ニュース
» 2018年03月18日 15時05分 公開

作家、内田康夫さん亡くなる 「浅見光彦シリーズ」の生みの親、『孤道』一般公募プロジェクトは継続へ

ご冥福を心よりお祈りいたします。

[Kikka,ねとらぼ]

 人気ミステリー「浅見光彦シリーズ」の作者で、作家の内田康夫さんが2018年3月13日に亡くなっていたことが分かりました。83歳でした。


浅見光彦 内田康夫 内田康夫さん(日本ミステリー文学大賞より)

 浅見光彦記念館の公式サイトによると、葬儀は内田さんの意向により近親者で執り行われたとのこと。お別れ会は行わない予定ですが、3月23日から4月23日まで浅見光彦記念館(長野県)に献花台が設置されます。


浅見光彦 内田康夫 浅見光彦記念館による発表(浅見光彦記念館の公式サイトより)

 内田さんは日本を代表する推理作家のひとりで、「浅見光彦シリーズ」のほかに、「岡部警部シリーズ」など数々の作品を執筆。2008年にはその功績が認められ、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞しています。

 2014年12月から2015年8月までは浅見光彦シリーズ、3年ぶりの最新作となる『孤道』を毎日新聞で連載していましたが、脳梗塞により連載を中断することとなり、その後、「この小説を、完結させてくれる長編小説を募集します」とプロ・アマを問わず完結編の執筆者を公募していました(関連記事)。


浅見光彦 内田康夫 『孤道』について(「孤道」完結プロジェクト公式サイトより)

 突然の訃報に内田康夫「孤道」完結プロジェクト(@kodoproject)のTwitterアカウントは「悲しくて言葉になりません。心からご冥福をお祈りいたします」とコメント。

 「先生のご遺志を継ぎ、当プロジェクトは引き続き『孤道』の完結編を募集しております。皆さまのご応募をお待ちしております」と引き続き4月末日まで募集を続ける考えを示しています。内田さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響