終的な調査の結果、Twin Galaxiesは「当時Activisionによって記録された5.51秒という記録を否定する気は無い」としながらも「当時の状況を確認できるものがない以上、このスコアが正式なものであるとは認められない」として、Rogers氏の記録を取り消すこととなった。

 この発表を受けて、Rogers氏の記録を否定する仮説を打ち出したEric Koziel氏はワシントン・ポスト紙に対し「この判決を長い時間待っていました」「スピードランをしたいと思っている全ての人の励みになれば」とコメントを残している。また、redditのr/speedrunスレッド内ではKoziel氏とMoreland氏両名の働きに対して「よくやった」「ありがとう」という称賛の反応が多く見られる中、今回あやふやな判断を下したTwin Galaxiesに対し、記録の認定基準の不透明性など、組織の運営方式に疑問を投げかける声も少なからず見受けられる。

関連リンク

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」