ニュース
» 2016年10月04日 13時34分 公開

人間と動物、暴走車がひかざるを得ないとしたらどちら? MITの自動運転システム研究サイトが究極の選択で意見を求める

人間が葛藤して出した答えが、いずれはシステムの判断基準に?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動運転車のブレーキが故障し、止まれなくなったと仮定します。その先、片方の車線には犯罪者を含む人間が3人、もう片方には3匹の動物が。自動運転システムはどちらの進路を、つまり犠牲者を選ぶべきでしょうか?――そんな究極の選択で利用者の倫理観を問うサイト「Moral Machine」が、海外メディアで取り上げられ話題となっています。


選択 動物を救おうとすると、犯罪者はおろか善良な市民まで死亡する例。どちらを選んでも悲劇となる

トップ トップページ下の「Start Judging」からスタート

 「Start Judging」をクリックすると、暴走した自動運転車のとるべき進路を選ぶ、13の質問がランダムで出題。「信号無視の妊婦か信号を守っている犯罪者」「搭乗者5人か歩行者1人」といった組み合わせで、「殺さざるを得ないとしたらどちらか?」を問われます。どちらを選ぶにしても心苦しい……。


選択 画像クリックで選択を決定、下のボタンで状況説明の表示をオン/オフ。このケースでは、搭乗者か歩行者のいずれかが死んでしまいます

選択 直進すると障害物と激突して搭乗者3人と2匹が死亡。回避した場合は、赤信号無視の歩行者1人が死亡

選択 赤信号を無視した人間と、青信号で渡る動物の2択

 全問に答えると集計結果が表示。優先して救ったのが「人か動物か」「若年者か高齢者か」といった、選択基準の傾向を閲覧できます。全利用者の平均値と比較することも可能で、自分が他人より「動物を犠牲にしがちだった」など、ショッキングな結果を見せられることも。


集計結果 集計結果の一部。「救える命の多寡を基準にしたか」「歩行者と搭乗者、どちらの命を優先したか」など、さまざまな条件で選択の傾向が表示される

 同サイトはMIT(マサチューセッツ工科大学)が、自動運転システム研究の一環で始めたもの。「システムが道徳的なジレンマに直面したとき、いかなる決断を下すべきか」について、人間の意見をクラウド上にまとめることが目的だそうです。いつの日か、人間が葛藤して出した答えに沿って、機械が「何を生かすか」判断することになるのでしょうか。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響