ニュース
» 2018年04月26日 12時59分 公開

最高に楽しくて最高に腕が疲れた! 27日オープン「ドラゴンクエストVR」をいち早く体験したら箸が震えた

モンスターの攻撃で死んで、重い剣を振り回しすぎて腕まで死んだ!

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 あのドラクエが、とうとうVRになりました。2018年4月27日より、「VR ZONE SHINJUKU」にて、「ドラゴンクエストVR」の稼働がスタートします。

 ドラクエ1誕生から32年経って生まれた歴史的一作をいち早くプレーするため、4月25日に同所で行われた「ドラゴンクエストVR プレス限定 特別取材会」へ行ってみました。ずっとボタンをポチポチ押していたこの腕で、とうとうスライムを切れるッ!


ドラゴンクエストVR体験 俺たちのドラクエがとうとうVRになった

ドラゴンクエストVR体験 歌舞伎町のオアシスのような立地に「VR ZONE SHINJUKU」がある

堀井雄二氏「本当に夢のよう」

 歌舞伎町の喧騒の中で、ひときわ落ち着いた場所にある「VR ZONE SHINJUKU」。最先端のVRゲームがこれでもかと立ち並ぶホットなスポットです。

 堀井雄二氏が考案した「ドラクエに、入ろう。」のキャッチフレーズが気持ちをあおります。彼の言う「本当に夢のよう」という言葉の意味を確かめるため、ドラクエVRにいよいよチャレンジ。


ドラゴンクエストVR体験 「ドラクエに、入ろう。」

ドラゴンクエストVR体験 ドラクエVRを体感した堀井雄二氏が語る

戦士・僧侶・魔法使いの3つの職から選ぶ

 基本は戦士(2人)・僧侶・魔法使いの組み合わせ。今回は3人パーティだったので戦士2人、僧侶1人でトライ(僧侶は必ず入れる必要がある)。エントリーシートに名前、身長、性別、言語(日・英・中)、利き手を書くと、チュートリアルがはじまります。ちなみに筆者は「戦士」を選択しました。

 なお盾を持っているのは戦士だけ。他の僧侶と魔法使いは盾を持っていないため、常に戦士の後ろに隠れつつ、身を守らなければいけません。このあたりはホントのドラクエのパーティ順さながらです。

 戦士は利き手の剣でどんどん相手を攻撃し、盾で相手の攻撃を跳ね返します。なお盾で防御すれば、相手にHP(ヒットポイント)を削られることなく、ダメージゼロで乗り切ることができます。

 僧侶と魔法使いは魔法が使えます。使える呪文は、僧侶はザオリク(蘇生の呪文)、ホイミ(回復の呪文)、バギ(竜巻の攻撃呪文)。魔法使いはヒャド(氷の攻撃呪文)、メラ(炎の攻撃呪文)、バイキルト(戦士の攻撃力アップ呪文)。


ドラゴンクエストVR体験 戦士は利き手の剣で攻撃、逆の手で盾を持つ

ドラゴンクエストVR体験 僧侶は攻撃と回復の魔法を使える。

ドラゴンクエストVR体験 魔法使いは攻撃呪文が中心。剣が大きくなる「バイキルト」も!

 また、HPは2という設定。スライムでもゾーマでも、ダメージを受ければ「1」減り、もう一度ダメージを受ければ「0」になって死んでしまいます。そのため、僧侶のザオリクやホイミが重要です。


ドラゴンクエストVR体験 HPは“2”。1度ダメージを受ければ瀕死、もう1度受ければ戦闘不能(死)

ドラゴンクエストVR体験 見えない後ろにも敵がいる、これもVRドラクエの醍醐味

一面の黒いフィールドが、大冒険の舞台に変わる

 それでは、いざ冒険の舞台へ行きましょう。そこは20×12mのフィールド。ドラクエ3の黒い「ぼうけんのしょ」画面を思わせるようなシンプルな空間は、ゴーグルをつけて、旅がはじまると一変します。


ドラゴンクエストVR体験 参加者はゴーグルをつけ、PCを背負う

ドラゴンクエストVR体験 おお、あの王様! テンションが上がる

 まず、王様と旅路の案内役・ホミリーが登場。VRならではの立体像で、僕らに語りかけてくれます。思わずテンションが上がり、「こいつらをいきなり斬りつけると、どんな反応をするのかな」と思ってしまいましたが、もしいきなり怒られたらと思うとイヤなのでやめました。


ドラゴンクエストVR体験 フィールドでは、かわいいホミリーが案内役に

ドラゴンクエストVR体験 それに合わせて付いていく

モンスターが自分に向かってくる「怖さ」

 そしていきなり戦闘勃発! こちらにモンスターたちが立体的に迫ってくる体験は、筆者のドラクエ人生の中でもはじめて。スライムやドラキーですら向かってくると、妙にうろたえてしまいます。

 とにかく必死で剣を動かし、相手をとにかく斬っていきます。しかし剣が意外と重く、何度も何度もスイングするのは一苦労。ですがモンスターが迫ってくるので、そんなの関係ねえ、とばかりにブンブンと剣を振り回します。そこには、自分でも思ってもみなかったほど必死な自分がいました。

 情けないことに、筆者はいきなりここで死んでしまうという失態を犯します。しかしやさしい僧侶にザオリクをかけてもらい、どうにか復活を果たしつつモンスターを倒し、レベルアップに一同喜びつつ、次へ向かいます。


ドラゴンクエストVR体験 いざバトル勃発!

ドラゴンクエストVR体験 こっちに向かってくるのが怖い!

ドラゴンクエストVR体験 必死で戦う!

 さあルーラで次のステージへ。このルーラがすごい。想像以上の浮遊感が再現されており、一瞬「落ちる!」と怖くなるような感覚まであります。思わずパーティみんなが恐怖とも歓喜ともつかない声を上げてしまいました。


ゴーレムは「さらに怖い」!

 ここで、さらに強いモンスターたちが登場。キメラ、さまようよろい、そしてゴーレムが現れました。明らかに迫力を増した相手たちに、迫りくる恐怖感はさらに上がります。特にゴーレムは、ものすごい迫力で攻撃を振り下ろしてきます。


ドラゴンクエストVR体験 明らかに先ほどより強いモンスター登場

ドラゴンクエストVR体験 ものすごい「圧」で恐怖感さえ思わせるゴーレム

 腰砕けになりながらも盾でガードしながら、何度も何度も何度も剣を振り下ろします。ですが、近くにいる敵は良いものの、画面のはるか向こうに飛んでいるキメラには、剣は届きません。むなしく空を切る筆者の剣。もどかしい。

 しかし、僧侶の「バギ」が炸裂し、見事キメラを倒してくれます。「ナイス!」思わず声が漏れます。実はあえて戦士には届かない位置にモンスターを置いて、役割分担とコミュニケーションが自然発生するようなゲームデザインにしているそうです。


メタルスライムまで登場!

 さらには、突然メタルスライムまで登場。「逃がすものか!」と必死で攻撃を重ねるも、なかなか攻撃が当たらず。こんなところまで作品に忠実なのかと焦りながらも、どうにか倒すことに成功。そしてやっとの思いで魔物の群れを撃破しました。


ドラゴンクエストVR体験 とにかく必死で戦う!

 やった……。運動不足のカラダ、特に右手は限界へと近づいています。しかし、心地よい疲れ。そして「旅の扉」でワープし、ゾーマ城へ。


ゾーマ戦でまさかの助っ人あらわる

 このゾーマ城では大苦戦。あまりの強さに「どうやったら倒せるの?」と絶望するほどでしたが、“まさかのあの人”の助けも借りながら、強力無比な攻撃をどうにかこうにか掻い潜って何度も何度も重い剣を振りかざします。その重労働に戦士2人ともうめき声を漏らしつつも、やっとの思いでラスボスを倒すことができました。


ドラゴンクエストVR体験 強大なゾーマ。途中まで「どうやったら倒せるの?」と絶望する

 これほどまでに右腕を動かしたことが、ここ数年あったでしょうか? とばかりに必死に戦いました。数十分の体験なのに、なかなかの冒険した感と運動量。終わったあとは心地よい放心状態に包まれました。

 なお今回はどうにかクリアできましたが、途中で全滅した場合は、別の演出が用意されているそうです。


今後「武闘家」や「遊び人」が使えるかも?

 また現在では戦士・僧侶・魔法使いの3種類ですが、今後武闘家や遊び人など、ほかの職業を用意するなどの可能性もあるとのこと。なおしばらくしたら「難易度を上げる」とも制作者陣が語っているので、一度クリアした人も、また通うと新たな楽しみ方が体感できそうです。


ドラゴンクエストVR体験 質疑応答に応じてくれた制作者の方たち。これは「さあ、取り乱せ。」というキャッチコピーを表現したポーズなのだそう

 このあと、夕食のざるそばを持つ箸が震えました。参加者の方が「(トレーニング)ジムの代わりになるかも」と言っていましたが、まさにそれほどの運動量。大冒険を楽しみながら、運動不足のカラダにムチが打てるドラゴンクエストVRでした。


※画像提供:株式会社バンダイナムコアミューズメント

©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ©BANDAI NAMCO Amusement Inc.


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声