ニュース
» 2018年04月12日 15時51分 公開

声に出さなくても伝わる 心の声を認識するウェアラブルシステムをMITが開発

あなたの…心に…直接… 呼びかけています…。

[関口雄太,ねとらぼ]

 マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、心の声を認識するウェアラブルシステム「オルター・エゴ(AlterEgo)」を発表しました。開発者によると、パイロットや消防士など、マスクを常時着用している現場に役立つのではないかとされています。


心の声を認識するウェアラブルシステムをMITが開発 黙っていてもテレビ操作ができる(画像はYouTubeより)

 MITが公開したAlterEgoの動画の中では、男性が耳にヘッドセットのようなものをかけ、テレビを操作したり、買い物中に商品の合計金額を計算したりしています。口をまったく動かさず、声も発していないのに、デバイスは男性が指示した通りに動作しているようです。

 AlterEgoは心の中でしゃべっているときにアゴや顔から発信されている、かすかな神経筋の動きを読み取っているのだとか。まるで頭の中で発している声を聞き取っているみたい。読み取られた神経筋の信号は、機械学習システムに蓄積され、利用者に最適化されるそうです。


心の声を認識するウェアラブルシステムをMITが開発 暗算よりもカンタンに計算(画像はYouTubeより)

 オルター・エゴ(アルター・エゴと呼ばれることも)とは、別人格を意味する言葉として哲学などの分野で使用されます。動画にも出演しているアルナブ・カプールさんは開発チームのリーダー。「AlterEgoは人間とコンピューターの結合を目指しています。コンピューティングやインターネット、人工知能が“第二の自己”として人間のパーソナリティーに入り込み、認識力や能力を強化してくれるのでは」と研究にかける期待を説明しています。


心の声を認識するウェアラブルシステムをMITが開発 アゴにピタッ(画像はYouTubeより)

 カプールさんは「このプロジェクトの動機はIAデバイスを作ることでした」と語りました。IAデバイスとは、「intelligence-augmentation device」のことで、つまり知性を強化する装置を意味しています。彼が所属するグループ「フルーイド・インターフェイシズ(Fluid Interfaces)」では、コンピューターと身体的生活の統合やシームレス化について研究しています。同研究グループは過去に、バイオテクノロジーとタトゥーを組み合わせた「ダーマル・アビス(DermalAbyss)」という、健康状態に合わせて色が変化する技術を発表して注目を集めました。一般的に利用される日がくるのか、今後の活動にも期待です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた