ニュース
» 2018年04月21日 09時00分 公開

ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのかかーずSPのインターネット回顧録(番外編)(2/3 ページ)

[かーずねとらぼ]

―― ループもので売れた作品を教えてください。

ミヤザワ:
 全体的には、アニメ化やメディア化したものが売れる傾向にあります。『Re:ゼロから始める異世界生活』『サクラダリセット』『All You Need Is Kill』など。アニメ化していない作品では『空ろの箱と零のマリア』『刺殺は恋のたしなみ』『終わる世界、終わらない夏休み』『紫色のクオリア』『ドリーミー・ドリーマー』の順番で売れました。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ Re:ゼロから始める異世界生活』(MF文庫J)/『サクラダリセット』(スニーカー文庫)

かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ All You Need Is Kill』(スーパーダッシュ文庫)/『空ろの箱と零のマリア』(電撃文庫)

かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ 刺殺は恋のたしなみ』(ホワイトブックス)※出版社側にページが存在しないため、ブックオフオンラインにリンクしています/『終わる世界、終わらない夏休み』(ファミ通文庫)

かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ 紫色のクオリア』(電撃文庫)/『ドリーミー・ドリーマー』(MF文庫J)

 このページに関しては、『Re:ゼロから始める異世界生活』がアニメ化する直前だったので、とにかくそれを前に出したかったんです。レムがラノベ史上最高のヒロインだとミヤザワは思っておりますので!

―― (笑)。ほかに思い入れのある記事はありますか。

ミヤザワ:
 アイドルラノベ特集です、『大日本サムライガール』とか『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』もいいですね。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ 大日本サムライガール』(星海社FICTIONS)/『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』(MF文庫J)

―― ブックオフオンラインの在庫の有無は関係なく、紹介しているんですか。

ミヤザワ:
 はい、まずは作品を知ってもらうことが重要だと考えています。ブックオフオンラインには中古が入荷した時にお知らせしてくれるメール機能があります。気になったものは登録してもらって、入荷したら買っていただきたいというのはありますね。


ミヤザワさんがオススメしたい、今の注目ラノベは?

―― 今、注目しているライトノベルはどんな作品ですか。

ミヤザワ:
 まずは『女神の勇者を倒すゲスな方法』。とにかくセリフが考え込まれていて、こんなセリフすてきだなっていうかっこよさがあります。

 次に『絶対彼女作らせるガール!』。影の薄い主人公が憧れの先輩に告白する恋愛指南青春ラブコメです。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ 女神の勇者を倒すゲスな方法』(ファミ通文庫)/『絶対彼女作らせるガール!』(MF文庫J)

 それから『モンスター娘のお医者さん』。私はモンスター娘がとにかく好きで、今までにない視点が斬新です。例えばヒロインのエラの調子が悪いとか、われわれにはエラがないので分からないんですけど、そういう独自性が面白いですね。

 『月とライカと吸血姫』は宇宙SFです。ソ連を舞台にした差別的な話でもあるんで、けっこう暗い話なんですけど私は大好きです。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ モンスター娘のお医者さん』(ダッシュエックス文庫)/『月とライカと吸血姫』(ガガガ文庫)

―― ラブコメからSFまでバラエティに富んでますね。

ミヤザワ:
 最近読んだ中では『テキトー男の異世界スローライフ 〜魔法も無双もチートもないからダンジョンで飲み歩いてます〜』もよかったです。主人公が異世界に転生するんですけど、冒険はせず土木工事で日銭を稼いで、そのお金でモンスター娘がいるキャバクラに行く日常ものです。



―― キャバクラのラノベって初めて聞きました。

ミヤザワ:
 モンスター娘のキャバ嬢からキャバクラの単語がバンバン出てくるんですが、主人公はキャバクラに疎いから、何を言ってるか分からないんですよ。でも、知ったかぶりしたまま話を進めるっていう。

―― なるほど、テキトー男だから。

ミヤザワ:
 はい、適当にその場しのぎで話を進めて、「あれはあのことを言ってるんだろうな」って推理しながら会話して引き出していく面白さがウリです。

―― それは面白そう! プレゼンもお上手ですね。初心者にオススメしたい最初の1冊は何ですか。

ミヤザワ:
 死ぬまでに読むべき名作ライトノベル特集のページがいいかもしれませんね。ここで紹介しているライトノベルはどれも面白いです。1冊で読み終わるものだと、『その日彼は死なずにすむか?』がオススメです。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ その日彼は死なずにすむか?』(ガガガ文庫)

―― 例えば僕向けにこれぞ! というラノベを紹介してもらえたりしますか? 好みは「学園もの」「ハッピーエンド」「女の子がたくさん」「意外な結末」です。

ミヤザワ:
 『ある日爆弾がおちてきて』は単巻ですし、その中が短編集なので読みやすいですね。結末は意外なんですけどハッピーエンドで、女の子が各章に1人ずつ入っています。

 あとは『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!』。恋愛ゲームのヒロインで、もしも主人公に選ばれなかったら、その子はどうしていたんだろうってことを描いてるんです。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ ある日爆弾がおちてきて』(電撃文庫)/『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!』(ファミ通文庫)

―― 藤崎詩織を選んだら虹野沙希は何をしていたか、みたいな話ですか。

ミヤザワ:
 そうです。他にオススメしたいのは『絶望同盟』『クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門』もいいですね。



 カマタリさんっていう女の子が未来からやって来て、秘密道具を出してくれるんです。カマタリさんのサポートで美人三姉妹と付き合おうとするんですけど、失敗したら「デデーン、アウト!」って元の時間軸に戻ってやり直すっていう話ですね。

―― 『ドラえもん』フォーマットで恋愛ラノベって面白そうですね。

ミヤザワ:
 あとこれはハッピーエンドじゃないんですが『ときむすび』や、『いつか、こいまち!』もほんわかした雰囲気がすごく良くてオススメです。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ ときむすび』(ファミ通文庫)/『いつか、こいまち!』(電撃文庫)

アニメ化やマンガ化した作品も、全て追いかけてます

―― ライトノベル発で、マンガ化やアニメ化などメディアミックスしている作品に興味はありますか?

ミヤザワ:
 アニメ化したラノベは全部読んでますし、アニメの方も全て見ています。

―― 全部ってあっさり言いましたけど、全て見きれます?

ミヤザワ:
 見きれます。アニメ化作品は発表される前にだいたい読み終わってるんですけど、アニメも見ますし、ラノベのドラマCDも好きでよく聴いてます。ラノベのコミカライズも当然読みます。

―― ゲームで遊んだりは?

ミヤザワ:
 遊びます。最近は「ニーア オートマタ」をクリアしました。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ ニーア オートマタ」(スクウェア・エニックス)

―― あんなに時間のかかるゲームまで! どのくらいの読書スピードなんですか。

ミヤザワ:
 通勤時間が3〜40分なので、電車内の往復1時間半+寝る前に20分くらい読んでいます。電車の往復でラノベ1冊なら読み終わりますので、1週間で5冊×4週間が1カ月の読書量です。

―― ラノベだけで月に20冊ですか。速読をマスターしているんですか?

ミヤザワ:
 マスターしたいですよね。読むスピードを上げるために、読書術や速読術の本を読んでおくのはかなり効果があります。

 オススメは『本を読む本』『読んでいない本について堂々と語る方法』『新書1冊で15分で読む技術』の3冊です。自分は読み方を知らなかったんだなと気付かされました。


かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワかーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ 本を読む本』(講談社学術文庫)/『読んでいない本について堂々と語る方法』(ちくま学芸文庫)

かーずSP ライトノベル ブックオフ ミヤザワ 新書1冊で15分で読む技術』(祥伝社新書)※出版社側にページが存在しないため、ブックオフオンラインにリンクしています

ライトノベルは、リアルな現実と切り離したところが楽しい

―― ライトノベルを好きになったきっかけはなんだったのでしょうか。

ミヤザワ:
 最初に読んだのは確か『スレイヤーズ』だったと思います。それから趣味がアニメに移ったり、PCゲームにもハマったりしました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」