幻の星座「ねこ座」はなぜ消えた? 歴史に埋もれていった「トンデモ星座」ベスト5を解説する(1/2 ページ)

今も残っていてほしかった……。

» 2018年02月06日 12時00分 公開
[てんもんたまごねとらぼ]

 星座といえば、みずがめ座、いて座などの「黄道12星座」、あるいは北半球と南半球で見える全「88星座」ですよね。

 これらの星座は、古代バビロニアや古代エジプトで発祥し、古代ギリシャのプトレマイオス48星座を経て、最終的に1928年に国際天文学連合が正式に88星座を採用したものです。

 しかしこの88星座の影には歴史に埋もれて消えていった「幻のトンデモ星座」も存在しました。


幻となった「ねこ座」。残っていてほしかった……

トンデモ星座はどこで生まれたか?

 紀元前30世紀までさかのぼる長い星座の歴史の中で、特に16〜18世紀は、星座新設の黄金期!

 大航海時代に出会った南半球の星々を、珍しい生き物や航海で使うアイテムに見立てた星座で埋め尽くしただけではなく、天文学者達が趣味で星座を作ったり、パトロンに星座をささげたり、当時には目新しかった機械を星座にするなど、比較的フリーダムに星座が作れる時代だったのです。

 しかし趣味で作った星座が周囲に認められるはずもなく、この時代に作られた多くの星座は、歴史に埋もれた「幻のトンデモ星座」となってしまいました。


甥っ子と星をみた記念に「へきめんしぶんぎ座」

 “しぶんぎ座流星群”という流星群だけに名を残している星座が、かつて「りゅう座」にありました。この星座を設定したのはフランスの天文学者ラランド

 壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)とは、星の高さなどを測る道具の名前です。ラランドは、この壁面四分儀を使って甥っ子と一緒に天体観測をした記念として、1795年にこの星座を設定したそうです。ラランドは相当この甥っ子がかわいかったのかもしれませんね。

 同じような観測道具の星座として「ろくぶんぎ座」がありますが、こちらはドイツの天文学者ヘベリウスが設定したもの。愛用の六分儀を火事で失った悲しみの中で、二度と失うことのないように星座にしたそうです。こちらは88星座に残っているので幻の星座にはなりませんでした。


甥っ子との思い出を星空に残したかったラランドさん

スポンサーのご機嫌をとった「チャールズのかしのき座」

 チャールズのかしのき座を作ったのはイギリスの天文学者ハレー。ハレー彗星を発見した天文学者としても有名ですね。

 チャールズとは、英国の国王チャールズ二世(在位1660〜1685)のこと。チャールズ二世は戦に敗れ、戦火のなかで逃れるときに樫の木の裏に隠れて難を逃れたことがありました。この樫の木を、当時エリート学生だったハレーが星座としてささげたのです。

 ハレーがこの星座を作ったことで王は大喜び! すぐに修士の学位を贈ったそうです。ここでハレーは学生から一気に天文学者に近づき、研究の援助を得ることになったのです。

 幻の星座の中には、当時の国王やスポンサーを喜ばせるためのものがほかにもありました。それによって天文学の発展の一助となったことも否定できませんが、理由が理由だけに歴史に残ることはありませんでした。


王様を救った樫の木も、星図では大きな船にへし折られていました……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」