コラム
» 2018年02月06日 12時00分 公開

幻の星座「ねこ座」はなぜ消えた? 歴史に埋もれていった「トンデモ星座」ベスト5を解説する(1/2 ページ)

今も残っていてほしかった……。

[てんもんたまご,ねとらぼ]

 星座といえば、みずがめ座、いて座などの「黄道12星座」、あるいは北半球と南半球で見える全「88星座」ですよね。

 これらの星座は、古代バビロニアや古代エジプトで発祥し、古代ギリシャのプトレマイオス48星座を経て、最終的に1928年に国際天文学連合が正式に88星座を採用したものです。

 しかしこの88星座の影には歴史に埋もれて消えていった「幻のトンデモ星座」も存在しました。


幻となった「ねこ座」。残っていてほしかった……

トンデモ星座はどこで生まれたか?

 紀元前30世紀までさかのぼる長い星座の歴史の中で、特に16〜18世紀は、星座新設の黄金期!

 大航海時代に出会った南半球の星々を、珍しい生き物や航海で使うアイテムに見立てた星座で埋め尽くしただけではなく、天文学者達が趣味で星座を作ったり、パトロンに星座をささげたり、当時には目新しかった機械を星座にするなど、比較的フリーダムに星座が作れる時代だったのです。

 しかし趣味で作った星座が周囲に認められるはずもなく、この時代に作られた多くの星座は、歴史に埋もれた「幻のトンデモ星座」となってしまいました。


甥っ子と星をみた記念に「へきめんしぶんぎ座」

 “しぶんぎ座流星群”という流星群だけに名を残している星座が、かつて「りゅう座」にありました。この星座を設定したのはフランスの天文学者ラランド

 壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)とは、星の高さなどを測る道具の名前です。ラランドは、この壁面四分儀を使って甥っ子と一緒に天体観測をした記念として、1795年にこの星座を設定したそうです。ラランドは相当この甥っ子がかわいかったのかもしれませんね。

 同じような観測道具の星座として「ろくぶんぎ座」がありますが、こちらはドイツの天文学者ヘベリウスが設定したもの。愛用の六分儀を火事で失った悲しみの中で、二度と失うことのないように星座にしたそうです。こちらは88星座に残っているので幻の星座にはなりませんでした。


甥っ子との思い出を星空に残したかったラランドさん

スポンサーのご機嫌をとった「チャールズのかしのき座」

 チャールズのかしのき座を作ったのはイギリスの天文学者ハレー。ハレー彗星を発見した天文学者としても有名ですね。

 チャールズとは、英国の国王チャールズ二世(在位1660〜1685)のこと。チャールズ二世は戦に敗れ、戦火のなかで逃れるときに樫の木の裏に隠れて難を逃れたことがありました。この樫の木を、当時エリート学生だったハレーが星座としてささげたのです。

 ハレーがこの星座を作ったことで王は大喜び! すぐに修士の学位を贈ったそうです。ここでハレーは学生から一気に天文学者に近づき、研究の援助を得ることになったのです。

 幻の星座の中には、当時の国王やスポンサーを喜ばせるためのものがほかにもありました。それによって天文学の発展の一助となったことも否定できませんが、理由が理由だけに歴史に残ることはありませんでした。


王様を救った樫の木も、星図では大きな船にへし折られていました……

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」