連載
» 2018年04月13日 12時00分 公開

「漫画家はTwitterなんてやっている暇があるなら漫画を描け!」に対する答え――2018年に漫画を描くということ(2)(1/3 ページ)

ネットで漫画が「動く」時代。

[杉本吏,ねとらぼ]

 AIの知性が人間を超える「シンギュラリティ」が訪れた後、ヒューマノイドが人間たちと同じように暮らす世界。SF漫画『AIの遺電子』には、テクノロジーによって変わった世界と、それでも変わらない人間たちの営みが描かれています。

 作者である山田胡瓜(やまだきゅうり)さんに、「2018年に漫画を描くということ」をテーマに話を聞いた連載の2回目は、「漫画家の役割の変化」について。胡瓜さんは読者に漫画を届けるにあたって「どうやって魅力をネットに乗せるか」を模索しているようです。




「Twitterなんてやっている暇があるなら……」

――最近はTwitterなどのSNSを使って自ら発信する漫画家も増えました。漫画家に求められる役割が変わってきたという意識はありますか?

胡:

 漫画家にはいろんな態度があると思っていて、中でも一番シンプルかつ王道なのが、「つべこべ言わずに全てのパワーを漫画に集中させろ」というもの。「Twitterなんてやっている暇があるんだったら、その時間を使って圧倒的な漫画を描け」というような考え方です。

 これは確かにその通りで、自分はこういう姿勢で漫画を描いている人を尊敬します。ただ一方で、Twitter発の漫画が書籍化されてヒットしたり、ファンの気の利いた口コミがバズって認知拡大のきっかけになったりと、ネットで漫画が「動く」時代になってきたのも事実だと思うんです。自分の魅力をうまくアピールできる作家がSNSを有効活用するケースは、今後も増えていくんじゃないでしょうか。

 好みの漫画が世間的にはマイナーだったりすることが多いので、出版不況の中でそういうタイプの漫画がどうやったら生き延びられるかなとか考えたりするんですが、今のところは「ネットをうまく活用する」ってのが近道なんじゃないかなと思っています。

――胡瓜さんのTwitterアカウント(@kyuukanba)では、ご自身の作品以上に(?)他の漫画家さんの作品をすすめていることが多いですね。



 今は自分の作品もせっせと宣伝していますけどね。他人の漫画を宣伝するのは単純にその漫画が好きで広めたいからです。

 漫画家になる以前、ITニュース記者をやっているときに痛感したことですが、頑張っていい記事を書いても、タイトルがイマイチだと全然読まれないし、気を引くタイトルになった途端すごく読まれたりするわけです。中身は一緒なのに。これと同じことが漫画でも起きてる気がするんですよね。せっかくの魅力が単行本を包むシュリンクの中に隠れてしまっていて、「届くべき読者」が知らないってケースが。

 なので、そういう作品の魅力をツイートに込めて、それがバズれば、手に取る人がぐっと増えるんじゃないかなと。本当はそういうことを出版社にやってほしいなというのもあるはあるんですけどね。

 雑誌離れがどんどん進むなかで、今の時代、「届く」プラットフォームってどこかなって考えると、TwitterとかYouTubeとかAmazonなんじゃないかって。

 だから今、漫画家が自分でつぶやいたり、自分自身の影響力で広げていって、本来作品を買ってくれるような人に届けようとするのは、自然なことなんじゃないでしょうか。

つづく

ためし読み「AIの遺電子」第29話 トゥー・フィー


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声