ニュース
» 2018年03月18日 15時05分 公開

作家、内田康夫さん亡くなる 「浅見光彦シリーズ」の生みの親、『孤道』一般公募プロジェクトは継続へ

ご冥福を心よりお祈りいたします。

[Kikka,ねとらぼ]

 人気ミステリー「浅見光彦シリーズ」の作者で、作家の内田康夫さんが2018年3月13日に亡くなっていたことが分かりました。83歳でした。


浅見光彦 内田康夫 内田康夫さん(日本ミステリー文学大賞より)

 浅見光彦記念館の公式サイトによると、葬儀は内田さんの意向により近親者で執り行われたとのこと。お別れ会は行わない予定ですが、3月23日から4月23日まで浅見光彦記念館(長野県)に献花台が設置されます。


浅見光彦 内田康夫 浅見光彦記念館による発表(浅見光彦記念館の公式サイトより)

 内田さんは日本を代表する推理作家のひとりで、「浅見光彦シリーズ」のほかに、「岡部警部シリーズ」など数々の作品を執筆。2008年にはその功績が認められ、第11回日本ミステリー文学大賞を受賞しています。

 2014年12月から2015年8月までは浅見光彦シリーズ、3年ぶりの最新作となる『孤道』を毎日新聞で連載していましたが、脳梗塞により連載を中断することとなり、その後、「この小説を、完結させてくれる長編小説を募集します」とプロ・アマを問わず完結編の執筆者を公募していました(関連記事)。


浅見光彦 内田康夫 『孤道』について(「孤道」完結プロジェクト公式サイトより)

 突然の訃報に内田康夫「孤道」完結プロジェクト(@kodoproject)のTwitterアカウントは「悲しくて言葉になりません。心からご冥福をお祈りいたします」とコメント。

 「先生のご遺志を継ぎ、当プロジェクトは引き続き『孤道』の完結編を募集しております。皆さまのご応募をお待ちしております」と引き続き4月末日まで募集を続ける考えを示しています。内田さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/17/news019.jpg 「とらのあな」なぜ急ペースで閉店? コロナ禍の影響は? 閉店が相次ぐ理由を聞いてみた
  2. /nl/articles/2106/15/news101.jpg 【Amazonプライムデー】セール対象商品の第2弾を公開 「Fire TV Stick 4K」が43%オフの3980円に
  3. /nl/articles/2106/16/news108.jpg エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
  4. /nl/articles/2106/16/news093.jpg 「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
  5. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  6. /nl/articles/2106/15/news147.jpg 指をつまむだけの熱中症チェック 厚労省のセルフ確認が簡単すぎて活用したい
  7. /nl/articles/2106/15/news022.jpg 猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる
  8. /nl/articles/2106/15/news127.jpg 【そんなことある?】相談者「徒歩3分圏内にコンビニ、5分圏内にスーパーがあって飲食店も揃ってて遊ぶ場所に困らない田舎を探している」→「ぶっとばすぞ」
  9. /nl/articles/2106/14/news100.jpg 死のうとする女性の前に「人食い鬼」現る おいしく食べられるために踊っていたら全てがどうでもよくなる漫画が話題
  10. /nl/articles/2106/16/news050.jpg 離乳食に興味を持たない1歳息子に、ママの意外な“秘策”がヒット! 真剣だけどシュールな作戦を描いた漫画にクスッとする

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10