【スポーツ雑学】軟式テニスが日本で生まれたのは「ボールが足りなかったから」

最初の理由は、切ない。

» 2018年03月30日 11時30分 公開
[ねとらぼ]

 軟式テニスは、実は日本発祥。現在は国際的にも普及していますが、同競技の誕生には「硬式テニスをしたかったけど、ボールが足りなかった」という何だか切ないエピソードが関わっています。

 身近なものもよく調べてみると、知らないことが多いもの。今回は、スポーツにまつわる雑学をいくつか集めてみました。

軟式テニスが生まれたちょっと切ない理由



 イギリスで硬式テニスが誕生したのは1874年といわれており、その数年後には日本にも紹介されています。しかし、当時(明治初期)の日本はテニスボールを作ることができず、輸入しようにも高価格でした。

 そこで代わりにおもちゃのゴムボールが使われるようになり、軟式テニスが誕生(1884年)。1890年には、国内で軟式テニス専用ゴムボールの製造もスタートしています。

日本には「デッドボール」という危険そうな名前のスポーツがあった

 「ドッジボール」は誕生したばかりのころ、「デッドボール」という何だか危険そうな名前で呼ばれていました。攻撃チーム、防御チームの2組に分かれて行われ、防御チームはボールに当たったら「デッド」になるというルールでした。

 「デッドボール」は1909年に日本に紹介され、1926年から「ドッジボール(ドッジはよける、身をかわすという意味)」に改名。ちなみに、「キャッチしたらセーフ」というルールが導入されたのも、このころ。

昔のボクシングは「かみつき以外何でもアリ」だった

 ボクシングの原型となったのは、古代オリンピック大会の正式種目にも採用されていた「ピュージリズム」。拳に革ひもを巻いて戦う格闘技でしたが、その後、「かみつき以外何でもアリ」という危険な競技に変化してしまったそうです。

 ピュージリズムはローマ帝国でも行われましたが、「残虐な見せ物」として楽しまれる傾向が強かったことから、西暦404年に禁止。17世紀のイギリスで再び試合が行われるようになりましたが、復活するまでに約1200年間かかってしまいました。

自転車ロードレースの選手は、走行中におしっこすることがある



 長時間にわたってレースが行われることもある、自転車ロードレース。競技中に尿意を催してしまった場合、こと男性選手に関してはいわゆる「立ちション」で対処してしまうことも。

 見えにくいところで自転車を止めて用をたすだけではなく、チームメイトにサドルなどを押してもらって、自転車に乗ったまま放出する場合もあります。そんなことをしても転倒しないバランスの良さも、ある意味、日々の練習のたまものかもしれません。

1年半しか放送されなかった「幻のラジオ体操」

 ラジオ体操の歴史は長く、現在使用されているものは3代目にあたります。初代は1928年に制定されましたが、終戦後の1946年に終了。代わって2代目が放送されるようになったのですが、戦後の混乱のせいで放送時間が不安定、難しい動作が含まれていたなどの理由から定着せず、わずか約1年4カ月で終了。

 ちなみに、2015年には2代目ラジオ体操第3を復刻したDVD付き書籍などが発売されており、YouTube上には実際の動きが分かる公式動画が。かなりテンポが早く、ちゃんと音楽に合わせて動くには練習が必要そうです。


下半身、上半身に同時に効きそう

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」