電車の「上り」「下り」はどう決まる?

僻地とか山手線ではどうなる?

» 2018年04月25日 11時00分 公開
[QuizKnockねとらぼ]

 ニュースなどでは、高速道路や新幹線の「上り」「下り」という用語をよく見かけますね。「上京」とも言いますし、東京に向かうのが「上り」になることが多いです。

 でも、ほかの路線では、東京とつながっていないこともあります。実際のところ、「上り」「下り」の表現はどのように決まっているのでしょうか。



起点と終点

 道路も鉄道も、全てに起点と終点が決められています。例えば、東海道新幹線の起点は東京駅、終点は新大阪駅ですね。

 そして、起点から終点へ向かうのを「下り」、終点から起点へ向かうのを「上り」と呼ぶことになっています。結果だけ見ると東京に向かうのが上りになっているだけであって、東京が首都で大都市だから上りなのではありません。

 この「起点」と「終点」は、鉄道や道路を河川のようにイメージすれば分かりやすいかもしれません。川は、高いところを起点として、終点の河口へ向かって下っていくものです。また、終点の河口から起点の高所へ向かうことを「上る」といいますね。


起点と終点はどう決まるのか

 「起点→終点が下り」と分かったところで、「では、起点と終点はどうやって決めているのか」と疑問に思った方もいるかもしれません。起点・終点の決め方は路線を管轄する団体によって異なります。

 JRでは、原則として「東京駅に近い方が起点」とするのが国鉄時代の慣例であったようです。現在も一部の例外を除き、ほとんどの路線は東京駅に近い端を起点、遠い端を終点としています。

 道路については、かつては全ての国道は東京・日本橋を起点とし、「東京市より○○府○○に達する路線」といったように表されました。しかし、戦後の1952年に道路法が改正されると、このような定め方がなくなりました。

 現在の国道では、重要な都市や港湾、飛行場などを起点に定め、この基準でもどちらの端を起点にすべきか微妙なときに、「東京に近い方」や「東にある方」といった小原則を適用しているようです。


しかし、例外も多い……

 いろいろと説明してきましたが、やはり例外もあります。

 例えば、東京をぐるりと回るJR山手線起点は品川駅、終点は田端駅と決められているのですが、実際には環状運転をしています。田端〜品川間は、「田端〜東京は東北本線に、東京〜品川は東海道線に乗り入れている」という扱いになっています。



 この環状運転の点から「上り」「下り」という言い方はとても分かりにくく、「外回り」「内回り」という言葉を使っています。また、実際の運行において始発駅・終着駅は大崎駅になっていて、田端・品川という両端の設定は、そこで東北本線や東海道線と分岐することを示す程度です。

 またJR中央本線も、路線全体としては起点は東京駅、終点は名古屋駅と決められています。しかし、実際には、「東京→塩尻」を下りとする東側と、「名古屋→塩尻」を下りとする西側に分けられ、上りと下りが逆になっています。



 西側を管轄するJR東海の時刻表を見ても、名古屋行きの列車が「上り」、名古屋発の列車が「下り」という扱いになっています。これは、名古屋が始発駅のような運行上の役割を果たしていることや、塩尻よりも大都市であること等によると考えられます。

 ほかにも、東京メトロの路線など起点・終点を持ちながら「上り」「下り」という語を使用していない例もありますが、原則は説明してきた通りです。

 もっとも、ふだんは「○○方面」で済む話ではありますが……。それでも、たまには乗る路線の起点・終点を調べてみるだけでも、意外な土地まで延びていたりして新たなロマンを感じられるかもしれませんよ。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」