コラム
» 2018年02月06日 12時00分 公開

幻の星座「ねこ座」はなぜ消えた? 歴史に埋もれていった「トンデモ星座」ベスト5を解説する(1/2 ページ)

今も残っていてほしかった……。

[てんもんたまご,ねとらぼ]

 星座といえば、みずがめ座、いて座などの「黄道12星座」、あるいは北半球と南半球で見える全「88星座」ですよね。

 これらの星座は、古代バビロニアや古代エジプトで発祥し、古代ギリシャのプトレマイオス48星座を経て、最終的に1928年に国際天文学連合が正式に88星座を採用したものです。

 しかしこの88星座の影には歴史に埋もれて消えていった「幻のトンデモ星座」も存在しました。


幻となった「ねこ座」。残っていてほしかった……

トンデモ星座はどこで生まれたか?

 紀元前30世紀までさかのぼる長い星座の歴史の中で、特に16〜18世紀は、星座新設の黄金期!

 大航海時代に出会った南半球の星々を、珍しい生き物や航海で使うアイテムに見立てた星座で埋め尽くしただけではなく、天文学者達が趣味で星座を作ったり、パトロンに星座をささげたり、当時には目新しかった機械を星座にするなど、比較的フリーダムに星座が作れる時代だったのです。

 しかし趣味で作った星座が周囲に認められるはずもなく、この時代に作られた多くの星座は、歴史に埋もれた「幻のトンデモ星座」となってしまいました。


甥っ子と星をみた記念に「へきめんしぶんぎ座」

 “しぶんぎ座流星群”という流星群だけに名を残している星座が、かつて「りゅう座」にありました。この星座を設定したのはフランスの天文学者ラランド

 壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)とは、星の高さなどを測る道具の名前です。ラランドは、この壁面四分儀を使って甥っ子と一緒に天体観測をした記念として、1795年にこの星座を設定したそうです。ラランドは相当この甥っ子がかわいかったのかもしれませんね。

 同じような観測道具の星座として「ろくぶんぎ座」がありますが、こちらはドイツの天文学者ヘベリウスが設定したもの。愛用の六分儀を火事で失った悲しみの中で、二度と失うことのないように星座にしたそうです。こちらは88星座に残っているので幻の星座にはなりませんでした。


甥っ子との思い出を星空に残したかったラランドさん

スポンサーのご機嫌をとった「チャールズのかしのき座」

 チャールズのかしのき座を作ったのはイギリスの天文学者ハレー。ハレー彗星を発見した天文学者としても有名ですね。

 チャールズとは、英国の国王チャールズ二世(在位1660〜1685)のこと。チャールズ二世は戦に敗れ、戦火のなかで逃れるときに樫の木の裏に隠れて難を逃れたことがありました。この樫の木を、当時エリート学生だったハレーが星座としてささげたのです。

 ハレーがこの星座を作ったことで王は大喜び! すぐに修士の学位を贈ったそうです。ここでハレーは学生から一気に天文学者に近づき、研究の援助を得ることになったのです。

 幻の星座の中には、当時の国王やスポンサーを喜ばせるためのものがほかにもありました。それによって天文学の発展の一助となったことも否定できませんが、理由が理由だけに歴史に残ることはありませんでした。


王様を救った樫の木も、星図では大きな船にへし折られていました……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声